SCP-5391
rating: +10+x
/* ---------------------------------
War on All Fronts (Sigma-9)
2020 Wikidot Theme
Created by stormbreath
Header image created by EstrellaYoshte
--------------------------------- */
 
/* -------------- ROOT -------------- */
@import url('https://fonts.googleapis.com/css?family=Saira+Stencil+One&display=swap');
 
:root {
    /* S-CSS-P Integration */
    --theme-base: "black-highlighter";
    --theme-id: "woaf-bhl";
    --theme-name: "War on All Fronts Theme (BHL)";
 
    /* Header */
    --logo-image: url("http://scptestwiki.wdfiles.com/local--files/woaf-bhl/mksjr3.png");
    --header-title: "War on All Fronts";
    --header-subtitle: "We're Going to Need a Bigger Boat";
 
    /* Typefaces */
    --header-font: 'Saira Stencil One', cursive;
    --title-font: 'Saira Stencil One', cursive;
 
    /* Standard Colors */
    --white-monochrome: 245, 245, 245;
    --pale-gray-monochrome: 235, 235, 235;
    --pale-accent: 60, 40, 230;
    --bright-accent: 5, 0, 133;
    --medium-accent: 44, 46, 100;
    --dark-accent: 15, 3, 100;
    --alt-accent: 17, 102, 221;
        --deepsea: linear-gradient(to bottom,rgb(0,0,101),rgb(23,0,82),rgb(0,0,0));
 
    /* Header Gradients */
    --gradient-header: var(--deepsea);
    --diagonal-stripes: none;
 
        /* Side-Bar Links */
        --sidebar-links-text: 173,171,181;
}
 
/* -------------- HEADER -------------- */
#header h1 a:before,
#header h2 span:before {
    color: rgb(173,171,181);
}
 
#login-status ul {
    background-color: rgb(23,0,127);
    background-image: var(--deepsea);
}
 
#login-status ul a {
    color: rgb(173,171,181);
    background: transparent;
}
 
#login-status ul a:hover {
   color: white;
}
 
#top-bar div.top-bar > ul > li > ul,
#top-bar div.mobile-top-bar > ul > li > ul {
     background-image: var(--deepsea);
}
 
/* -------------- SIDE-BAR -------------- */
#side-bar {
    background-image: var(--deepsea);
    background-attachment: fixed;
    background-size: unset;
}
 
#side-bar div.menu-item a:hover {
    background-color: rgba(173,171,181,.15);
    color: white;
}
 
#side-bar div.menu-item a:before,
#side-bar div.menu-item a:hover:before {
    background-color: rgba(173,171,181,.25);
}
 
#side-bar .side-block.media,
#side-bar .side-block.resources {
    background: transparent !important;
}
 
#side-bar .heading p,
#side-bar .side-block > .collapsible-block .collapsible-block-link {
     font-family: var(--header-font);
     font-weight: initial;
}
 
iframe.scpnet-interwiki-frame {
    filter: hue-rotate(60deg) invert(1) brightness(0.5);
}
 
/* -------------- BODY -------------- */
#page-title {
     color: rgb(var(--medium-accent));
     border-color: rgb(var(--medium-accent));
     text-align: center;
}
 
.close-credits,
.credit-back {
     filter: hue-rotate(260deg)
}
 
#page-content .modalbox {
    box-shadow: 0 2px 6px rgba(0, 0, 100,.5);
    background: linear-gradient(
        rgb(200,200,200) 51px,
        rgb(240,240,240) 51px,
        rgb(240,240,240)) !important;
}
 
.info-container {
    --barColour: #336;
}
 
div.woaf-hr {
     height: .3em;
     background: linear-gradient(to right,
         rgb(0,0,0),
         rgb(23,0,82),
         rgb(0,0,101),
         rgb(23,0,82),
         rgb(0,0,0));
     margin: 1em 0;
     border-radius: 5px;
}
 
div.woaf-hr p,
div.woaf-hr ul {
    display: none;
}
 
#footer a,
#footer a:visited {
     color: white;
}


監督評議会より緊急通達

最近の激甚事象に鑑みて、以下のファイルの閲覧クリアランスはレベル-5/5391からレベル-1/5391へと引き下げられました。当ファイルには、全世界規模で正常性への影響を及ぼしている異常現象の本質的な背景情報が含まれるというのが評議会の総意です。我々の組織の安全と、人類の生存のために、全ての財団職員は当文書を読むことを義務付けられます。
ヴェールは既に捲られました。これは全ての戦線での戦いです。

5391

アイテム番号: 5391
レベル1
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
apollyon
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
danger

5333104910_a22d3748da_b.jpg

LSA-Brasil-001が復活した後のプロメテウス研究所実験施設ENSW-1


配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
サイト-40 A. ダライアス・シモンズ M. 香織 Η-5 “イェーガーボマー”

image0.jpg

ウェーク島沖合の財団確保施設、サイト-40

特別収容プロトコル: SCP-5391の完全収容はSCP-5391-1との交戦によって達成されます。SCP-5391-1個体は交戦担当部隊の裁量により、ケースバイケースで鎮圧または終了されます。

財団と一部の主要な超常組織、特に世界オカルト連合との間での緊張緩和状態が宣言されました。全ての組織は世界各国の政府と協力してSCP-5391-1との戦闘に注力します。財団施設 サイト-40は中立地として宣言されており、全てのSCP-5391関連現象の主な研究拠点となります。そのため、全てのSCP-5391-1個体の死骸は、更なる分析のためにこの施設に保管されます。生きたSCP-5391-1個体を収容できる場合、数ヶ所の巨大地下収容チャンバーが利用されます。

財団は現在、SK-クラス“壊された虚構”シナリオの初期段階にあります。このため、ヴェールの保全に関する全てのプロトコルは放棄されます。詳細は各サイトの監督者に問い合わせ、配布された補足資料を参照してください。

SCP-5391-1交戦プロトコルの詳細は補遺5391.4を参照してください。

説明: SCP-5391は、LSA-Brasil-01の復活に続いて、数種類の敵対的な大型侵略者Large Scale Aggressor(LSA)が出現した事象の分類です。SCP-5391-1と総称され、個別に指定名称を割り当てられているこれらの実体は、外見、体長、生物学的組成が様々な巨大生物です。一部のSCP-5391-1は一般的な生物と類似する身体特性を有しますが、どの個体もより顕著な特徴や異常な能力によって通常の範疇を逸脱しています。全てのSCP-5391-1に共通する特徴は、第六生命エネルギーとアキヴァ放射線の大量放出をはじめとする破壊的な奇跡論能力です。重要なSCP-5391-1個体の特徴と異常能力を詳述した要約が補遺.5391-1に記載されています。現時点では、SCP-5391の結果として27頭の個体の出現が確認されています。

1994/06/30、一連の地震災害 — 津波、水中及び地上の火山活動、地盤の揺れなど — によって、LSA-02からLSA-09までのSCP-5391-1個体が出現しました。この時、大規模な人口密集地に近接していた個体は即座に敵対的な挙動を示しました。財団、各国の軍、世界オカルト連合の武力が動員されましたが、辛うじて人口密集地から個体を追い払うことにのみ成功しました。ほとんどの事例で、SCP-5391-1個体は海に逃走しました。破壊された人口密集地の浄化と再建の努力が進行中であり、SCP-5391-1の脅威が完全に収容または無力化された時点で本格化するものと期待されています。

SCP-5391-1の出現は、MH-クラス“大規模侵略攻勢”シナリオと、SK-クラス“壊された虚構”シナリオの双方を引き起こしました。SCP-5391-1個体群の覚醒に伴う大都市圏やその他の人口密集地の破壊は、ヴェールへの修復不能な被害を及ぼしています。

SCP-5391事象の発生源は、1988年に大規模な異常コミュニティ “ハイ・ブラジル”を襲った実体、LSA-Brasil-01の蘇生だと仮定されています。この実体は世界オカルト連合により、実験的な特異兵器であるCasaba-Howitzer指向性核エネルギー兵器で無力化されましたが、それに伴い、ハイ・ブラジルの周辺地域も広範囲にわたって破壊されました。その後、死骸はGoI-211 (“プロメテウス研究所”)に引き取られ、その蘇生を目的とする一連の実験及び改造が行われました。1998/06/28、LSA-Brasil-01は成功裏に蘇生され、ウェールズのスウォンジー沖にあった研究施設を破壊して逃走しました。

LSA-Brasil-01の復活がSCP-5391を引き起こした理由は不明です。

補遺.5391.1: 重要なSCP-5391-1ファイル

補遺.5391.2: サイト-01稟議書 - 1998/07/01

補遺.5391.3: インタビューログ

補遺.5391.4: 事案Wake-02-B

補遺.5391.5: 監督評議会より通達


.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

From: pcs.tenpics|snommis.a#pcs.tenpics|snommis.a
To: pcs.tenpics|iroak.m#pcs.tenpics|iroak.m
件名: Re:SCP-5391
日付: 1998/07/05

香織博士、

既に民間社会公開版のファイルを読んでくれたと思う。除外された情報はほとんど無い。

2日前にパラグアイで何かが起こり、財団の探索チーム全員が死亡した。そこには遺跡がある。聞いたことも無い古代文明の残存物で満ちた、迷宮のような洞窟網だ。上層部はパズルピースを繋ぎ始めている。何故こんな事が起きたか、奴らは何なのか、これからどうなるのか。我々はこの件を君には閲覧できないクリアランスレベルに留めていたが、今では君が研究責任者だ。知る権利があるだろう。ファイルの改定はほぼ完了している。

敬具、
アルバート・シモンズ
サイト-40 研究管理官


From: pcs.tenpics|iroak.m#pcs.tenpics|iroak.m
To: pcs.tenpics|snommis.a#pcs.tenpics|snommis.a
件名: Re:SCP-5391
日付: 1998/07/05

シモンズ管理官、

ありがとうございます、管理官。監督評議会から、職務を効率的に進めるうえで、必要不可欠な情報を見せるのに相応しい人材だと評価していただけたのは光栄です。

今日は丸一日を財務部門との議論に費やし、幾つかの古い、失敗したプロジェクトを掘り返そうとしました。特にKEYプログラムですが、他にもハイ・ブラジル事件の後に開発が急がれたものが幾つかあります。RAISAは記録を提供しようともしません。

この現象の権威者として任命された人物に情報を差し控えても、あなたの大義のためにはならず、また誰を守ることもできないことを理解していただければ幸いです。この新しい文書を読む許可はいつ与えられるのでしょう?

敬具、
三笠香織博士
財団研究スペシャリスト


From: pcs.tenpics|snommis.a#pcs.tenpics|snommis.a
To: pcs.tenpics|iroak.m#pcs.tenpics|iroak.m
件名: Re:SCP-5391
日付: 1998/07/05

明日の朝には君のテーブルに届くと期待してくれ。

一応聞いておくが、KEYプログラムとは何だ?


From: pcs.tenpics|iroak.m#pcs.tenpics|iroak.m
To: pcs.tenpics|snommis.a#pcs.tenpics|snommis.a
件名: Re:SCP-5391
日付: 1998/07/05

巨大怪獣に立ち向かうために普通やる事と言えば、何だと思いますか?

メカを作るんですよ。


.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。