SCP-5812
rating: -1+x

アイテム番号: SCP-5812

オブジェクトクラス: Eparch1
 
特別収容プロトコル: SCP-5812はサイト-77に収容され、当実体が発見された施設・空間は入り口に監視カメラを実装した上で封鎖されます。
 
説明: SCP-5812は全体に銀メッキが施された、プライベート用と推測される小型船舶です。モーター等の水中推進用動力源は装備されていません。特筆すべき特徴として、船体の外部にはメッキの施されていない鋼鉄製の棺が鎖で何重にも巻かれて縛りつけられています。鎖を取ることは容易と見なされていますが、棺は溶接によって開くことが物理的に不可能になっています。非破壊検査により、棺内部の内容物は以下のものであると判明しています。

  • ワイン (棺内全体を満たしている。)
  • 人型実体 (既に死亡したと見られている。)
  • 弾丸5発分
  • 木製の杭 (人型実体の胸部を貫いており、何らかのメッキが施されている。)

SCP-5812は非異常であり、他に特筆に値する特徴はありません。

SCP-5812は2022/02/10に発生した地震の際、サイト-77の地下から異音が発生したことがきっかけで発見されました。異音の原因を調査した結果、サイトの地下空間より更に30m下からハッチが発見されました。ハッチの先は廊下に繋がっており、広大な地下空間に通じていました。

当空間は重厚な鋼鉄製の扉で封鎖されていたと考えられていますが、発見時は破損していました。これは度重なる地震によって損壊したと推測されています。扉には「怪奇部門」と記されており、付近に落ちていたプラカードにはイタリア語で「傲慢たる伯爵(The Count Who is Arrogant)」と書かれていました。

SCP-5812は空間内に安置された状態で発見されました。当アノマリーが置かれていた部屋はセメントで覆われています。特記事項として、壁や天井に無数の損傷跡があります。また、SCP-5812付近には過去に財団で使用されていた型の機動部隊用ヘルメットとメモ用紙が2枚発見されました。

ヘルメットには財団の記章と未知の紋章、そして「MTF Γ-0」の記載がありました。一方、紙にはそれぞれ以下のような記載がありました。

通達: SCP-███は財団による収容がこれ以上不可能であると考えられているため、O5-11の指示の元、怪奇部門の管理下に置かれることになりました。収監と制裁は機動部隊ガンマ-0("炎の剣")が担当する予定です。

  • メインリストからの削除
  • 関連人物への記憶処理
  • 部門用データベースへの保管
  • [書き起こし不能]
  • 収監

現在までに財団が機動部隊ガンマ-0のコードネームを使用した形跡はなく、O5-11も関与を否定していることは留意すべきです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。