SCP-5726
rating: +56+x
anime-title.png

きらめく魔法少女 ♥ ダーリンピンク!!(2002-2007)のタイトルスクリーン

アイテム番号: SCP-5726

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-5726はサイト-19の高度セキュリティチャンバー内に冷凍保存されます。SCP-5726が意識を取り戻した際には機動部隊ロー-36("違反者のお気に入り")が最小の武力で制圧します。

SCP-5726-1はサイト-19内の保管庫にビデオ監視の上で保管します。また、SCP-5726-1にはGPS追跡機器を取り付けます。

説明: SCP-5726は起源不明の有知性ヒト型アノマリーです。SCP-5726は「きらめく魔法少女 ♥ ダーリンピンク!!」シリーズに登場する架空のキャラクター「中村いちご」に酷似しており、また、オブジェクト自身もそのように自称しています。当該キャラクターは日本の7才から12才の児童を対象としたグラフィックノベルシリーズ全500章、およびこれを原作とし2002年3月7日から2007年2月8日まで放映されたアニメーションシリーズ全200話に登場します。伊藤研究員による概要を以下に掲載します。

"きらめく魔法少女 ♥ ダーリンピンク!!"は、「ダークネス」の魔の手から世界を守るため魔法少女「ダーリンピンク」として正体を隠しつつ戦う14才の女子中学生「中村いちご」の物語です。中村いちごはダークネスに憑依されてしまった学校のいじめっ子、不公平をする教師、不良集団などのさまざまな敵と戦います。格闘により制圧したのち、中村いちごは敵をダークネスの憑依から解放し、愛の力で世界を救うため彼らと友達になります。

SCP-5726は、飛騨高山で発生した一連の異常殺人事件が岐阜県警察に潜伏していた機動部隊イオタ-10("ポリ公")の注意を引いたのち、財団による調査の対象となりました。続く2018年8月9日、SCP-5726は3人の青年に対する殺人事件の直後、機動部隊パイ-1("街の口達者")により確保されました。この際武力は必要とされませんでした。目撃者である12才の日本人男性には事件ののちクラス-A記憶処理が実施されました。

SCP-5726は外見上は若年期の女性に類似しますが、生物学的にはその他の点で大きく異なります。SCP-5726は臓器、血液、筋組織、中枢神経系を持ちません。外科的分析の結果、SCP-5726の体組織は多数の肌色の肉状の層からなっていることが判明しました。この組織は外傷に対し高速に修復されます。にもかかわらずSCP-5726は食物と水を必要とし1、痛覚があると主張し、胃、脳、心臓2といった人体の基本的な臓器についての知識を持ちます。

SCP-5726は覚醒状態の際は一本の杖(SCP-5726-1)を召喚することができ、これを用いて漫画調のハートの形をしたピンク色の誘爆性の放射を放つことができます。放射の大きさは変化しえます。発射時には非常に大きな弾けるような音が鳴り、爆発時には光を放ちます。この泡状の実体群から引き起こされる爆発は人体の皮膚組織・筋組織・脂肪組織を融解させる効果があり、重大な損傷を引き起こします。

補遺 5726.1: 初期収容

2018年8月9日から2018年10月30日にかけて、SCP-5726は高度セキュリティヒト型実体収容セルに収容されていました。当時SCP-5726には年齢相応の娯楽3が提供されていました。SCP-5726とのコミュニケーションは主に西川-ジョーンズ加奈子主任研究員により実施されていました。

インシデント5726-1の後、SCP-5726の目下の収容プロトコルの決定のため、倫理委員会および収容資源委員会による緊急合同会議が開かれました。SCP-5726の心理状態は西川-ジョーンズ主任研究員の指導により目覚ましい進歩を遂げていましたが、SCP-5726の行動の予測不能性により、SCP-5726を覚醒状態に置いておくことは長期的に維持可能な解決策にはなりえないと判断されました。

補遺 5726.2: 現在の収容プロトコルへの変更

2019年2月21日、SCP-5726の冷凍保存室への恒久的配置が行われました。ベネディクト・キム下級研究員が西川-ジョーンズ加奈子主任研究員6に代わるSCP-5726との主要コミュニケータに選任され、SCP-5726が事前に用意されていた冷凍保存室に進んで入っていくよう説得するように指示されました。以下はセキュリティログ5726-302からの抜粋です。

参加者: SCP-5726
監視者: ベネディクト・キム下級研究員
前記: ベネディクト・キム研究員は日本語を話せないので、意思疎通を円滑に行うために小型翻訳モジュールが支給されました。SCP-5726には、事前に冷凍保存室をSCP-5726の力を増幅し、ダークネスを浄化する能力を向上させるために作られた新たな発明品であると説明しました。以下の抜粋はSCP-5726が冷凍保存室に入室して23分34秒後からのものです。


<記録開始>

[SCP-5726は冷凍保存室に横たわっている。息が白くなっているのが見える。口と鼻の周りに霜が降りる。]

ベネディクト・キム下級研究員: 気分はどうですか?

SCP-5726: ここは寒いです。それに…狭いです。壁が迫ってきてるみたい。

ベネディクト・キム下級研究員: 狭いところは怖いですか?

SCP-5726: ううん、全然! 魔法少女に怖いものなんてありません。

ベネディクト・キム下級研究員: それは良かった。壁が迫ってきたりはしませんからね。でももし怖ければ、目を閉じてもいいですよ。そうすれば、壁も見えませんから。

[一瞬ためらったのち、SCP-5726は目を閉じる。]

SCP-5726: 怖くなんかありません。ただ…ちょっと目を休めてるだけです。

ベネディクト・キム下級研究員: もちろん。昨日は大変な一日でしたからね。これが終わるまで眠った方がいいでしょう。

SCP-5726: 目を閉じてる間にいなくなったりしないでくださいね? どこにも行かないでください…ここにいてください。

ベネディクト・キム下級研究員: あなたが必要とする限り、ここにいます。私は必要なことをなします。

[30秒の間、SCP-5726とキム研究員に会話はない。]

SCP-5726: キムさん…死ぬってどういうことなのか、分かった気がします。

ベネディクト・キム下級研究員: はい。

SCP-5726: 私が加奈子さんにしたことです。加奈子さんは戻ってこないんですよね?

ベネディクト・キム下級研究員: ええ。

SCP-5726: 人を死なせるのはダークネスのすることです。

[SCP-5726が震えているのが見える。]

ベネディクト・キム下級研究員: あなたがいたところではそうかもしれません。ここでは、誰もがいつかは死にます。

SCP-5726: ここのダークネスは手ごわいです…でも負けるわけにはいきません。これが終— 終わったら、ダ— ダークネスを倒しに行って、もう誰も死な— 死なないようにします。

ベネディクト・キム下級研究員: まずは休みましょう。

[50秒の間、SCP-5726とキム研究員に会話はない。]

SCP-5726: ここ、さ— 寒いです。

ベネディクト・キム下級研究員: ええ。

[58秒の間、SCP-5726とキム研究員に会話はない。]

SCP-5726: キ— キムさん?

ベネディクト・キム下級研究員: はい?

[15秒の間、SCP-5726は沈黙する。]

SCP-5726: ご— ごめんなさい、か、か…

[SCP-5726は応答しなくなる。]

ベネディクト・キム下級研究員: 今は休んでください、いちご。もう大丈夫ですよ。

<記録終了>


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。