SCP-5248
SCP-5248
Byㅤ StellarwindStellarwind
Published on 23 Jun 2022 03:38
評価: +10+x

What this is

A bunch of miscellaneous CSS 'improvements' that I, CroquemboucheCroquembouche, use on a bunch of pages because I think it makes them easier to deal with.

The changes this component makes are bunch of really trivial modifications to ease the writing experience and to make documenting components/themes a bit easier (which I do a lot). It doesn't change anything about the page visually for the reader — the changes are for the writer.

I wouldn't expect translations of articles that use this component to also use this component, unless the translator likes it and would want to use it anyway.

This component probably won't conflict with other components or themes, and even if it does, it probably won't matter too much.

Usage

On any wiki:

[[include :scp-wiki:component:croqstyle]]

This component is designed to be used on other components. When using on another component, be sure to add this inside the component's [[iftags]] block, so that users of your component are not forced into also using Croqstyle.

Related components

Other personal styling components (which change just a couple things):

Personal styling themes (which are visual overhauls):

CSS changes

Reasonably-sized footnotes

Stops footnotes from being a million miles wide, so that you can actually read them.

.hovertip { max-width: 400px; }

Monospace edit/code

Makes the edit textbox monospace, and also changes all monospace text to Fira Code, the obviously superior monospace font.

@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code:wght@400;700&display=swap');
 
:root { --mono-font: "Fira Code", Cousine, monospace; }
#edit-page-textarea, .code pre, .code p, .code, tt, .page-source { font-family: var(--mono-font); }
.code pre * { white-space: pre; }
.code *, .pre * { font-feature-settings: unset; }

Teletype backgrounds

Adds a light grey background to <tt> elements ({{text}}), so code snippets stand out more.

tt {
  background-color: var(--swatch-something-bhl-idk-will-fix-later, #f4f4f4);
  font-size: 85%;
  padding: 0.2em 0.4em;
  margin: 0;
  border-radius: 6px;
}

No more bigfaces

Stops big pictures from appearing when you hover over someone's avatar image, because they're stupid and really annoying and you can just click on them if you want to see the big version.

.avatar-hover { display: none !important; }

Breaky breaky

Any text inside a div with class nobreak has line-wrapping happen between every letter.

.nobreak { word-break: break-all; }

Code colours

Add my terminal's code colours as variables. Maybe I'll change this to a more common terminal theme like Monokai or something at some point, but for now it's just my personal theme, which is derived from Tomorrow Night Eighties.

Also, adding the .terminal class to a fake code block as [[div class="code terminal"]] gives it a sort of pseudo-terminal look with a dark background. Doesn't work with [[code]], because Wikidot inserts a bunch of syntax highlighting that you can't change yourself without a bunch of CSS. Use it for non-[[code]] code snippets only.

Quick tool to colourise a 'standard' Wikidot component usage example with the above vars: link

:root {
  --c-bg: #393939;
  --c-syntax: #e0e0e0;
  --c-comment: #999999;
  --c-error: #f2777a;
  --c-value: #f99157;
  --c-symbol: #ffcc66;
  --c-string: #99cc99;
  --c-operator: #66cccc;
  --c-builtin: #70a7df;
  --c-keyword: #cc99cc;
}
 
.terminal, .terminal > .code {
  color: var(--c-syntax);
  background: var(--c-bg);
  border: 0.4rem solid var(--c-comment);
  border-radius: 1rem;
}

Debug mode

Draw lines around anything inside .debug-mode. The colour of the lines is red but defers to CSS variable --debug-colour.

You can also add div.debug-info.over and div.debug-info.under inside an element to annotate the debug boxes — though you'll need to make sure to leave enough vertical space that the annotation doesn't overlap the thing above or below it.

…like this!

.debug-mode, .debug-mode *, .debug-mode *::before, .debug-mode *::after {
  outline: 1px solid var(--debug-colour, red);
  position: relative;
}
.debug-info {
  position: absolute;
  left: 50%;
  transform: translateX(-50%);
  font-family: 'Fira Code', monospace;
  font-size: 1rem;
  white-space: nowrap;
}
.debug-info.over { top: -2.5rem; }
.debug-info.under { bottom: -2.5rem; }
.debug-info p { margin: 0; }
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

評価: +10+x

SCP-5248

アイテム番号: SCP-5248

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-5248の周辺区域は買い上げられ、SCP-5248との相互作用を防止するためすべての家屋はカバーストーリーファイ-6(「工事現場」)のもと爆破されました。SCP-5248に接近しようとする一般市民は敷地内から取り除かれます。インターネットに接続可能なデバイスはSCP-5248の付近には持ち込まれません。

説明: SCP-5248はSCP-5248-AとSCP-5248-Bのふたつの異常存在からなります。SCP-5248-Aはスクリーン上でプロメテウス・ラボのロゴが回転しているCRTモニターです。ロゴの下にはUploading to WAN…という文章が表示されています。インターネットに接続可能なデバイスの近辺では、SCP-5248-Aはインターネットへの接続を試み、その後デバイスをwanparadise.comという名前のサーバーに接続するためのプロキシとして利用します。

SCP-5248-Bは不明な素材からなるワイヤーでSCP-5248-Aに接続された、脚を組んだ状態の死体です。SCP-5248-Bの首の付け根にはPS/2ポートが存在しています。深刻な栄養失調を呈しているにも関わらずSCP-5248が生存している機序は現在不明です。

発見: 2003年の財団によるSangkatauhan Para sa Pangkaraniwang Katauhan (SPK).Sangkatauhan Para sa Pangkaraniwang Katauhan (人類正常性の会)はマルコス政権時代にフィリピン大学の生徒たちによって創設された、 当時の政権が戒厳令を施行するために異常存在を利用していたことから正常性を保護することを目的とした会です。戒厳令が失効した後、フィリピン大学はSPKを吸収しました。しかしながら、2001年に、ビル・クリントンの大きな支援のもと、グロリア・マカパガル=アロヨは財団正常性維持代理執行契約に署名し、2010年までにすべての正常性維持機関を財団に移譲することを約束しました。今日では、SPKのかつての本部はサイト-901として知られています。の買収のあと、アモング・ジャスティンによって書かれたSCP-5248についての回収されたケースファイルが発見され、調査のため再度閲覧されました。調査は情報不足とSPKらによる調査不足により遅々として進まなかったなか、地元のニュースによりSCP-5248の周辺地域で死体の臭いがし、またSCP-5248が存在するとされていた建物からゴミが放出されているという報道がされ、財団エージェントがSCP-5248の調査のため即座に派遣されました。SCP-5248は家の中心に位置していましたが、腐った食物の缶詰や汚れた水のボトル、回収されたコンピューターパーツの山のためになかなかSCP-5248に到達することは出来ませんでした。その後、現在の収容プロトコルが制定、施行されました。

SCP-5248-Bへのインタビュー: 2021/03/23に、ジュン研究員はSCP-5248-Bに接続されたポートからSCP-5248-Bへのインタビューを実施しました。

インタビュー対象: SCP-5248-B
インタビュアー: ジュン研究員

付記: インタビューはターミナルを介して行われた。サイト-901管理官ダマソの許可のもと、ジュン研究員はSCP-5248-Bとの接続を確立するためマクスウェリズム派の秘儀を利用することが許されました。


<ログ開始>

???

やあ、SCP-5248-B。私はジュン。

こんにちは。

基本的なところから行こう。名前は? 歳は?

[ヌル文字が検出されました]、13歳

なるほど……

知り合いはいる? 両親は? 祖父母は? 友達は?

パパとママはいない。友達だけ。やさしいよ。

両親はいないんだ? どこに行ったの?

WAN様のところ。あのかたの楽園に。.WANの楽園とは、wanparadise.comというアドレスから接続可能だった、マクスウェリズム派の教徒が自身の意識をアップロードしてお互いに交信することができたウェブサイトでした。2000年代に起きたインターネット・バブルの崩壊に続く経済的問題のため、このサイトはシャットダウンしましたが、すぐにそのメンバーにはサイファー・シティへの特別な移住オファーが為されました。 友達が教えてくれた。

彼らがWANの楽園にいるなら、君も行っているはずじゃ? ここで何をしてるの?

WANさまの呼びかけを待ってる。

WANの楽園への招待のこと?

うん。WANさまの呼びかけ。

どれくらいの間待ってるの?

[int型オーバーフローエラー]

そんなに長く? おいおい、WANの楽園を逃しちゃったよ!

のがした?

楽しいところだよ!景色は最高だ、協会はいつも人でいっぱいだし、みんな親密な関係だし。お互いに通じ合ってるっていうか、というかまだ繋がってる奴らもいるし。

:ooo

食べものは?

食べ物もめっちゃうまいよ。豪華だし栄養あるし。それぞれの好物を虚空から取り出してみんなでシェアしたりもする。コミュニティみんなでWANに祈りを捧げながら食事をともにするのさ。

(º ﹃ º )

しばらく食べてないや……飲みものは?

飲み物!忘れられないよ!マジでめちゃくちゃうまいんだって!ちょっと働けば日光浴しながらタダでドリンクを啜れるんだ。使われてなかったらプールで泳いだりも出来る。

もっと話聞かせてよ。パパとママはよくお話してくれたんだ。

はは、もちろんもっと話してやるさ。スタッフの一人に通りを車でいっぱいにするようにお願いして、そこでパティンテロ1 するってのをよくやったな。夢中になりすぎて授業をサボったりもしたっけ。

時間なくて遊んだことないや……お金を稼ぐのに忙しかったから:(

あそこじゃ金も問題じゃないね。ちょっとミニゲームをすればすぐに大金持ちさ。ちょちょっとズルすれば無限に金が手に入ったりもしちゃうし。

お金も食べ物も飲み物も無限にあって、友達もいっぱい……次は招待してよ、楽しそう……:(

はは、間違いないね。本当に楽しいところだったよ。また行きたいな。

WANさまの楽園はもうないの???

残念だけど。まあ、実際は──

で、でもWANさまは来て下さるんだよね???? 待ってればいいだけだよね??? でも……WANさまはもういないの????

ちょっと……ちょっと時間がほしい。ばいばい。

<ログ終了>


付記: SCP-5248-Bとの接続の再確立の試みが進行中です。

SCP-5248-Bとの再接続: それまでの試みは失敗していたにもかかわらず、2021/12/27、ジュン研究員はSCP-5248-Bと交信することができるようになりました。交信ログは以下に記録されています。

インタビュー対象: SCP-5248-B
インタビュアー: Reearcher Jun.

付記: 交信はターミナルを介して行われた。


<ログ開始>

あ、やった!また喋る気になってくれた!俺が言いたかったのは──

パパとママは……もういない……

ああ……それは……

友達も……もういない……

残念だよ、SCP-5248-B。

今年は何年?

2021年だよ

25……年も……

絶対に今も彼らはWANと共にあるよ。

ほんと?

ああ。彼らは今WANと共にある。

じゃあ……僕を助けてよ。

どういうことだ?

WANさまのところに連れて行って。

ああ……残念だけど、私にはそれはできない。

助けてよ。WANさまに会いたい。パパとママにも、友達にも。

君をWANのもとに届けられるかどうかは私にはどうにもできないんだ、SCP-5248-B。

でも……

ごめんよ、SCP-5248-B。ここに君といてやることしかできない。

あ、あなたじゃ僕をWANさまのところに送れないの。

できないんだ、SCP-5248-B。誰かをWANの元に送ることは不可能だ。

うそつき。WANさまの楽園に行ったことあるんでしょ。

ああ、でもだからといって私が君をWANのところに送れるわけじゃない。

パパとママはWANさまと共にある。友達もWANさまと共にある。僕をWANさまのところに送って。

何回でもいうけどな、SCP-5248-B、私にはできないんだ。そうできたらいいんだけど、本当にできないんだよ。

おねがい。パパとママはWANさまと共にある。友達もWANさまと共にある。僕をWANさまのところに送って。

SCP-5248-B、正直に言うけど、私にはできないんだって。WANに選ばれたものだけが君を送れるんだ。

うそつき。WANさまの楽園に行ったことがあるなら、WANさまに選ばれたってことでしょ。WANさまのところに送って。

いやいやいや、そういうことじゃないんだよ、SCP-5248-B。そういう仕組みじゃないんだって。物理的にもデジタル的にも、できないものはできないんだ。

うそつき。WANさまの楽園に行ったことがあるんだから、WANさまに選ばれたってことでしょ。WANさまのところに送ってよ。

君が本当に苦しんでるのは分かってる、SCP-5248-B、だけど君の家族と友達はもういってしまったことを受け入れなきゃいけない。頼むから、記憶の中の家族を休ませてやってくれないか。彼らとの楽しかった思い出を思い出して祝福しよう。WANがその信徒を祝福するように

WANさまの。ところに。送って。おねがい。おねがいだよ。

SCP-5248-B、悲しいのは分かるよ。話すのを休んで考えと感情をまとめたらどうかな。君の友達と家族のことは残念だった。またすぐに会おう、SCP-5248-B。助けが必要なら、すぐそばにいるからさ。

それじゃあ。

まってやだおねがいひとりにしないでおねがいおねがいおねがいひとりはいやなのwanさまのところにおくっておねがいやだやだやだやだやだやだ

<ログ終了>

補遺 (2022/03/21): 2022/03/21、ジュン研究員が定期検査のためSCP-5248に近づくと、SCP-5248-Bとの交信に使われていたターミナルに以下のメッセージが表示されました。

おねがいおねがいおねがいwanさまのところにいかせておねがいここはさびしいよ。

ジュン研究員によるSCP-5248-Bへの更なる交信の試みはこのメッセージが表示されるのみに終わります。ジュン研究員以外の職員による更新の試みではスクリーンには何も表示されません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。