SCP-5862
#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}
rating: +7+x
4/5862 LEVEL 4/5862
CLASSIFIED
classified-lv4.svg
Item #: SCP-5862
Pending
部門割当 部門管理官 研究責任者 MTF割当
海洋アノマリー マリアナ・アルメイダ セサール・イリエスク博士 スティグマ-9(「自然発生した梃子と滑車、歯車より出る」)

特別収容プロトコル

SCP-5862は現在未収容であり、サイト-86のおよそ400km南/南東に位置しています。財団のコルベットであるSCPSカークがモニター及び適切な収容手順の初期研究の実施のために起用されています。

GoI-3862(「チューリングの怒り」)はSCP-5862に関連した活動の可能性のために、監視されなくてはなりません。


説明
print.jpg

SCP-5862、1671年頃

SCP-5862は17世紀のフリゲートと乗組員の総称であり、高い毒性を持つ感染源であるSCP-5862-Φに感染しています。この感染体はあらゆる非水棲の物体に影響することが観察されています。この効果はあらゆる感染した物質の細胞レベルでの破壊として発現します。

あらゆる既知の金属合金は速やかな酸化を受け、有機素材は高速で分解されます。生きた生物は速やかに発症する壊死性筋膜炎及び著しく加速した細胞の再生を発症します1

船は2本のマストを備えた、5等フリゲートであり、SCP-5862-Aと指定されています。人間の皮膚の帆、漂白した骨の柱と板、腐敗した遺体の船首の像など、船の大部分は生物由来の素材から作られています。第三次英蘭戦争で使用されるために就役したと考えられていますが、正式な記録には就役したことは記されていません。

SCP-5862-Aの現在の船長であるウィリアム・フォークナー卿は、SCP-5862-Bに指定されており、1670年代後半からその役職にあります。彼の身体は劣化が進行しており、約70%の肉は激しい腐敗を示しています。活動状態にある乗組員の大部分も同様の腐敗の状態を示しています。

補遺

発見

2012/04/13、壊れた神の教会の分派組織であり、GoI-3862に指定されている「チューリングの怒り」に潜入したエージェントからの報告により、財団はSCP-5862の存在を初めて知る事となりました。この組織は元来、既知の、カルキスト2と疑われる複数の人物への一連の襲撃を成功させ、17人の犠牲者を出したことにより、財団に知られていました。

このとき、エージェントはGoI-3862は「肉に対抗するために多大な助けとなる」サーキックの遺物に関した大規模な作戦を計画していることに気づきました。2012/04/15、エージェントは大型の異常な武器の貯蔵庫を発見し、MTFスティグマ-9(「自然発生した梃子と滑車、歯車よりいでる」)がGoI-3862の構成員を捕縛し、武器庫を押収するために起用されました。

この作戦は成功し、MTF ϛ-9がSCP-5862の襲撃の計画を回収することになりました。これらの計画では、GoI-3862がSCP-5862に何をしようとしたのかは明らかにはなりませんでしたが、SCP-5862のおおよその場所を入手することができました。

捕縛したGoI-3862のメンバーへの徹底的な尋問が行われましたが、SCP-5862に関する十分な情報は得られませんでした。捕縛されたメンバーは2012/05/23にGOCに護送されました。


追加研究

SCPF内部メモ


FROM: セサール・イリエスク博士、SCP-5862研究主任
TO: マリアナ・アルメイダ、海洋アノマリー部門管理官
DATE: 2012/05/29
RE: SCP-5862

GoI-3862から我々が得た情報は、見合うものがあったようです。

財団の監視衛星「ネモの見張り」は、SCP-5862をマーシャル諸島の南南東200kmの、南緯48°██'██.█"、西経136°██'██.█"で発見しました。私は観察と、安全と思われる場合はコンタクトを試みるという計画のもと、カークを起用して搭乗しました。

我々はおよそ24キロメートルの距離を保って彼女を6日間追跡しました。ナンゴロ艦長はSCP-5862に発見されないよう船を水平線下に留め、我々はドローンを使って隠れたまま偵察を行いました。

彼女はボロボロでした。私には一目で、彼女が我々の探しているものだとわかりました。私には彼女がどうやって浮いているのかわかりません。でも確かに浮いていたのです。SCP-5862は全く航海できるようには見えませんでした。それが水に浸かっているのを見ると、相当な水が浸水しているように感じられました。

船は、全く文字通りに、バラバラに分解しつつありました。帆柱にも、舷側にも明らかな腐敗が見て取れ、帆の残骸は糸で吊られたようでした。見た目では何なのかわからない、白い素材が多数見えました。何年にもわたる、間に合せの修理のように見えました。

7日目に、SCP-5862-Aは突然コースを変えて、我々に真っ直ぐ向かってきました。私はナンゴロ艦長に視認できる距離まで接近を許すよう指示し、2012/05/28にその状態になりました。添付したログはその後のイベントの記録です。

SCP-5862-Aはカークに50mまで接近しました。フォークナー船長が我々と会話するためだと推測されます。ナンゴロ艦長の同意の元、我々は上部甲板の船員を下げ、私が一人でフォークナー船長と会話するために出ました。

会話のログは以下になります。

我々は約1kmの距離でSCP-5862を追跡する行動に戻りました。さらなる適切な収容手順が確立するまで、観察を続ける予定です。それまでの間、SCP-5862-Aの航跡に残された、様々な脱落物のサンプルを収集し続けています。サンプルはサイト-86で分析するつもりです。それにより、SCP-5862-Φ感染体についてより詳しいことがわかるかもしれません。

その来歴について何らかを解き明かすかもしれない、さらなる文書を同封します。

セサール・イリエスク博士
SCP-5862研究主任

2012/06/06アップデート -

2012年5月31日、MTF ϛ-9がGoI-3862の小グループがSCP-5862鹵獲の2度目の試みを計画していることを報告しました。このことはイリエスク博士とカークに即座に伝えられ、襲撃に対して警戒態勢に入りました。

戦闘艦であるSCPSコンレフが進路変更し、現地へ向かいましたが、現地の極度に孤立した状況から、交戦があったとしても終結するまでには間に合わないと予測されました。

以下の書き起こしは、イリエスク博士が状況の変化を知らされてから20分以内に、カークからアップロードされたものです。

2日後、カークからもう1本の映像がアップロードされました。

アップデート - 2012/06/24
装飾された金属の筒がサイト-86のセキュリティゲートの外で発見され、以下の手書き文書が内包されていました。

第二幕: 勝利のために発ちて | 追憶のアディトゥム

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。