SCP-5464
rating: +15+x

Item#: 5464
Level3
Containment Class:
euclid
Secondary Class:
none
Disruption Class:
keneq
Risk Class:
warning

wojtek.jpg

SCP-5464 (右) がポーランド人 (左) と交流している。1942年。

特別収容プロトコル: SCP-5464を適切に収容することはできませんが、本実体の特性上そのようなプロトコルは不要です。

SCP-5464が活性状態に入った場合、MTFオメガ-6("ベアリー・イナッフ") はSCP-5464の臀部に埋め込まれたGPS追跡デバイスによって位置を特定し、活性状態が終了するまで監視してください。

SCP-5464の全ての活動はプロジェクト責任者であるアシュワース博士に報告することとし、いかなる形でも干渉を行うべきではありません。いかなる集団を理由とするいかなる干渉の試みもMTFオメガ-6("ベアリー・イナッフ") により抑止されます。

説明: SCP-5464はオスのシリアヒグマ (Ursus arctos syriacus)であり、体長は約182 cm、体重は約230 kgです。SCP-5464は非活性状態では異常性を持たず、その振る舞いは標準的な同種の個体と変わりません。

ポーランドにとって歴史的または政治的に重大な出来事が発生した際、SCP-5464は活性状態に入り、その異常性が発現します。SCP-5464はその場から消失し、発生した出来事にとって重要な場所に出現し、目下活動中の関係者となります。実験の結果はSCP-5464が他のクマより高い知性を持つ兆候を示していないにもかかわらず、この時のSCP-5464は言葉を喋り、その活動をポーランドに利する形に調整することが確認されています。

SCP-5464の真の性質を知らない、あるいはミーム耐性を欠く人物は上述の事実を認識できません。典型的にはSCP-5464が概ね同一の外見の人間であるという一貫した認知を持ち、そのように報告します。この効果はSCP-5464を描写するあらゆるメディアにおいて同様に発生します。


補遺5464-1: 以下はこれまでに確認されたSCP-5464出現事例の一覧です。

出現時期 報告された形態 実施された行動 補注
不明。おそらく1380 - 1420頃 不明 収集された歴史的記録から、財団研究員はグルンヴァルトの戦いにおいてSCP-5464がポーランド軍の指揮官として活動していたと推測している。 SCP-5464と素性不明のリトアニア人が率いた軍団は戦況を逆転し、ポーランド軍を優位に導いたとされている。
1463 - 1543 ニコラウス・コペルニクス SCP-5464は『天球の回転について』と題された著作を執筆し、地動説を考案した。 SCP-5464の著作は当時のカトリック教会により異端とみなされ、SCP-5464は処刑されそうになる。しかし素性不明のドイツ人がこれに介入し、SCP-5464 の逃亡を手助けしたことにより、処刑は阻止された。
1867 - 1935 ユゼフ・ピウスツキ SCP-5464が起こした政治的活動はドイツやロシアによる侵略からポーランドの自由を守る結果となった。 SCP-5464は素性不明のロシア人からもらった「ピエス」という名前のイヌと一緒にいる姿が頻繁に目撃されている。このイヌは同種の他の個体とは異なり、SCP-5464に攻撃的な振舞いを見せなかった。
1942 - 1963 クマの"ヴォイテク" SCP-5464はポーランド軍に入隊した。 SCP-5464が配属された小隊はリトアニアの素性不明の人物から資金援助を受けていた。この援助がなければ敗北していたであろう戦いが何度もあった。
1965 - 1991 レフ・ヴァウェンサ SCP-5464はポーランドの共産主義政党に対する革命を指揮し、1989年6月にそれを打倒するまでに至った。 SCP-5464は1991年までに政治参加への意欲を失った。 SCP-5464が政界から身を引いた後、レフ・ヴァウェンサになりすました財団工作員がSCP-5464の地位に潜入した。家族や親戚に関する文書も同様に改竄された。

補遺5464-2: 2000/01/01、アシュワース博士はSCP-5464の収容房1の近くで以下の出所不明のメッセージを発見しました。

熊報 - 2000年版

この度は国を守ることのできた良き1000年であった

諸君らの働きに感謝する

もまたこの度と同じく良きものになることを願おう

守護熊の状況:

未知の勢力により1名が捕まった

3ヶ月以内にポーランド守護熊 ("ヴォイテク") からの返答がなかった場合

可及的速やかにポーランド守護熊の代理を見つけなければならない

臨時代理の現時点での候補は以下の通りである

ドイツ守護熊 ("ハンス")

ロシア守護熊 ("イヴァン")

クマは全ての国に在住している訳ではなく

また介入を必要とする事件は増え続けているため

我々は「クマ」という語の意味を広げることを決定した

これは督熊の名誉職員を含めるための措置である

現在の提案では我々の手の及ばぬ国に在住する動物を雇用することとしており

例としてはオーストラリアのエミュー

そしてまだ可能性の段階ではあるがアフリカ全土のキリンを含むものとしている

最新情報は追って連絡する

諸君らの働きに感謝する

- 監督真司令部

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。