アパートメント5919
rating: +28+x
apartment5919.jpg

アパートメント5919。

アイテム番号: アパートメント5919

オブジェクトクラス: N/A

特別収容プロトコル: 特殊な維持管理の必要はありません。清掃は理想的には毎月1回実施すべきです。アパートへの立ち入りの許可は、アパートメント5919の担当者である指定管理人の裁量に任されています。

説明: アパートメント5919はドイツ、フランクフルト市のニーダーラート地区にある1ベッドルーム、1バスルームのアパートメントです。1984年に築造され、同年代の建造物としては平均的な状態です。

アパートメントには以下の物品が含まれています。

bedroom5919.jpg

内装。

ベッドルーム

  • ツインベッド
  • ベッドサイドテーブル
  • ドレッサー
  • ランプ
  • 目覚まし時計
  • 荷物置き

キッチン

  • ガスストーブ (コンロ2ヶ所)
  • ステンレス鋼製の流し台
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 電気ポット
  • 各種の刃物、食器、鍋、フライパン

バスルーム

  • トイレ
  • セラミック製の流し台
  • シャワー
  • 古紙バスケット

ラウンジ

  • 2人掛けソファ
  • テレビ
  • テレビ台
  • コーヒーテーブル
  • フロアラグ

アパートメント5919には、市内の他のアパートメントに予想される以上の顕著な特徴や特異性はありません。

アパートメント5919の最後の住人は2018年に転居しました。2020年1月以降は資産管理を請け負う民間組織が所有しています。

andrej5919.jpg

アンドレイ・シュレーダー。

補遺: 2020/01/22にヘッセン州警察がマイン川で回収した遺体の身元は、1948年にドレスデンで誕生したスロバキア系ドイツ人芸術家、アンドレイ・シュレーダーと特定されました。中央ヨーロッパの異常芸術界に初めて姿を現した1985年以来、シュレーダーは断続的な財団の監視下に置かれていました。

シュレーダーはフランクフルト市の工房で彫刻、金属細工、ミクストメディアの傑出したキャリアを築き上げ、2000年にパリで開催されたAWCY Millénaire?における過去15年間の回顧展(“シュレーダー: 資本、認知、強制”)で絶頂期を迎えましたが、芸術界で商品化と消費主義が増大しているという認識から徐々に幻滅していきました。彼は2009年に創作活動を完全に停止し、園芸とアウトサイダーアートの大規模なコレクションの維持管理を追求するために、フォーゲルスベルク郡の農場に転居しました。

2015年、シュレーダーの知人数名がフランクフルト市に戻った彼と再び接触しました。シュレーダーは戻った理由を、“広告とマーケティングを凌ぐ”であろう最後にして究極の“反芸術”作品に取り組むためだと述べましたが、具体的な詳細を決して明かしませんでした。彼は2017年後半にプロジェクトを完了しましたが、何を創作したかを説明できないか、もしくは説明する気がありませんでした。

シュレーダーは遺体発見の数日前から過剰に飲酒する様子を目撃されていたため、彼の死は事故と判断されましたが、ヘッセン州監察医は自殺の可能性を完全には排除できないと指摘しました。以来、アンドレイ・シュレーダーはPoI-5919に指定されています。

彼の所持品から発見された注目に値する物品は、マーシャル・カーター&ダーク社のロゴが入った1枚のカードのみでした。

ごく普通のフランクフルト市のアパートメントの見学にご招待申し上げます。

リクエストに応じて価格と住所を開示いたします。

同様のカードが、その週を通して、MC&Dから裕福かつ著名な顧客に配布されていたことが確認されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。