SCP-5673
rating: +29+x
warning.png
アイテム番号: 5673
レベル2
収容クラス:
safe
副次クラス:
none
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

shed.jpg

SCP-5673(右)と、PoI-6029が所有する小屋


配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
暫定サイト-5673 (管理官代行) J. レベッカ・マクソン D. アビゲイル・キャス ゼータ-22 “ツリー・ハガーズ”

August.jpg

PoI-6029

特別収容プロトコル: SCP-5673の周辺地域は封鎖され、暫定サイト-5673に指定されています。駐屯機動部隊ゼータ-22 (“ツリー・ハガーズ”)の隊員2名が常に現場で待機し、SCP-5673-Aをその目的地まで護衛します。SCP-5673またはSCP-5673-Aがヴェール・プロトコルの知識を持たない民間人に目撃された場合、クラスA記憶処理が施されます。

PoI-6029は要望に応じてSCP-5673と接触することを許可されています。

説明: SCP-5673は、ミシガン州キャデラック近郊の森の中にある一般的なオークの樹です。

SCP-5673-Aは、SCP-5673の枝から生える背の低いヒト型の樹木実体を指します。このプロセスは毎日継続して発生しており、まずSCP-5673-Aを枝に固定する太い茎が生じてから、それ以外の身体部位が頭部を下にして成長する形式を取ります。17:00時点で、SCP-5673-AはSCP-5673から分離して地面に落下します。完全に成長したSCP-5673-Aは身長1.5mで、全身がSCP-5673の樹皮に似た材質から成っています。各SCP-5673-A個体は互いに独立して成長し、最初の個体が枝から分離するまで次の個体の成長は始まりません。

成熟したSCP-5673-Aは近隣の丘の頂上まで3.4km歩いて移動し、足に生えている根のような触手を使って地面に身体を固定します。続く2分間で、SCP-5673-Aは枯死し、その身体は熱い灰に変わります。この儀式はSCP-5673-Aが完全に崩壊するまで続きます。儀式中にSCP-5673-Aの除去や干渉を試みると、SCP-5673-Aは即座にこの物質に還元されます。化学分析によって、この灰の組成は樹液に類似することが判明しています。

SCP-5673は芸術家・彫刻家であるオーガスト・フィデル、指定名称PoI-6029の地所に生えています。

補遺.5673.1: PoI-6029のプロフィール

補遺.5673.2: インタビューログ

補遺.5673.3: インタビューログ

補遺.5673.4: インタビューログ

補遺.5673.5: 事案ログ


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。