SCP-5344
rating: +9+x
house.jpg

SCP-5344-1の最近の写真。

アイテム番号: SCP-5344

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: イヴ及びハンナ・フィッツジェラルドの元住居は買収され、監視下に置かれます。アクセスは禁止されています — 無許可入場の阻止は高優先度の事項と見做されます。

現地における失踪事件の調査は監視され、審査され、SCP-5344と一致する特徴があった場合はフラグ付けされます。法執行機関によるこれらの事案の追及は抑止されるべきです。

毎週、現地に生息する昆虫の個体数調査を実施します。個体数の顕著な増加が確認された場合は、速やかに臨時収容監督官に報告します。これに加えて、ホタル科に属する昆虫の個体数の顕著な増加は、北アメリカ地域監督官にも報告します。

説明: SCP-5344はイリノイ州エルムハーストのシカゴ近郊住宅地を包括する約1.13km2の領域です。SCP-5344の中心は、タウンズヘッド通り1005番地(郵便番号60106)に位置する平屋住宅、以下SCP-5344-1です。

SCP-5344-1はエレイン・フィッツジェラルドの幼少期の家であり、彼女は1991年に誕生してから2011年に転居するまでSCP-5344-1に居住していました。地元の記録によると、彼女の両親(イヴ及びハンナ・フィッツジェラルド)は1984年から2015年までこの家に居住していました。現在、フィッツジェラルド女史には既知の存命親族がいません。

フィッツジェラルド女史は、自らが居住していた時期や、その後のごく稀な訪問に際して超自然現象が発生した記憶を全く持ちません。差し押さえ前に行われた近隣の家の調査で関連情報は明らかになりませんでした。イヴ及びハンナ・フィッツジェラルドの死後、SCP-5344-1に入居した人物はいません。SCP-5344-1の過去の住人やフィッツジェラルド女史の拡大家族の発掘調査で、特筆に値する結果は得られませんでした。

2020年現在までに、SCP-5344は206件の失踪事件との関連性を持ち、SCP-5344-1はその半数以上と結び付けられています。

補遺5344-A (探索と分析の概要):

room.jpg

SCP-5344-1の内装。

唯一存命のSCP-5344-1の居住者という立場上、フィッツジェラルド女史の部屋は精査されました。この部屋には、標準的な調度品と、幼少期の絵画を収めたバインダー1枚だけが存在しました。バインダーの中身は財団雇用下の児童心理学者によって分析され、異常なテーマ、象徴、言外の文脈は含まれていないと断定されました。絵画はその後、フィッツジェラルド女史の要請に従って破棄されました。

SCP-5344-1内の他全ての物品は、標準的な分類基準に従って評価されました。SCP-5344-1に存在する平均以上の数の骨壺は、更なる試験のためにフラグ付けされました。SCP-5344から除去しても、骨壺の大きさ、位置、強度には影響が及びませんでした。これについて質問されたフィッツジェラルド女史は、幼少期を通して多数の葬儀に参列した覚えがあり、葬儀の場所は時間と共にますます遠方になっていったと述べました。

SCP-5344-1の裏手にあった土の小山は、地中探知機でスキャンされ、その後発掘されました。様々な植物の根、浮き石、その他の平凡な物品が内部から発見されました。全ての土壌サンプルにおいて、昆虫の生息数が基準より高いことが注目されました。これらの昆虫は、研究室の制御環境下に導入されると一様に摂食行動を拒絶し、死亡しました。

crawl.jpg

SCP-5344-1の床下空間。

SCP-5344-1の床下空間は、SII自動地図作成ドローンで調査されました。この領域は不自然に広く、幾つかの行き止まり、ループする通路、目的の不明確な配管が存在すると判明しました。56dBで一貫したハム音が聞こえる場所が3ヶ所発見されました。高調波分析はこの音が生物に由来することを示唆しましたが、音源は特定できませんでした。

暖房・換気・空調システムを調査するために、更なるSIIドローンが導入されました。屋内の換気ネットワークもまた同様に入り組んでおり、SCP-5344-1の提出された設計図に記載されていない部屋に繋がる分岐点などが見られました。これについて質問されたフィッツジェラルド女史は、問題の部屋に関する知識を否定しました。調査員はその後、予備分析のために隣接する壁に穴を開け、続いて入口を切り開きました。

この過程で追加5ヶ所の部屋が発見されました。いずれの部屋にも観察可能な入退室の手段がありませんでした。全ての部屋には、家の電気配線に直接接続された電球1個と、木製の椅子1脚が備え付けられていました。3ヶ所の部屋の壁と床には、由来不明の黒い液体が染み付いていました。全ての部屋には1991年に製造された写真撮影用の器具がありました。SCP-5344-1から写真は1枚も発見されませんでした。

設計図に記載のない全ての部屋は、プラスチックチューブ網を通して屋根裏部屋に接続されていました。屋根裏部屋の予備分析では特筆すべき要素が発見されませんでしたが、徹底的な検査の結果、床板5枚の裏に隠されていた金属製の洗面器が見つかりました。これらの洗面器は前述の液体で汚れていました。他の屋根裏部屋の内容物には、空の水槽6個、空のペンキ缶23個、様々な金属製のネジ134個が含まれます。床の広範囲に残された引っ掻き傷は、これらの物品のいずれとも合致しません。

6個目の隠された洗面器は、類似するチューブでイヴ及びハンナ・フィッツジェラルドの寝室と接続されていることが判明し、2人の居住空間の再評価が促されました。この過程でも同様の結果が得られました。イヴ及びハンナ・フィッツジェラルドの居住空間に不自然な物品は確認されませんでした。どの物品も不自然なパターンで配置されてはいませんでした。両名に属する日記や手紙は発見されませんでした。個人的な性質の覚え書きも見つかりませんでした。

この調査は完了済かつ非確定的なものと見做されます。SCP-5344を収容する努力が進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。