SCP-5918
rating: +9+x
blank.png




アイテム番号: SCP-5918

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 既知のSCP-5918は全てサイト-45のセキュリティロッカーに収容されています。SCP-5918は実験時を除いて地中に埋めないでください。また、SCP-5918及びその副生成物の消費は固く禁じられています。

説明: SCP-5918は、標準的な黒いゴミ袋に入っている約2000個のヒマワリの種です。ゴミ袋の外側に、「スペアパーツ」と書かれた白いラベルが貼られています。

SCP-5918の異常な性質は、SCP-5918が地中に埋められ最低0.5リットルの蒸留水が供給されると発現します。植えられたSCP-5918より、完全に成長したヒマワリが2時間以内に発現します。さらに、ヒマワリの生育プロセス完了から30分以内に、人間の体の一部がヒマワリの雌しべから現れます。人体のどの部位がSCP-5918から発生するかは、供給される水の量に依存します。発見された部位の一覧は下図を参照してください。

SCP-5918から発生した人体は、それらが生物に付着するまで劣化や腐敗の兆候を示しません。これらの人体は、生きた人間に近付けると新しい結合組織を生成するため、外科的手法で接合する必要はありません。取り付けられると、その色・向き・外観を対象者の身体と似るまで変化させ、対象者は取り付けられた部位を元々あった体の一部のように完全に制御する事ができます。

取り付けられた部位は、19%の確率で対象者の既存疾患を再現します。この理由は現在不明です。

発見経緯
SCP-5918は2023年10月19日、SCP-5980の回収中にニュージャージー州北部のCannibal Chin'sという飲食店から押収されました。 冷凍庫を調査したところ、SCP-5918が入っている袋だけでなく、多くの人体1が発見されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。