SCP-5923
#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}
rating: +8+x

アイテム番号: SCP-5923 Level 3/5923
オブジェクトクラス: Euclid Classified

foggyboatman.jpg

被験者のSCP-5923イベントの最初の瞬間に撮影された画像。


特別収容プロトコル:

潜入している財団エージェントはトルコ文化観光省に資金を提供し、観光地としてSCP-5923-Aを運営します。SCP-5923-Aをユネスコ世界友好と平和の村として観光客を呼び込むための偽情報をまん延させる活動を実施します。この地域の観光を奨励する宣伝活動をヨーロッパとアジアに広めます。

ガイドツアーや業者は観光活動を企画するために契約し、いくつかの住居は修復される予定です。少なくとも2人の"メンテナンス"財団エージェントが修復された住居に常駐することになっています。


説明:

SCP-5923はヨーロッパとアジア人口の特定の区分で発生する一連の異常性のある夢です: 殆どの場合社会との対立を感じていることを断言する創作者や個人が体験します。該当者の共通の心理的特徴は自分たちが自分の生きている時代や共同社会に属していないという信念を持っていることです。

SCP-5923を構成する夢は最低でも1月周期に1回発生しますが、同じ期間に10回発生する場合もあります。SCP-5923イベントの間、僅かな違いはありますが個人は一貫して以下のような一連の出来事を体験します:

  • SCP-5923イベントの最初に該当者は霧に包まれた小さな川に近づき、20世紀初頭の服を着た男に連れられてボートで渡ります。該当者は男の特徴を覚えることができません。
  • 川を渡ると、該当者は霧に包まれた石造りの大きな町に到着します。
  • この町の通りに沿って動く人影は該当者を意識していないように見えます。SCP-5923-1と名付けられたこれらの人物は識別できる特徴を持たず、有生の影のように見えます。
  • 該当者は町の通りを歩き、最終的には古いギリシャ正教会がそびえ立っている中央の町の広場に到着します。
  • 教会の階段の上には、煌びやかに輝いている白いフード付きのローブを身にまとっている性差のない人物がいます。その人物は該当者が近づくと立ち上がって手を取り、教会の中へと案内します。
  • 輝いている人物は該当者と話していますが、該当者への言葉の唯一の一貫した特徴は"私の所へきて属しなさい。"というフレーズです。

SCP-5923イベントを経験した約26%がこれらの事象が発生している間、持続的な切望を望んでいます。1SCP-5923イベントの長さにはばらつきがあることが分かっています; 事象を経験した該当者の中には短時間しか経験しない人もいれば、数ヶ月または数年に渡って一貫して経験する人もいます。

明らかになった1つのパターンは、SCP-5923が犯罪歴のある個人や社会的に共同社会から排除されている個人に発生したことが記録されたことがないということです。SCP-5923イベントを経験した該当者は通常、共同社会や特定の職業でいい評価を得ています。


発見: SCP-5923はトルコの有名な20世紀の詩人ネイゼン・テヴィクの1931年の未発表の詩"我が家"に最初に記録されました。以下はトルコ語から翻訳した抜粋です。

霧が心を包み
丸石が私を呼んでいる
輝ける守護者よ
あなたの教会は何処にあるのだ
夢村の石に幸あれ2

20世紀の多数の個人的な日記、治療記録、創作者による公の声明を相互参照した結果、数千人の人々がSCP-5923イベントを経験したことが明らかになりました。

1999年、ジョカスタ・ロッシ博士は機密情報取扱許可を得た治療士に繰り返し見る夢を報告しました。治療士の助言と夢の頻度からロッシ博士は事象の調査を開始し、SCP-5923イベントを経験していることを確認しました。彼女の報告を受けてO5司令部は試作品の脳感覚可視化記録装置の使用を許可しました。3以下は記録されたSCP-5923イベントの記録です。



SCP-5923イベントの記述とロッシ博士の経験の記録を相互参照してこの地域がトルコのカヤキョイ村であることが確認されて以来、SCP-5923-Aと名付けられました。

SCP-5923-Aは希土戦争が終結し、両国間の住民交換を要求する条約が結ばれた後1923年から放棄されています。この村にはギリシャへの移住を余儀なくされたギリシャ系の家族が多く住んでいました。村はかなりの荒廃状態にあります; 500以上の建物は屋根なしとはいえ、まだ建っています。

kayakoy.jpg

トルコ、カヤキョイの廃村。


1999年12月22日、機動部隊ベータ-777("ヘカテーの槍")がSCP-5923-Aに関する情報収集のために動員されました。更に、数名のサイオニック8も偵察のために動員されました。マリア・ウォルサム隊長がこの任務を指揮していました。トルコ安全保障局内に潜入しているエージェントが地域内の地殻変動に関する嘘の報告をして、機動部隊は遺跡の損害評価を装って動員されました。

SCP-5923-Aは廃村であることが確認され、中に生命体はいませんでした。アキヴァの測定値は正常で、遺跡内に異常性のあるエネルギーの痕跡は見られませんでした。サイオニックと共振した唯一の構造物は村の中心部にある教会の廃墟でした。教会と広場の両方が精神的ショックの著しい残余を残し、深い孤独と道に迷ったときの感情に似ています。

4時間後、司令部は機動部隊の隊長が部隊からはぐれてしまったため探査を中止しました。遺跡をくまなく捜索しても彼女の位置は分からず、応答装置からの信号も受信できませんでした。




ウォルサム隊長はSCP-5923-Aに通じる脇道を彷徨っているのを発見されました。彼女は脱水症状と栄養失調、目眩を起こしていましたが、それ以外は無傷でした。

彼女の報告の後、現在の特別収容プロトコルが実施されました。現在まで、SCP-5923イベントがまた発生したことはありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。