SCP-5733

rating: +51+x


SuburbSlasher.jpg

SCP-5733の外箱正面のアートワーク。

特別収容プロトコル: SCP-5733は現在、サイト-73アーカイブ 記憶媒体セクションのテープ保管庫A、棚番号HS、箱番号#1984に保管されています1

SCP-5733の出演俳優や撮影地を特定する努力が進行中です。出演者の静止映像は毎週、財団顔認識データベースの新規登録者と比較されます。現代の映画製作セットを調査し、SCP-5733の撮影地と比較する人力作業もまた行われています。

SCP-5733の試験は、研究主任であるカーペンター博士の承認を条件として、全ての財団職員が実施可能です。提案された試験方法の詳細は、少なくとも希望する試験日の5営業日前までに書面で提出し、承認を得る必要があります。試験はビデオカセットレコーダーとテレビを備えたサイト-73の標準多目的室で行われます。正確な部屋の場所は試験予定時刻の48時間前までに決定されます。 事案5733-01以降、全ての試験は中止されました。詳細は補遺2を参照してください。

説明: SCP-5733は“サバーブ・スラッシャーの帰還”というホラー映画が録画されているVHSテープカセットです。カセットの外箱によると、この映画は1983年に“クリスタル・エルムズ・プロダクション”によって制作されています。映画、制作会社、出演者に関してこれ以外の記録は発見されていません。

映画のプロットは、主人公のヘザー・キャンベル2が郊外の袋小路3にある自宅で、両親の留守中にパーティーの準備をしている場面から始まります。パーティーの日付は同じ袋小路で発生した連続猟奇殺人事件からちょうど10年目です — ヘザーは映画の後半でようやくこの事実に気付きます。この連続殺人の犯人は正体不明であり、事後に地元住民やメディアから“郊外の切り裂き魔”サバーブ・スラッシャーという異名が付けられています。

パーティーの最中、袋小路に帰還した“サバーブ・スラッシャー” (以下SCP-5733-1) は、現代のホラー映画に典型的な手法で、ヘザーが招待した友人5名と、定期パトロールで袋小路を訪れた警察官1名を尾行し、殺害します。SCP-5733-1の正体は映画全体を通して謎のままです — SCP-5733-1は黒い麻袋を顔に被り、黒の緩いオーバーオールを着用し、映画のどの時点でも言葉を発しません。

SCP-5733の異常性はカセットの再生開始から97分後に発現します。95分時点で、ヘザーは居間に飾られた友人たちの遺体を発見します。SCP-5733-1が部屋の反対側から姿を現し、ヘザーを追いかけ始めます。ヘザーは家の地下室に逃げ込み、背後でドアを施錠します。地下室で安全を確保すると、ヘザーはカメラに向き直り、若干の変化を伴ないつつも、概ね以下のような発言をします。

ねぇミスター、私はあなたを知らないし、ぼんやりそこに座って何もせずにこれを眺めてる理由も分からないけど、どうかお願い、私を助けて。どうすれば私はここから生きて出られるの?4

これ以降、SCP-5733の視聴者はヘザー、以下SCP-5733-2と直接会話し、SCP-5733-1から逃走するための助言を行うことが可能になります。その後の作中展開はSCP-5733-2との会話内容に応じて変化します。SCP-5733-2は前述した話題に関する会話にのみ応じます。視聴者がSCP-5733-2を無視するか、SCP-5733-1以外の話題5について話そうと試みると、SCP-5733-2は諦めた様子で地下室の階段を上がり、開錠してドアを開きます。SCP-5733-1はドアのすぐ外で待ち構えています。その後、画面が暗転し、SCP-5733は自動的に再生機器から排出されます。

テープの検査によって、SCP-5733の再生時間は97分と判明しています。即ち、SCP-5733-2が地下室に閉じこもった後、視聴者に話しかけるよりも早く映画は終了しているはずです。

広範な試験にも拘らず、SCP-5733-2は未だにSCP-5733-1からの逃走に成功していません。SCP-5733-1はしばしば、SCP-5733-2が鑑賞者から推奨された事柄や助言された行動に対する高度な知識を示し、先手を打って逃走の試みを妨害します。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。