SCP-5380
#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}

rating: +16+x

特別収容プロトコル:

SCP-5380はサイト-53の専用アイテムロッカーに保管します。SCP-5380はレベル2以上のクリアランスを有する職員のみが扱うものとします。これ以上の収容プロトコルは必要ありません。


説明:

victor.jpg

SCP-5380の写真。

SCP-5380は中心を通るように紙の仕切りが取り付けられた手作りのスノーグローブです。仕切りの両面には "I ❤️ U, Victor" と書かれています。SCP-5380の製作に携わった人物は、最近死亡したレアナ・エルナンデスと特定されています。

SCP-5380を振ると、SCP-5380の周囲の場所にスノーフレークとハート形の紙が降り注ぎます。これらの物体の外見はSCP-5380内のものに類似しています。

SCP-5380が生成した物体は、活性化から約5分後に全て非実体化します。その時点でSCP-5380は再活性化が可能となり、同様の異常性を引き起こすことができます。

SCP-5380の底面には、"ビクター・エルナンデス" という人物に宛てられた以下のメッセージが刻まれています。

たった一人の最愛の息子、ビクターへ。

「私は貴方を私の世界に迎え入れた。」
「……そうしたら、貴方は私の世界となった。」
— アイシュワリヤー・パトラ

貴方には幸せな人生を送ってほしい。もう一緒にいられなくてごめんね。

貴方の母より。
— レアナ


補遺5380-1 — 発見

SCP-5380が発見されたのは、SCP-5380を所持した "ビクター・エルナンデス" (以下PoI-1341と指定) がブリティッシュコロンビア州バーナビーのメトロポリス・アット・メトロタウン1で目撃された時のことでした。PoI-1341は知人に当オブジェクトを見せ、直後に誤ってSCP-5380を落としました。その結果、当モール全域にスノーフレークと小さなハート形の紙が降り注ぎました。

機動部隊イオタ-3 ("秘密保持") のうち2名が派遣され、カバーストーリー ("Cold Love") が用いられました。それと共にイオタ-3の残りの3名も派遣され、PoI-1341の位置の特定および拘束、ならびにSCP-5380の収容に向かいました。PoI-1341は接触時にイオタ-3に対して暴力を加える旨の脅しをかけたものの、その時点で動きを封じられ、拘束下に置かれました。


補遺5380-2 — インタビュー

PoI-1341の拘束ならびにSCP-5380の収容から3日後、アノマリーの情報をさらに引き出すために、PoI-1341にインタビューが実施されました。インタビューの記録は全てログ化されています。

インタビュアー: ライン・モンテ博士
対象: ビクター・エルナンデス (PoI-1341)


<ログ開始>

ライン博士: こんばんは、ビクター。

[PoI-1341は数秒間返答しない。]

PoI-1341: ……こんばんは。

[ライン博士がうっすらとほほ笑み、話を続ける。]

ライン博士: SCP-5380についていくつか質問してもいいかい?

PoI-1341: SCP-5380?

ライン博士: そう、このスノーグローブだ。

PoI-1341: ……分かった。

ライン博士: 協力してくれてありがとう。

PoI-1341: (静かな声で話している。) ホンット馬鹿馬鹿しい。

ライン博士: できれば、SCP-53 — いや、君のスノーグローブとの関わりを初めから話してほしいんだ。

PoI-1341: それは贈り物だよ。

ライン博士: 贈り物? 誰からの?

PoI-1341: 母さんからの。つい最近亡くなったから、それは僕への最後の贈り物なんだ。

ライン博士: それは…… すまなかった、母親を亡くしていたなんて。

PoI-1341: 別に — (深呼吸) 気にしないでよ。平気だから。どうせそっちには関係ないし。

[ライン博士が返答をためらう。]

ライン博士: 母親がどうやってこれを作ったのかは知っているのかい? つまり、このスノーグローブを。

PoI-1341: 知らない。母さんとは遠く離れていたし。

[PoI-1341が沈黙する。]

PoI-1341: 母さんは海外で働いてた。韓国に渡ってたくさんの子に英語を教えてたんだ。父さんは…… もう亡くなってた。だから母さんは、韓国で安定した良い仕事に就いて、稼いだお金を僕に送るのがいいと考えたんだ。そうすれば僕が前を向いて生きていけるからって。僕は…… 母さんがその贈り物を作っていたなんて、全く知らなかった。

ライン博士: なるほどね……

PoI-1341: 他に何かある? スノーグローブは返してくれないの?

ライン博士: もう2つほど。君の母親はこういうのを家でも作っていたのかい? 韓国にいた時でも。

PoI-1341: ……うん、ガラス製品とかそういうのをよく。とてもきつそうな仕事。韓国に行く前はガラスのコップとか花瓶とか、そんなのを作ってばかりだった。きっと母さんは、何とかして器材を揃えたんだと思う…… その最後の贈り物を作るためだけに。

ライン博士: そうか…… 2つ目だが、君はどうなんだい? こういうものを作る方法は知っているのかな?

PoI-1341: ううん。1回やってみたけどダメだった。それからもう1回やってみてさ、母さんに別れのプレゼントを作ろうとしたんだ。まるでうまくいかなかったよ、きっと僕に才能なんて全くないんだろうね。

[ライン博士が沈黙する。]

ライン博士: 口を挟ませてもらうと、私はそうは思わないよ。もっと時間と労力をかけてもいいのかもしれない。

PoI-1341: ……やってみる。それでさ、その贈り物を返してくれない?

ライン博士: 本当にすまない、ビクター。このスノーグローブを返すことはできない。

PoI-1341: えっ? なんで?

ライン博士: それが…… 方針のようなものなんだ。

[PoI-1341はあぜんとしている。]

PoI-1341: 方針のようなものだって? 馬鹿げてる。

ライン博士: 聞いてく —

PoI-1341: 母さんが引っ越してからろくに連絡も取れなかったのに、そっちは僕と母さんを唯一繋ぐ物を奪っていくんだね。

ライン博士: 聞いてくれ、ビクター。申し訳ないとは思っているが、このスノーグローブはどうしても渡せない。

[PoI-1341が深呼吸する。]

PoI-1341: もし可能ならさ…… ちょっと規則を曲げられない?

[PoI-1341が沈黙する。]

PoI-1341: お願いだ。

ライン博士: 言った通りだ、すまない。これは渡せない。

PoI-1341: (声を震わせながら) そう…… そうなんだ、規則だからってね。なるほどね。

[PoI-1341の両目の眼角に涙が浮かんでいる。PoI-1341が椅子の上でぐったりとなり、顔を伏せている。]

PoI-1341: じゃあもういいよ、さよなら。

<ログ終了>


PoI-1341はインタビューの終了直後に当サイトの警備員に連れられて部屋を退出しました。
補遺5380-3 — 配達物

PoI-1341との最初のインタビューから1か月後、ライン博士宛の小包がサイト-53のプライオリティ・メール受けから発見されました。小包の中身はスノーグローブであり、大量のおがくずに埋もれていました。受領者に送り届けようと財団スタッフがスノーグローブを持ち上げたところ、サイト-53一帯が15分間暴風雨に見舞われ、同時に室内にも異常な降雨が発生しました。これ以降、同様の異常性を持つ物品が入った配達物は届いていません。当インシデントの調査が進められています。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。