SCP-6150
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

評価: +20+x

voskhod.jpg

SCP-6150。

特別収容プロトコル: 1人の警備員がSCP-6150の収容室を監視します。SCP-6150を開けようとする試みは禁止されています。


説明: SCP-6150は、ボスホート-3KV宇宙船の再突入モジュールであり、外部に重大な損傷を受けています。モジュールにある全ての開口部は、金属製の器具によって溶接され、閉じられています。また、不透明な物質が内側から全ての窓を覆っています。

時折、金属を叩くような音、ひっかくような音、苦しむようなロシア語や叫びによって助けを求めるくぐもった声が当該オブジェクトから発せられます。これらの音は不定の時間が経過することで収まり、いかなる刺激にも反応しませんでした。

SCP-6150は、バイコヌール宇宙基地近くの放棄された施設で財団職員に発見されました。施設内部は甚大な火災被害を受けたことを示していました。施設に残っている文書や財団の管理下にある文書はありませんが、入り口の壁にスプレーで書かれたメッセージが発見されました:

ВОСКОД 31

Кодовое имя: ПОРОГ2


補遺6150.1: 解析

当該オブジェクト内部をスキャンすると、一貫性のない結果が得られます。添付画像をご覧ください。

scan-1.jpg
scan-2.jpg
scan-3.jpg
scan-4.jpg
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。