SCP-5686
rating: +11+x

アイテム番号: SCP-56861

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-5686の知識は一般市民から隔離されます。SCP-5686の知識に接近している全ての学派は厳重に監視されます。SCP-5686が新たに発見された場合、その信用毀損工作を行い、発見者は記憶処理してください。

SCP-5686が初出現した記事のファイルは、適当な研究者のデバイスに保管してください。この記事はEメールの添付ファイルとして送信してください。また、送信されたEメールは48時間以内にデータベースから手動・自動を問わず消去してください。

SCP-5686は結局は受け入れられ内面化されます。

説明: SCP-5686は食べられるヒューリスティックです。SCP-5686は長時間の熟考を通して実体化できます。SCP-5686は物理的には空間を占有せず、いかなる物質からも構成されていない一方、明瞭な外見を持たない固体として干渉できます。この状態のときにSCP-5686が人体と接触しなくなると、それは消滅します。

摂取した被験者が報告するところでは、彼らは自身が抱える恐怖に直面できる手段の内在化が成功したと感じるようになります。SCP-5686の摂取は、慢性うつ病や不安障害、そしてストレスによる健康問題の治療に便利であると示されています。

SCP-5686は望めば現実になります。

ヒューリスティックとは、思考を「近道」して問題解決を容易にするための手順です。たとえば、代表性ヒューリスティック(エイモス・トベルスキー、ダニエル・カーネマン著「確実な状況下での判断: ヒューリスティックとバイアス」2で初登場)は、脳がものごとをカテゴリーに分類する際に、そのカテゴリーに属する他のものごととの類似性に基づいて評価する手順です。

SCP-5686が初出現したのは、2002年に出版された「█████████」という題名の自己啓発雑誌です。A█████・D████(PoI-5686)が記したSCP-5686の紹介記事では、SCP-5686が「人間精神に必要な追加物――乱雑な世界における明快さへの近道」であると述べられています。また、記事ではSCP-5686が希望ヒューリスティックと呼称されており、すなわち、脳が恐怖に対する解決策を、些末で類似した――つまり、より見覚えのある――問題に対する解決法に基づいて評価する手順であると示しています。A█████・D████が主張するところでは、SCP-5686は「不自然」ではあるものの、容易に会得し内面化できるとされています。

SCP-5686は平穏を感じるための手段です。

SCP-5686は、極端な事例では問題解決に失敗します。人体と接触していないSCP-5686は即座に消失するため、被験者が経管栄養摂取して消化する方法はありません。被験者の消化管に対する非接触性によってもSCP-5686の鎮静効果が無効化すると示されています。

にもかかわらず、財団の関与以前、SCP-5686に対する一般市民の反応は過剰に肯定的でした。A█████・D████に対する一般市民の批判はごくわずかで、精神医学学会の会員からの批評論文は限られており、どちらも影響力はありませんでした。記憶処理薬の頒布とSCP-5686の存在の信用毀損工作の過程で、SCP-5686の熱烈な支持者の大多数はSCP-5686を消化できないことが発覚しました。

SCP-5686は重さがありません。

被験者たちはSCP-5686を感じたり、ときには見たりできると主張していますが、それは計測できません。消化前にSCP-5686に構成物がないことを知った被験者は、その効果を経験できなくなることがあります。消化後に知らされた場合でも、被験者が虚無感を得る場合もあります。まれな事例では、嘔吐や皮膚炎を含む暴力的反応をとることもありえます。

SCP-5686の性質を完全に認識せず成功裏に消化した者は、大抵の場合、自身の努力によって生活環境が実際に改善します。今のところ、SCP-5686の効果は30年(被験者が心不全により死亡するまで)は残存すると記録されています。

SCP-5686は特定の類の人にしか働きません。

2003年に、財団はA█████・D████を捕捉し、尋問しました。SCP-5686の製作法を問われたところ、彼は創ったのではなく発見したのだと主張しました。A█████・D████は発見した場所を述べるのを拒絶しました。A█████・D████曰く、彼はSCP-5686を消化しその恩恵に与ったとのです。

記憶処理と解放に先立ってA█████・D████から影響を除去するように試みたところ、A█████・D████はSCP-5686の重さ・構成物・矛盾性に関する性質に気付きました。しかし、A█████・D████は虚無感を報告せず、暴力的反応はありませんでした。なぜか問われたところ、A█████・D████は自身が「現実であることと便利であることは別の話だから」だと述べました。

SCP-5686は道具です。

SCP-5686を消化することは、無知で幼稚な行動です。その本質を悟った被験者は、それを知りたくなかったかと尋ねられると80%が否定します。残りの20%は不安を表明し、「闇の中」に戻れる方法があることを願います。その方法は今まで明らかになっていません。

SCP-5686は信用できません。SCP-5686は本質的に、それが真に助けるべき者たちを助けられません。SCP-5686の存在は脆弱です。SCP-5686は調査するに値しますが、調査不能です。SCP-5686の目的は無意味です。

SCP-5686は私に約束したのです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。