SCP-5747
rating: +22+x
アイテム番号: SCP-5747 Level-2/5747
オブジェクトクラス: Euclid 機密

fart.jpg

SCP-5747の影響を受けた人物。

特別収容プロトコル: 財団ウォッチドッグ・アルゴリズムは、民間/軍事航空に関与する免許を受けたパイロットの飛行記録を監視します。各パイロットが操縦した飛行機の種類の数は、このシステムが航空機乗務員を反復確認する際に記録されます。この統計がSCP-5747の発現に必要な閾値に近付いた場合、その人物のパイロット免許を取り消して退職させます。

SCP-5747が発生した場合、影響者の半径50km圏内の空域における航空機の往来を阻止します。この空域の近くにいた民間人の目撃者は拘留し、記憶処理を施します。SCP-5747の終了後、影響者には記憶処理治療を施し、その後の航空業界からの引退を正当化できる偽装記憶を埋め込まなければいけません。

説明: SCP-5747は航空機の操縦免許を持つ人物に発現する異常現象です。これらの人物はSCP-5747から影響を受けるにあたり、以下の基準を満たしている必要があります。

  • パイロットとしてのキャリア全体を通して、100種類以上の異なるモデルの航空機で飛行した経験。この基準には民間旅客機、軍用ジェット機、スペースシャトルなど、あらゆる形態の有人航空機が含まれます。航空機が何を基準に“異なるモデル”と見做されるかの詳細は、製造業者の社内における分類体系に依存しているようです。
  • 現地の航空規制機関によって法的に認められている有効なパイロット免許の所持。有効な免許を持たずに操縦した航空機モデルは上記の第1基準に含まれません。

これら2つの条件を満たしてから24時間以内に、影響者はSCP-5747効果の発現を経験し、浮上し始めます。影響者は進路を遮る全ての固体をすり抜けるため、この上昇を妨害する試みは例外なく失敗に終わります。この上昇速度は幾何級数的に増大しますが、影響者が雲層の上に出た時点で横ばいの一定速度になります。

影響者が成層圏に入ると、影響者の正面にある大気粒子物質が融合して巨大な文字を形成し始めます。これらの文字は、初期の航空機の発明者から現代の航空宇宙技術者に至るまで、航空業界における著名人の名前を綴ります。この現象の間に2,000名以上の人物の名前が、影響者が大気中を上昇するにつれて、垂直方向に連続して出現します。

SCP-5747の様々な時点で、巨大なヒト型実体が短時間、影響者の前に姿を見せます。これらの実体の身長は最大5kmで、現代の航空宇宙企業の指導者の上半身に似ており、胸郭上部のすぐ下で身体が途切れています。分光学的調査の結果、これらは主に希薄蒸気や、その他の雲形成から検出されるエアロゾルで構成されていることが判明しました。出現後、これらの実体は対象者とのアイコンタクトを取り、何かを承認するような身振り — 通常、微笑みや頷き — を示してからゆっくり消散します。ごく稀に、実体が身振りの代わりに発声した事例も確認されています1。意思疎通の試みは現在まで全て成立しておらず、これらの巨大実体に知性が無いことを示唆しています。

高度40kmに達した後、影響者は減速し始め、やがてその場に浮揚した状態になります。この時点で、影響者の友人や家族として識別されるヒト型実体の集団が周囲に出現します。これらの実体群は外部刺激に反応せず、大きく拍手しながら影響者を見つめる以外には如何なる行動も取りません。実体群の出現から間もなく、巨大な文字列が遠方に形成されます。文章は以下の通りです。

CONGRATULATIONS!

THANK YOU FOR FLYING WITH US

WE LOVE YOU

このメッセージの表示から30分後、影響者は意識を失い、その場から消失します。

影響者は通常、SCP-5747事象の終了後、自らの住居で目を覚まします。これまでに記録された全ての影響者は、意識を取り戻した後に誇らしさと達成感を感じたと語っています。加えて、影響者はいつの間にか$500,000相当の小切手2を所持しており、自宅で航空機を象ったトロフィーを発見したとも報告しています。

影響者はまた、自身が選択した任意の航空機製造業者に対して、金メッキ加工を施した航空機の提供を要求する能力を得たことを暗黙のうちに理解します。その後の実験において、影響者の要求は例外なく受け入れられ、その注文の有効性に関する疑念は殆どないし全く抱かれないことが示されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。