SCP-5253

rating: +25+x
genesis1-9.jpg

SCP-5253に関連する仮説上の超大陸、ロディニア

アイテム番号: SCP-5253

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団ウェブクローラ I/O-POSEは、学術的文献や非公式出版物にSCP-5253と一致するキーワードが含まれていないかを監視します。学会や世界各国の政府に潜入している財団職員は、既知の先カンブリア時代の地層が調査されるのを阻止し、SCP-5253の存在を認知している人物らを抑圧します。

更新: 今後の海溝探査は、SCP-5253研究チームへの通達無しでは実施されません。

説明: SCP-5253はカンブリア爆発1の主な要因を巡る情報災害性の仮説です。

その性質上、SCP-5253の一部詳細を明示することには危険が伴います。既知の安全な詳細事項には以下が含まれます。

  • 12億年前、高度に発達した後生動物門の海洋生命体が存在していた。
  • 当該生命体は仮説上の超大陸、ロディニア大陸2にコロニーを形成していた。
  • 凡そ7億年前、当該生命体は地球の地殻(そして恐らくはマントル)へと大規模な移住を行った。
  • 7億年前~6億5,000万年前までに、当該生命体の移住しなかった個体群は完全に絶滅した。
  • 大規模な地殻変動現象によって、地殻に移住した生命体は海洋へと放出された。
  • 当該生命体が既知のカンブリア紀の生物群へと進化した。

現時点では、SCP-5253を考察し、合理的な仮説として受け入れることが、更なる異常効果を誘発すると考えられています。

Dクラス職員と被影響民間人の研究で多数の異常効果が確認されています。大多数の事例において、影響者の血液と脳脊髄液は瞬時に海水へと変換され、その後重度の出血によって死亡します。この海水は絶滅した原生動物や微生物を大量に含有しています。体外に排出されると、海水内の生命体は急速に分裂し、より大きな先史時代の海洋生物へと成長してから、特定の方角に向かって集団で移動しようと試みます。実験の結果、全ての生物は太平洋のアタカマ海溝を目指して移動していると判明しました。推定目的地の調査で異常は発見されていません。

収容下での研究によって、これらの生命体は様々な門へと進化し続け、最終的には放射相称性の体制を得ることが判明しています。この最終的な生物は通常、身体構成がウナギや蠕虫に類似し、殻と目と口を複数有します。75種類以上が記録されており、各々が非異常なカンブリア紀の生物にも見られる特殊な適応形質を帯びています。

補遺5253-01: 記録されたSCP-5253被害者の総数は約2,000名です。2019/03/17、ブラジルの金鉱採掘チームが未着手の坑道で“奇妙な化石”に遭遇したとの報告が寄せられました。この化石を視認した採鉱者たちの体組織や開口部からは、深海性の蠕虫類、ヤツメウナギ類、軟体動物類が自然発生的かつ無差別に噴出しました。1人の採鉱者が坑道を崩落させたため、化石は破壊され、同行していた採鉱者の大半が死亡しました。

影響されなかった採鉱者は記憶処理され、生成された異常生物群は収容されました。収容された生物群は死亡するまで発声し続けました。状況調査の結果、鉱山の所有者はSCP-5253を認知していたことが発覚しました。この人物はまだ確保されていません。

補遺5253-02: 記録されたSCP-5253被害者の総数は現在10,000名以上です。2024/02/03、アタカマ海溝で大規模な振動が検出されました — これは、海底堆積物の下に埋没していた、後生動物門に属する厚さ0.5kmの生体組織層が平時よりも高い代謝を示したことが原因でした。地震学的測定によって、この層の最も厚い箇所における1つの目、またはそれに相当する身体構造の形成が確証されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。