SCP-5708
#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox22 .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}
rating: +2+x


アイテム番号: SCP-5708


収容クラス: Safe レベル5/5708
オブジェクトクラス: Prodest1 機密

担当サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
サイト–Q7 マイケル・ストラウス ハル・アキモト 機動部隊ゼータ-17

特別収容プロトコル

アーカイブ済み特別収容プロトコル: SCP-5708はサイト-Q7の研究室-2内で収容され、アクセスはレベル4/5708以上のクリアランスを持つプロジェクト・ミッドガルドを担当する人員のみに制限されています。サイト-Q7研究開発チームは、SCP-5708の運用準備のために必要な修理を実施します。

5体のSCP-5708/A実例はすべて、安全人型居住ユニット4内で共同生活しており、レベル1の基本的クリアランスを所持しています。対象は、サイト-Q7人員のクリアランスに適した作業を支援する許可を得ています。

更新 2019/12/20: SCP-5708は、オペレーション・ビフロストの準備のためにセキュリティチェンバー-5内に収容され、アクセスはレベル5/5708のクリアランスを持つ人員のみに制限されます。

残りのSCP-5708/A実例2体は、安全人型居住ユニット4内で共同生活をしており、レベル1の基本的クリアランスが与えられ、対象はサイト-Q7のクリアランス相応のエリアを訪問することが許可されています。高齢であるため、毎月健康診断を実施することになっています。


説明
cap

収容当時のSCP-5708、1950年頃。

SCP-5708は、他の現実に由来し、超宇宙的転移が可能な円筒型の輸送デバイスです。SCP-5708の内部には、中央制御盤、後部制御盤、6つの微小粒子加速器、7つの助手席、機能不明の部品がいくつかあり、その一部は破損しています。活性化すると、SCP-5708はカプセルを別の現実へと輸送するために超宇宙間的ワームホールを自身の周囲に展開します。不確定な損傷および必要とされる未知の燃料の不十分な供給のため、SCP-5708の能力の実験は決定的ではありません。

SCP-5708/Aは、SCP-5708が我々の現実に到着した際に、SCP-5708に乗っていた6人の人間の乗客に与えられた総称です。この対象者らは様々な分野における人材であり、彼らの現実におけるアメリカ合衆国国防総省が実施したプロジェクトの全メンバーでした。6人のすべての対象者は、出身地を除けば異常はありません。到着時にSCP-5708/A-6、トーマス・マレーは隔離され、我々の現実に到着する前に受けた負傷によって間もなく死亡しました。


更新 1988/5/18:

ナビゲーション機器として特定されていたSCP-5708の後部操作盤が修理されました。SCP-5708は侵入可能な現実の選択に未知の既定条件を用います。SCP-5708は、それが転移することができる合計8つの現実を持っており、そのうちの1つは、我々の現実でした。これらの現実には、現実Y9/01から現実Y9/08までの指定が与えられています。現実Y9/09は、SCP-5708の起源であり、現在では崩壊している現実です。


更新 1995/5/18:

SCP-5708内に残存する燃料のリバースエンジニアリングに成功し、化合物-5708/Zと命名しました。実験のために本化合物の製造は承認されており、現在は推定でも2021年までには十分な供給が可能であることが示されています。


更新 2000/7/25:

SCP-5708内の6つの粒子加速器はすべて修理され、外部電源を用いて実験されました。出力は、設定されたすべての性能指数を満たすか、上回っています。


更新 2009/6/14:

これまで知られていなかった用途を持つ2つの部品が、現実安定化装置、現実不安定化装置であることが判明しました。これによって、SCP-5708がある現実から抜け出し、別の現実に再び出現することを可能にしたという理論が立てられています。


更新 2017/9/30:

最後の不明な部品は、ダークエネルギーセンサーであることが確認されています。データ出力は、このセンサーがダークエネルギーの発生源を、既知の現実の外側にある超宇宙的位置まで追跡できることを示しています。8つの侵入可能な現実の中に存在するダークエネルギーがこの場所に引き寄せられていると仮説が立てられました。この現象は2"ナラティブ・シンク"と呼ばれており、影響を受けた現実は、既知の現実の下にある空間へと引き寄せられます。


更新 2019/2/23

SCP-5708の修理は、本格的な実験が行われるまでに十分に進行しました。ナビゲーションシステムを再分析したところ、侵入可能な目的地の総数が現在7つになっていることが判明しました。以前は含まれていた現実が、もはや所定のパラメータに適合しなくなったのか、またはナラティブ・シンクに屈したのかは不明です。

添付付録

発見

1950/5/26に、SCP-5708はユタ州ダナーのコンビニエンスストアの上に出現し、約30メートル落下した後、店舗に衝突しました。UFOの墜落に関する地元の報告が広がり始めたため、地元の財団調査チームが即座に対応しました。追加として隠蔽および対応チームが待機状態に置かれていました。研究チームは、SCP-5708は、ヴェシオ-リー・デバイス3によって検出されたアスブル粒子4の存在に起因して、非常に普遍的な起源であると推論した。この異常は超普遍的なものであるため、サイト-Q7とプロジェクト・ミッドガルドは、この異常を施設に移すよう要請しました。サイト-Q7隠蔽チームはカバーストーリー6B47(衛星の落下)を制定し、それ以降の民間調査はすべて中止されました。

SCP-5708/Aの実例は、SCP-5708/A-6が腹部から大量に出血していたため、財団職員に助けを求め始めました。SCP-5708/A-6が創傷からSCP-4608-1の種子に感染していることが判明し、6人の対象者全員が隔離されました。いくつかの種子を取り除き、残りが孵化をし始める前に実験のために瞬間冷凍され、焼却プロトコルが実施されましたが、SCP-5708/A-6はこのプロセスを生き延びられませんでした。残ったSCP-5708/Aは完全な医学的評価を受け、人間と判断された後、怪我と栄養失調の治療を受けました。SCP-5708/A実例は全員、サイト-Q7の安全人型居住ユニットに収容しました。当時、SCP-5708/A-1であるスティーブン・トンプソンは、グループのリーダーとして名乗りを上げ、責任者に話をさせるよう要求しました。すべてのSCP-5708/A実例は居住ユニットに3日間財団職員との接触なしに滞在し、その後SCP-5708/A-1が移動させられ、調査チームにより尋問を受けました。

SCP-5708/Aへのインタビュー


オペレーション・ビフロスト計画







特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。