SCP-5745
rating: +14+x
blank.png
アイテム番号: 5745
レベル3
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
keneq
リスククラス:
danger

Balaur_in_Hateg_environment.jpg

SCP-5745-21のつがいの芸術的描写。ウィロビー研究員により製作された挿絵。

特別収容プロトコル: SCP-5745-1の出現が発見された場合、その場所と重大性に応じ、機動部隊パレオ-1からパレオ-7は全てのSCP-5745-2実例の収容のために派遣されなくてはなりません。可能であるならば、捕獲された全ての実例はサイト-5745に移送され、さらなる調査・研究のため大規模環境に置かれます。SCP-5745-2実例が敵対的になる場合、致死的手段の行使が許可されます。

説明: SCP-5745-1は未知の原理により時間の裂け目が出現する、反復性の時空間異常現象です。裂け目は現代と人類が存在する以前の時代(典型的にはカンブリア紀から更新世2)を常時接続します。SCP-5745-1の出現場所に法則性は無いように見えますが、過去に出現した場所に再出現することもあります。SCP-5745-1が出現する場所は、裂け目により接続される時代と類似する気候・生態系の存在する場所に限られます3。現時点で、SCP-5745とSCP-1265との関連は見出されていません。

SCP-5745-2はSCP-5745-1から出現する生物(典型的には恐竜類・爬虫類・哺乳類の系統群)です。DNAが一致することから、元の時代に実際に存在した個体であると現在考えられています。通常SCP-5745-2は扱いやすく、極力人間を忌避するように見えますが、追い詰められた場合あるいは驚いた場合には攻撃的になります。肉食性の実例はこのような暴走を起こす傾向が極めて強く、食糧源になりうる他の生物よりも人間を優先して獲物として狩ることが多いです。この理由は不明です。一部には娯楽として狩りをするものも知られており、僅かながら意識を有する可能性があります。大気の違いにも拘わらず、SCP-5745-2は現代の環境での生存能力を示しており、現在研究中のパラサウロロフス・ワルケリ(Parasaurolophus walkeri)の群れは以前からアマゾンの熱帯雨林を歩き回ることが認められています。現代で観測されている実例の一部は発見の数ヶ月前から新たな環境で繁栄を遂げており、全てのSCP-5745-2は現代の大気組成および状態に即座に適応すると思われます。

以下は、12/03/2021時点でSCP-5745-1が繰り返し発生した全ての場所の一覧です4

アメリカ合衆国、モンタナ州、ヘル・クリーク

イングランド、オックスフォードシャー州、テイントン石灰岩

オーストラリア、クイーンズランド州、フレーザー島

モンゴル国、ゴビ砂漠、██████

南アフリカ共和国、エリオット累層

南極大陸、南緯69度44分52秒 東経131度12分24秒 · 2.51 km

南太平洋、ポイント・ネモ5

注目すべき点として、これらの場所の大半は、化石化した骨格断片あるいは完全な骨格で広く知られています。

歴史: SCP-5745-1の発生が最初に記録されたのは11世紀で、複数の歴史的絵画に当該のイベントが描写されています。当該の絵画には、聖ゲオルギウスがSCP-5745-1から出現したディモルフォドン・マクロニクス(Dimorphodon macronyx)と思われる生物を殺害する様子が描写されています。カバーストーリーが策定され、実体は架空の「ドラゴン」として偽装されました。絵画のうちSCP-5745-1を視認可能な部分は除去されました。SCP-5745-2の描写は歴史的な文書・芸術作品の至る所に存在しています。一例を挙げると、アジアの龍の描写はティタノボア・ケレジョネンシス(Titanoboa cerrejonensis)あるいは他のメガファウナのヘビの種と共通すると推測されています。SCP-5745-2実例への言及が新たに発見された場合、一般的な民間伝承や既存の種の誇張として偽装されなくてはなりません。

1964年、放射線レベルが急激に上昇することから、SCP-5745-1は発生の1時間前に探知可能であることが判明しました。この知見はSCP-5745の収容のための財団の労力削減に寄与しています。探知には現地にガイガーカウンター6が必要であり、装置が存在しなければ裂け目を探知できない場合があります。

1450年頃から1890年頃までは当該の異常の発生を支持する証拠が得られておらず、SCP-5745-1が発生しないあるいは休止状態の期間が存在すると考えられています。20世紀および21世紀にかけて、SCP-5745-1は現代の他の時代よりも広く頻繁に出現していると見られています。裂け目の発生には活動期と休止期があり、休止イベントに挟まれて約200~300年持続すると推測されています。現在のところ、SCP-5745-1は活動状態にあります。

裂け目の開く頻度を鑑み、SCP-5745-2の脅威に対処するため特別に7の機動部隊が創設されています。これらの機動部隊のチームは「パレオ部門」に指定されています。パレオ部門を構成する機動部隊およびその詳細の完全な一覧は以下のとおりです。

注記: パレオ部門の全構成員が厳格にSCP-5745に割り当てられているわけではなく、所在地でSCP-5745-1が発生した時にのみ配属される場合もあります。

補遺 5745.1:
回収され、現在サイト-5745内に生息している種を回収順に並べた一覧です(このリストには、出現した時点で終了された様々な種は含まれていません)。

. トリケラトプス・ホリドゥス(Triceratops horridus) 12頭
. パラサウロロフス・ワルケリ(Parasaurolophus walkeri) 6頭
. アパトサウルス・マルシュ(Apatosaurus marsh) 2頭
. プシッタコサウルス・モンゴリエンシス(Psittacosaurus mongoliensis) 13頭
. ティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus rex) 1頭
. サルコスクス・インペラトール(Sarcosuchus imperator) 1頭7
. バリオニクス・ワルケリ(Baryonyx walkeri) 1頭
. ディロフォサウルス・ウェテリリ(Dilophosaurus wetherilli) 4頭
. バラウル・ボンドク(Balaur Bondoc) 3羽

SCP-5745-2実例が産卵した卵はいずれもエリアの過密化を防ぐため即座に破壊されなくてはなりません。

648px-NEO_egmont_big.jpg

サイト-5745の空中写真

サイト-5745はニュージーランドのタラナキ山の周囲に建設され、捕獲されたSCP-5745-2実例の長期収容に利用されます。タラナキ山を取り巻くエリアは猜疑心を刺激しないため観光客に一般公開されますが、財団が運営するツアーのみが許可されるものとし、そのルートはあらかじめ探索済みのものに限定されます。サイト-5745にはSCP-5745-2の食料源として提供される現生の動物および植物の自然な種が数多く生息していますが、畜牛など大型現生生物の群れが週に1回肉食性実例の狩りのためエリアに追加されます。植物食性実例は処置を施さなければ数年で森林を食べ尽くしてしまうため、サイト-5745の小規模なフィールドには週に1回大量の消費用植物が投下されます。SCP-5745-2が他の実例を狩猟対象とする頻度は高くありませんが、時折は捕食を行うことがあり、その場合は次に裂け目が生じた際に新たな実例が入れ替わります。

以下は、サイト-5745で定期環境視察を行った際にウォーカー研究員により記録されたログです。

事案記録: SCP-5745-1の出現は財団の設立以降114件記録されているため、以下には2000年以降の出現のみを記録しています。整理のため、1つの文書に纏められています(最終更新日 2020/4/5)。


警告: 閲覧にはレベル4クリアランスが必要です

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。