SCP-6130
評価: +28+x
scp-6130.jpg

SCP-6130のデータの解釈に使用される改造ベクトルスコープ。

アイテム番号: SCP-6130

オブジェクトクラス: Safe (旧 Thaumiel)

特別収容プロトコル: SCP-6130の機能性は無期限に維持されます。毎年1回、地球外サイトに駐留している職員がSCP-6130を検査し、不正確な結果を出力し得る故障や欠陥が無いかを確認します。

SCP-6130によって提示されたデータの内容に鑑みて、当ファイルの閲覧はクリアランス5/DoTT職員に制限されます。

説明: SCP-6130は戦術神学部門が1988年に開発した電子装置です。約1.5立方メートルで、アキヴァ放射線に関する情報を遠隔から記録するために設計された各種機器を搭載しています1。SCP-6130の主な目的は、放出されるアキヴァ放射線の“電荷”を利用し、ある個人の宗教によって定められた相対的な道徳基準に従って、その人物の相対的な神聖度を断定することです2

ネオペイガニズム部門長 アストリッド・ニルソンが著したアキヴァ粒子に関する論文で、彼女は次のように仮定しました。

[. . .] しかし、アキヴァ粒子の電荷に対するこの理解が正確であるならば (証拠は正しいことを示唆しているが) 、当然これは — 何らかの形で来世が存在すると仮定して — [SCP-6130]を使用し、ある人物がどのような来世に到達するかを断定可能だということになる。

1991年にムハンマド・アル=タキ部門長に提示された後、SCP-6130の入力範囲を拡張するための改造を施すことが承認されました。このプロジェクトは1992年に (様々な懸念や神学的影響を受けて) 更なる資金投入が行われ、先行論文の仮定を裏付けるための科学的理論を伴なって1994年に完了しました。1995年、SCP-6130は衛星軌道上へと成功裏に打ち上げられ、地球全体を障害物無しに観測できる視点を確保しました。


補遺


1995年以来、SCP-6130の入力データは事前の予想通り、一貫した変動状態にあります。しかしながら、利用可能なあらゆるモデルを用いた客観的データ分析において、SCP-6130の最終結果は最初の観測以来、完全に均一です。

SCP-6130 結果 概要

5/DOTTクリアランスのみ

データは口語表現の下に 陽性/中性/陰性/その他 に分類されています

各宗教におけるそれらとの同等概念は記載されておらず、近似する出力結果に含まれています

SCP-6130データの分析は、人類に予測される来世の下記ステータスを、確実性 99.8% と結論付けています

天国

約 0.0000%

煉獄

約 0.0000%

その他

約 0.0000%

地獄

約 100.0000%

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。