SCP-6133
rating: +11+x

アノマリー番号: SCP-6133

アノマリークラス: Euclid

特別収容プロトコル: ヴィッカースシップビルディングアンドエンジニアリングの造船所は、財団フロント企業により購入され接収されました。資産は私服セキュリティーエージェントが巡回しています。

船舶がエリアのドックに入ることを防ぐため、ブイが並べられて海辺の外周に設備されています。各ブイは外装にソナーシステムおよびカメラシステムが埋め込まれています。

SCP-6133の入場口は錠が掛けられ、窓は黒色のプライバシーフィルムが装着されました。

説明: SCP-6133は、灰色に塗色された木製の監視塔であり、手すりに1つのランタンが吊り下げられています。SCP-6133は造船所のボードウォークのすぐ横に位置しています。建造物には、ボードウォークに面する扉と、海に面する大きな窓があります。

扉の横にはプラカードがあり、そこには「SCP財団怪奇部門」と書かれています。プラカードは、風による侵食で極度に損傷しています。

SCP-6133に入り、扉を閉じると、窓から見える景色は即座に変化します。窓の外を見た職員は、景色が霧がかった夜になり、ボードウォークは廃墟になると報告します。

不定の時間経過したのち、SCP-6133-1実例が出現します。

SCP-6133-1実例は、様々な種類の船舶です。大半のSCP-6133-1実例は、霧中から出現し、ボードウォークの横に接岸し、短時間休息したのち出発します。頻出する実例のリストは以下の通りです。

SCP-6133-A 完璧な状態のジャコビアン時代の大型帆船。注目すべきことに、SCP-6133-Aは他のSCP-6133-1実例よりも非常に遠くにあり、ボードウォークに決して接近せず、その代わりに徐々に海に沈んでいる。
SCP-6133-B 外装全体に顕著な焼損のあるスペインのガリオン船。帆も同様に焼けている。SCP-6133-Bの出現を目撃した職員は、破砕する音ときらめく音ののち静かになることを報告する。
SCP-6133-C 外装を通して穴や裂傷のある私掠船。これは戦闘時の損傷であると推測される。時おり、SCP-6133-C1と指定された実体が、船の前方からのぞき見る。SCP-6133-C1は、眼窩および頬骨を骨折した年配の女性に類似する。SCP-6133-C1は、内部にいる職員とのコミュニケーションを試みていない。
SCP-6133-D ヒトの血液のようなものに覆われた、イギリス王立海軍のB級潜水艦。竜骨周囲の損傷のため、SCP-6133-Dは方向転換や停止が困難である。それはドックに軽く衝突したのち、潮の動きにより流される。
SCP-6133-E 捕鯨船に類似する生物力学的構造体。外装は、重度に酸化した金属と劣化したクジラ皮の混合物で構成される。船体は、Megaptera novaeangliae(ザトウクジラ)の口で置換されている。最初の出現の間に、SCP-6133-Eは、クジラのコール音に類似する音を出したのち、ボードウォークの横に停止する。この船は口を開閉し、再び霧笛を吹いたのち、出発する。
SCP-6133-F 貨物船の形に配置された、大質量の組織、皮膚、歯。SCP-6133-Fは、他のSCP-6133-1実例のように霧中から出現するのではなく、代わりに職員が窓に注意を払っていないか、目を離しているときに出現する。職員は、SCP-6133-Fが消失するまでに船体の大きな口様の開口部を通して「叫ぶ」ことを報告する。消失は、典型的には職員が目を閉じたか他に視界が妨げられたのちに行われる。SCP-6133-Fの音声記録や映像記録を作成する試みは失敗している。

SCP-6133の異常な性質がどのように発現するかは現在不確実です。霊障、ミーム感染、時空間的逸脱は、監視塔や周囲のエリアにおいて記録されていません。

インシデントレポート: SCP-6133収容プロトコルが施行された直後、1隻のトロール漁船がボードウォークに接近し、SCP-6133の前に停泊しました。その出現がサイト司令部に報告されたのち、セキュリティーチームはその船に乗り込むことを許可されました。

トロール漁船の内部は外装よりも重度に劣悪な状況であり、極度に酸化しており海図システムを欠いていました。その時乗船していた人物は存在しませんでしたが、正面の窓のほこりに書かれていたものが発見されました。

我々は夜闇に行き交った。我々は幸せであった。

チームが退出しボードウォークに降りたとき、即座にトロール漁船が消失したことが認知されました。チームは、その出発する音を聞いておらず、造船所からの発進を見ていないと報告しています。収容プロトコルが改訂されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。