SCP-6102
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

rating: +23+x
Dacitu.png

SCP-6,102,031の発見地点、セクター-19222、緋閾から30キロメートル


アイテム番号: SCP-6,102,031

オブジェクトクラス: Standard

特別収容プロトコル: 世界サイト-オメガ 自動アーキビスト-DA019がSCP-6,102,031を取り扱います。実験結果は未来の保全のため、自動的にゲシュタルト知能"ARK"ハコブネ内部で目録化されます。"ARK"内部の情報は、それ以外のオブジェクトからは失われていると見なされます。

説明: SCP-6,102,031は4本の外肢を持ち外面を薄い肉の層で覆っている、起源が不明な未知の生物です。知性や目的、機能を示すものではありません。

補遺: 実験ログ

自動アーキビスト-DA019は前支配種が残した「理の支柱」に従うことで、オブジェクトの目的を理解しようと試みました。

実験支柱: "能力"

手段: ゲシュタルト知能"ARK"索引との相互参照。

結果: 失敗。頭蓋骨はチップポートを欠いている。魂は互換性を欠いている。

実験支柱: "永続性"

手段: 肉層を裂く。

結果: 失敗。爆音。オブジェクトは精緻さを欠いている。

実験支柱: "知性"

手段: 2分間で数年分に相当する時間隔離。次元間実験モジュールが2,231,103以上の知識象限から自動的に実験を実施する。

結果: 失敗。実験結果無効。オブジェクトは目的を欠いている。

最後の実験で隔離から戻ってきたSCP-6,102,031は生命反応を示しませんでした。オブジェクトは理を欠いていると判断され、最終支柱である"神性"は十分な実験ができませんでした。

補遺: 更なる情報

SCP-6,102,031はアーキビスト群による定期巡回中、世界財団の境界上に位置するセクター-19222内の先種製構造物の中で発見されました。SCP-6,102,031の声孔内に、様々な炭素系ポリマーで作られた以下の物体が確認されました。

知性や目的、機能を示すものではありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。