SCP-5987
rating: +23+x
blank.png

財団記録情報セキュリティ管理室(RAISA)による通知

以下のファイルは、全米確保収容イニシアチブが後世のために保存したファイルのデジタルコピーです。このファイルに基づく行動の際には、現地のHCML管理官に相談して下さい。

— RAISA管理官 マリアジョーンズ

アイテム番号: 6789-AH

オブジェクトクラス: 人間型 オントキネティック (推定)

脅威レベル: 現在非脅威

ASCI収容プロトコル: 6789-AHの首には1万フランの懸賞金がかけられ、乗員一人につき100フランが追加されます。ナポレオン皇帝の軍事行動による行政複雑化で、ASCIはエステート・ノワールへの援助を阻まれているため、フランスでの6789-AHに関する活動には仲介人を通した上で行って下さい。

説明: 6789-AHはDuc de Dantzigのフランス人船長であるフランソワ・アレグノーです。その能力の詳細は不明ですが、当該人物は広く知られた超自然的存在であると考えられています。6789-AHは、視界内の船舶の帆や索具を操作し、進路を物理的に制御する能力を持つことが観測されています。6789-AHはこの能力を利用し、船舶とその船員を座礁、もしくは岩に衝突させ、搭載されていた財宝を収集します。

この能力によって、6789-AHは10年以内に30以上の軍船及び商船を拿捕し、フランス認可の私掠船船長として大成功を収めました。当該人物が海上にいる場合の確保は推奨されません。担当者は6789-AHの下船まで待機し、その後Duc de Dantzigを可能な限り素早く沈没させ、脱出手段を断って下さい。

14/12/1812: 1812年の12月、フランスの地方紙に海軍艦船とDuc de Dantzigの遭遇についての記事が掲載されました。第二次独立戦争のため、事件の精査および完全な検証は不可能でした。

昨夜遅くに船が海に浮かんでおり、どこへ向くことなく波に揺られているように見えた。乗組員へ連絡を取った。彼らが善良で礼儀正しいフランス人だったら、どのような苦境にあろうとも助けようと思ったが、彼らが海賊だったら、より悪い目に会わせてやろうかと思っていた。

近づいていくと、船は驚くほどに静かであり、また万全の状態にあった。小競り合いの痕跡や嵐の影響はなかった。乗船部隊をその船の側に近づけ、私から初めに乗り込んだ。

甲板は夥しい量の血で汚れていた。最低でも50人以上の乗組員全員が惨殺されたようだった。何人かの男は晒しものの罪人のようにロープに宙づりになっており、他は内臓を飛び散らせて横たわっていた。そして多くの死体は、砲弾を自ら頭に発射してめり込ませていた。船長服を着た一人の男(死臭を放っていた)が、手足に剣を磔のように刺され、メインマストに打ち付けられていた。

船倉内の血まみれの文書によって、この船が有名な私掠船であるDuc de Dantzigであることが判明した。少し前に行方不明になっていたが、ここに再び現れたのだ。何が起こったのだろうか?船員が怒りのあまり船長を打倒したのか?しかし、なぜこのような方法で自らを滅ぼしたのか?

フランシスは船舶を燃やすことを決定し、私は心から賛成した。いかなる悪がそこにあろうとも、永遠に葬るのが最適だ。

上記に基づくと、ASCI司令部の見解では、6789-AHに対する反乱が発生し、能力を用いて船員を死なせる以前に殺害されたと考えられています。Duc de Dantzigの他の乗組員が同様の能力を所持していた可能性は否定されていません。

6789-AHの死亡に伴い、ミッションは停止しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。