SCP-5762
rating: +13+x

800px-WBAMC_first_in_DoD_to_use_robot_for_surgery_160426-A-EK666-506.jpg

手術室3内のSCP-5762。

特別収容プロトコル: SCP-5762はサイト-20の第3手術室から移動され、標準のオブジェクト収容ロッカーに設置されました。現在テストを実施することはできません。

説明: SCP-5762は試験的なロボット手術システムであるアンダーソン・ロボティクス社のハミングバードです。SCP-5762は自律的なロボット外科医として設計されています; 内部に設置された試作品の医療用AIを介して複雑な医療処置を理解し実行することができます。SCP-5762はチューリングテストに合格していますが、人間とのやり取りは液晶ディスプレイのテキスト表示のみとなっています。

SCP-5762は2018年にマーシャル・カーター&ダーク株式会社のプライベートオークションで押収されました。このアイテムはインテリジェントパーソナル医療システムと記載されていましたが、その起源や歴史については言及されていませんでした。記録によるとアンダーソン・ロボティクスが予算オーバーと納期不足、AIソフトウェアの技術的なトレーニングの難しさを理由にプロジェクトを棚上げにした後MC&Dが2016年後半に大幅な値引きでこのアイテムを入手したようです。このアイテムは財団が介入する前は130万ポンドで販売される予定でした。

財団の買収後、SCP-5762は当初長期のシャットダウンと収容のために引き渡されました。しかし、サイト-201のアリソン・ブリーディレクターは病気の財団職員への侵襲的手術をする貴重品となることを理由に収容の移設を要求しました。テスト(下記参照)の結果、SCP-5762は任務に適していると判断され、サイト-20の第3手術室に移送され設置されました。簡略化された使用履歴のリストは下記を参照してください。

患者 手術 結果 テキスト出力
訓練用ダミー 模擬胴体銃創。SCP-5762は出血を止め、傷を洗浄して縫合する前に弾丸を取り出し損傷した組織を修復するために傷口の4インチ2の切開を実行しました。 模擬患者は最小限の損傷で生存しています。 手術は合併症もなく無事終了した。
簡略さのためにテストログを削除しました。
エージェントアリー・ソープ、37歳、女性。 気胸(左肺虚脱)。肋骨の間から胸腔内に太い針を挿入して肺を再膨張させます。 患者は問題なく生存し、完全な回復が期待されています。ブリーディレクターはSCP-5762の外傷手術でのさらなる使用を推奨しました。 患者は安定した状態だ。手術終了。
ミロ・ロドリゲス軍曹、32歳、男性。 股関節粉砕。SCP-5762は観血的整復固定術で人間のトラウマチームの手助けをしました。外科医が患部を切開し、SCP-5762がステンレス鋼板とネジに穴を開け徐々に腰の骨を再構築していきました。骨盤からの部分的な骨移植が必要となりました。外科医は傷口を洗浄して包帯を巻く前に外科用ステープラーで切開部を閉じました。 患者は比較的良好な状態で生存し、集中治療室に移動しました。完治する見込みで、デスクワークへの再配置を待っています。 患者は安定している。良い共同外科医だ。
簡略さのために4つのログを削除しました。
HMCL管理者ユスフ・カン、43歳、男性。 第2度と第3度の酸による熱傷。バイタルに問題があり、トラウマチーム到着前に直ちに介入する必要がありました。SCP-5762は患者の傷を洗浄して手当をし、損傷した部分に必要な皮膚移植を行いました。 不安定な状態の患者が熱傷病棟に移りました。状態が安定し、回復しました。SCP-5762は独立して手術することができることを証明しました。ブリーディレクターはSCP-5762に必要に応じて患者に単独手術をすることを許可することを推奨しました。 患者は生きている。誇りに思う。
簡略さのために7つ削除しました。
エージェントジェフリー・シェーファー、32歳、男性。 左膝下の外傷性切断。SCP-5762は傷口の洗浄と検査を行い、中毒性ショックが発生したことを確認しました。患者の命を救うため、足は太ももの下で切断されました。 危篤状態で一命を取り留め、集中治療室に移されました。四肢に痛みの原因が残っています。部分的な回復が予想されます。 もっとやるべきだった。十分ではない。
簡略さのために11個削除されました。
主任研究員キャロル・ウォルデン、39歳、女性。 外傷性脳損傷。SCP-5762とトラウマチームは脳が安全に膨らむように減圧式頭蓋骨切除術を行いました。SCP-5762とチームは血腫の除去と脳出血の抑制を開始しました。 患者に手術の9時間後に救命医療を行いました。合併症なく生存しました。 患者は安定した。良いチームだ。私の友達。
D-19851、23歳、男性 脾臓破裂。SCP-5762は急速脾臓摘出術を行い、体幹を切開して脾臓全体を摘出しました。 患者は良好な状態で生存し、回復のために担ぎ込まれました。 やりました。 (≧▽≦)
アリソン・ブリーディレクター、54歳、女性。 重度の内部損傷。SCP-5762はトラウマチームを率いて、手術を行うために患者の状態を十分に安定させようとしました。大量の骨折した骨の再建と骨片からの内出血の抑制が試みられました。手術開始から8時間後、胆嚢と肝臓の機能停止から始まり、心臓と脳へと続く臓器不全が発生しました。 患者は手術台の上で死亡しました。 (>へ<)

この後SCP-5762は34分間入出力コマンドや口頭でのやり取りに応答しなくなりました。この後SCP-5762は起動し、自動的にシャットダウンしました。手動で起動しようとしてもSCP-5762を起動させることはできませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。