SCP-5618
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}

評価: +35+x

アイテム番号: SCP-5618
レベル6
収容クラス:
apollyon
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

DOTA.png

時間異常部門

特別収容プロトコル: SCP-5618が切迫している状態の場合、O5評議会は以下の指示を再検討し、それらの流布を手配する必要があります。. そしてゾリッチ研究員は最後まで証言しなければならない。 [SZ]|.ありきたりなSCPファイルね、スティーブン。今貴方の作品を批評してる、すぐに公開するわ。 [AF]

すべての職員は自らのセキュリティクリアランス以下の全指示を受け、確認しなければなりません。

そうでない場合通常通り財団業務を継続してください。

クリアランスレベル0指示 . レベル0の'指示'を実際に送信していないことを明確に。 [AF]

指示は存在しません。

クリアランスレベル1-3指示 .私たちがほぼ同じ運命にあることを認めさせるには大事件が必要ね。 [AF]

財団は現在、全施設の完全なロックダウンを必要とする世界的な危機に対処しています。あなたは自らの勤務地に留まる必要があり、現場での通信は制限されます。地球上の生命の継続、秘匿されたヴェールの維持に必要な割り当てられた任務を果たし続けなければなりません。

すべてのクリアランスレベル0職員は即座に終了されます。.残酷な気がする。 [SZ]|.最後になってファンブルする余裕はないわ。 [AF]

心理評価チームがあなたを訪問し、この危機の間必要とされる感情的および知的ニーズを判断します。

クリアランスレベル4指示 .この情報がサイト管理官とO5にだけ送信されていることを確認して、スティーブン。それはすぐにパニクってしまう即効性のヤクよ。 [AF]

CK-クラス現実改変イベントが差し迫っています。

タイムラインの崩壊を越えて存続する可能性のあるアノマリーは可能な限り解体されます。

心理評価チームが各職員を訪問し、この状況下での知的および感情的安定度を判断し、必要に応じて終了されます。.あの展開は予測できた。 [SZ]

永続的な代替次元およびタイムラインへの避難は間もなく開始されます。

クリアランスレベル5+指示 . これと本来の特別収容プロトコルを統一するのよ。ファイルは(ラッキーな私と貴方を除いて)もうO5にしか見られてない。 [AF]

CK-クラス現実改変イベントが差し迫っています。

永続的な代替次元およびタイムラインへの避難は1981年の多財団協定Multi-Foundation Pactによって禁じられており、物資や情報の移動も禁じられています。O5評議会はこの困難な過渡期の間、秩序維持の責任を負います。

説明: SCP-5618は歴史的介入によって基底次元の現実が回復した後に実行される、我々が存在する代替タイムラインの抹消です。. イェイ。どうしてこうなったかわかるようになっていくか? [SZ]|.とんでもない。でもどうせこれは消えてしまうだろうし… [AF]

財団時間異常部門より通達

このファイルはプレースホルダーであり、現在使用されていません。. この通達はまだここで何かやっているの?ファイルは今日公開されるの!公開前にこれと注釈が削除されているのを完全完璧に確認して! [AF]意図された対象が理論上のものであるため、収容クラス、撹乱クラス、リスククラス、特別収容プロトコル、および説明は空欄となっています。オブジェクトが存在していたタイムラインは定義上既に存在していないか、間もなく消失するでしょう。

— DoTA管理官、アリス・フォース博士

財団記録・情報保安管理局より通達

このファイルは状況変化の反映のため改訂中です。. 楽しかったぞ、フォース博士。 [SZ]|. またね、スティーブン。 [AF] 新版が利用可能かどうか確認するためにはこの通達の真下にある「ファイル更新」プロンプトを起動してください。

— RAISA管理官、マリア・ジョーンズ


>> ファイル更新 <<

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。