SCP-5808
#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox22 .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}
rating: +15+x


アーカイブ済収容プロトコル

SCP-5808-1はデニス・ウェストブルック博士の保護下にあるため、完全な収容は不必要です。毎月1回SCP-5808-1の医学的評価を行い、それに続けてSCP-5808-2の状態を検査します。財団のマクシムス-507研究衛星が、サイト-51天文異常部門の監督下で常時SCP-5808-2を観測します。SCP-5808の直接的な実験は現在制限されています。全ての実験にはウェストブルック博士とサイト-51管理官の直接承認が求められます。

民間人による発見が発生した場合、天文学分野の財団資産はSCP-5808に関連する全ての発見を隠蔽および/または信用毀損します。

アーカイブ済更新記録 2019/05/22: O5司令部は現在、SCP-5808-2の無力化の提言を受け付けています。

説明

SCP-5808は、ピーター・ウェストブルック(SCP-5808-1)と、その誕生時に出現した衛星(SCP-5808-2)に影響を及ぼす天文学的な現象です。

SCP-5808-1は2009/08/25の12:13:38 GMT丁度に、身長48cm、体重4.8kgで出生しました。母親のデブラ・ウェストブルック研究員は出産時に死亡しました — 正確な死因は断定されていません。SCP-5808-1はSCP-5808-2との繋がり以外では一切の異常性を示しません。

moon.jpg

SCP-5808-2。

SCP-5808-2は2009/08/25の12:13:38 GMT丁度に、地球の約120,000km上空に出現した衛星です。出現当時のSCP-5808-2は直径~4.8mで、放射線学的な構成は地球と類似していました。毎年の8月25日、SCP-5808-2は急激に大きさを増大させます。2019/07/30時点でSCP-5808-2の測定値は直径~170mであり、これは2019/08/25に~250mに増大すると推定されています。

SCP-5808-1またはSCP-5808-2に生じた全ての物理的損傷は、他方の損傷と直接的に相関します。SCP-5808の正確な原理は現在不明ですが、ある種の異常な量子もつれだと理論上想定されています。

発見

2009/08/25、ウェストブルック博士(天文異常部門副管理官)はSCP-5808-2の出現後間もなくその存在を確認しました。この時、彼の妻であるウェストブルック研究員はサイト-51医療棟で出産していました。統計分析チームはこの出来事を、自然発生する可能性を大幅に超えた統計的異常事象としてフラグ付けしました。状況の分析が行われている間、サイト-51は一時的に封鎖され、SCP-5808-1は観察のために隔離されました。

SCP-5808-2の予備実験を行うために、高速分析ドローン(507/A)がマクシムス-507研究衛星から派遣されました。範囲内に入った507/Aは、スペクトル分析を実行するため、SCP-5808-2に貫通レーザーを投射しました。レーザーが命中した正確な瞬間、SCP-5808-1は左前腕に第3度熱傷を負い、即座に実験は中断されました。続く数週間に、低レベルの非侵襲的実験でSCP-5808の性質が明らかとなり、現在の収容プロトコルが制定されました。

無力化提言の概要

その拡張率ゆえに、SCP-5808-2は正常性への差し迫った脅威を呈します。このため、O5評議会はSCP-5808-2の無力化を、その過程でSCP-5808-1に可能な限り危害が及ばないという条件の下に承認しました。

天文異常部門 | SCP-5808提言

光屈折ドローン配列を利用して、民間社会による観測からSCP-5808-2を隠蔽する。

倫理委員会: 承認
O5司令部: 却下

理由: 一時的な対策としては可能な反面、この提言の長期的な実現可能性は低い。我々はSCP-5808-2を隠蔽するのではなく、無力化する必要がある。


収容分析部門 | SCP-5808提言

SCP-5808-1を相対性排除ゾーンに配置し、SCP-5808-2との接続を断つ。

倫理委員会: 承認
O5司令部: 承認

結果: 相対性排除ゾーンはSCP-5808に影響を及ぼさない。SCP-5808-2の研磨試験の結果、SCP-5808-1は右足首を骨折した。


弾道学部門 | SCP-5808提言

R5 “ツイン・カナリア”1をSCP-5808-2上で起爆する。

倫理委員会: 却下
O5司令部: 却下

理由: これは疑う余地なくSCP-5808-1の破壊を招く。


天文異常部門 | SCP-5808提言

Bクラス重力異常を利用して、SCP-5808-2を地球の軌道から除去し、無力化を不要にする。

倫理委員会: 承認
O5司令部: 承認

結果: 補遺“無力化イベント”を参照。

無力化イベント

2020/01/18、天文異常部門は地球の重力圏からSCP-5808-2を除去するため、SCP-████を運用しました。SCP-████が活性化した際、SCP-5808-1は合計65ヶ所の骨折、内出血、脾臓破裂、脳損傷といった、通常ならば高速衝突時に見られる類の深刻な身体傷害に見舞われました。 SCP-5808-1が負った傷害によって実験が中止されるまでに、SCP-5808-2は約1km動かされました。SCP-5808-1は危篤状態でサイト-51医療棟へ搬送されましたが、財団所属の外科医たちは容体を安定させることができました。初期実験の2時間後、ウェストブルック博士は全てのスタッフに対してSCP-5808-1の病室を退出するよう要求し、保安カメラをオフにして、自身とSCP-5808-1を室内に隔離しました。監視装置は以下の音声を検出しました。

13:12:35 GMT、SCP-5808-2は毎時0.5mの速度で着実に巨大化し始めました。無力化に失敗した後、ウェストブルック博士は自身のオフィスに閉じこもり、緊急心理カウンセリングを拒絶しました。16:30:45 GMT、保安カメラはウェストブルック博士のオフィスから発せられた1発の銃声を記録しました。

SCP-5808-2は16:30:45 GMTに即座に消失し、SCP-5808は事実上無力化されました。これを受けて天体異常部門は、自己終了以前のウェストブルック博士がSCP-5808現象の知られざる原因だったと結論付けました。この現象がどのように発生したかは現在調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。