SCP-6047



rating: +27+x
blank.png
アイテム番号: 6047
レベル1
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

hand_comp.png

最初の発見時に撮影されたSCP-6047。

特別収容プロトコル: SCP-6047はサイト-228に位置する標準生物実体収容ユニットに収容されます。SCP-6407は職員との遊戯活動を楽しんでおり、実体との日常的な交流が許可されています。

補遺6047.2に詳述されたイベントを考慮し、男性はSCP-6407と交流せず、すべての管理業務は女性職員により遂行されなければなりません。SCP-6047-A実体は職員による管理の必要はありません。

説明: SCP-6047は故ジャクリーン・ヴァルツァーから分離した右手です。手首から切断され、その基部は皮膚で覆われています。SCP-6047は不明な手段によって生存しており、視覚器官が欠けているにもかかわらず周囲の状況を感知します。移動やその他作業に五指を使用する能力を有します。

SCP-6047-AはSCP-6047と同様に活動するやや小さい実例群です。しかし、それらの能力はSCP-6047に劣るようです。

発見: ルーカス・ヴァルツァー、ジャクリーン・ヴァルツァー夫妻の失踪に関する調査の後、SCP-6047が財団の注意を惹きました。現地当局が彼らの住居に立ち入り、地下室で両名の死体を発見しました。

特筆すべきことにヴァルツァー夫人は右手が欠損した状態でした。現場を「歩いて逃げ回る手」に言及する警察からの報告に加え、奇跡論儀式に関係する複数の文書と道具の発見を受けて財団職員が捜査を引き継ぎました。当該アノマリーは回収され、適切な記憶処理措置が取られました。

文書には情報災害が埋め込まれており、これは閲覧者に任意の奇跡論のテーマに沿ったテキストを閲覧していると思わせる物であることが財団の奇跡論学者の調査により明らかになりました。1精密な知覚フィルタリングにより、当文書は完全に白紙であると判明しました。

補遺6047.1: 以下は住居から発見、回収されたジャクリーン・ヴァルツァーの日記における最新の記述です。

補遺6047.2 (インシデント報告): 最初の収容から1週間後、SCP-6047の管理責任を負っていたマシュー・チェン博士がSCP-6047の収容ユニットに入ったところ、実体は通常よりはるかに不安定で愛情深い態度を示しました。SCP-6047はチェン博士の左手にきつく握り付きました。数分後に到着した警備員の助力でチェン博士からSCP-6047が引き離されました。その後インシデントの影響を分析するためにチェン博士は医務室へ搬送されましたが、彼にはいかなる異状も発見されませんでした。

その後9時間かけてSCP-6047の手の平で嚢胞に類似する腫瘍が増殖し始め、実体は通常より不活発になりました。当該アノマリーを担当する研究員らは増殖速度の加速を懸念し、原因を究明するため緊急プロトコルが計画されました。しかしプロトコルに先んじて研究員らは嚢内に活動物が存在することを発見しました。数分後、SCP-6047は痙攣し始め、腫瘍が決壊して内容物が流出しました。羊水と成分が一致する液体と、SCP-6047と概ね同箇所で切断された2つの手が回収されました。

当該実体らは新生児の手に類似し、生物学的に女性であると確認されました。遺伝子検査から、生物学上の父親がチェン博士であることが判明しました。実体らはSCP-6047-A実例として分類され、SCP-6047の収容プロトコルが改定されました。それらはSCP-6047と同ユニットに収容され、SCP-6047が世話をする様子が観察されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。