SCP-6261
/*
    Simple Yonder Theme
    [2020 Wikidot Theme]
    By EstrellaYoshte
    Based on:
        Sigma-9 Theme by Aelanna and Dr Devan
        Y2K Theme by etoisle
        Anderson Robotics Theme by Croquembouche
        Minimal Theme Theme by stormbreath
        Word Processing Theme by stormbreath
        Flopstyle CSS by Lt Flops
 
    Edited for SCP-JP by ukwhatn
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Open+Sans&display=swap');
@import url('https://fontlibrary.org/face/glacial-indifference');
 
body {
    background-attachment: fixed;
    color: #000000;
    font-family: 'Open Sans', sans-serif;
    font-size: 14.3px;
    word-break: unset;
    --themeColor: #7E2520;
    --accentColor: #E53C35;
}
 
a {
    color: rgb(229, 60, 53);
}
 
a:visited {
    color: rgb(126, 37, 32);
}
 
h1,
h2,
h3,
h4,
h5,
h6 {
    color: #7E2520;
    font-family: 'GlacialIndifferenceRegular';
    font-weight: bold;
}
 
#account-topbutton{
    border: 0px solid #000;
}
 
/* ---- PAGE WRAP ---- */
 div#container-wrap{
     background-image: url(http://scp-jp.wikidot.com/local--files/theme:simple-yonder/bg.png);
     background-repeat: repeat-x;
}
 
div#header {
    background-image: url(http://scp-jp.wdfiles.com/local--files/theme%3Asimple-yonder/logo.png);
    background-size: 12.5%;
}
 
#page-title {
    font-family: 'GlacialIndifferenceRegular';
    font-weight: bold;
    color: #7E2520;
}
 
#login-status,
#login-status a {
    color: white;
    font-weight: bold;
}
 
#footer {
    background: transparent;
}
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus,
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: none;
    background: #282828;
    box-shadow: none;
    border-radius: 2px;
    color: #f4f4f4;
}
 
#search-top-box input.empty {
    color: #bbbbbb;
}
 
div#header h1 a span {
    font-family: 'GlacialIndifferenceBold';
    font-weight: bold;
    color: #f4f4f4;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
}
div#header h2 span {
    font-family: 'Open Sans', sans-serif;
    font-weight: bold;
    color: #f4f4f4;
    padding: 17px 0;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
    white-space: pre;
}
 
.scp-image-block.block-right {
    margin: 0 2em 1em;
}
 
@media (min-width: 767px) {
     #header {
             background-position: 0em 1.7em;
     }
}
 
/* ---- SIDE BAR ---- */
 
#side-bar .side-block {
    border: #ffffff 4px;
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    background: #ffffff !important;
    padding: 2px;
}
#side-bar .heading {
    border: none;
    border-radius: 0;
    color: #282828;
    font-size: 1.2em;
    padding: 1em 1em 0 0;
    border-top: 1px solid rgba(0,0,0,.12);
    margin: 1em calc(-1em + 2px) 1em 0;
    font-weight: normal;
}
 
#side-bar .menu-item > a:hover {
    background-color: rgba(0,0,0,0.04);
    color: #E53C35;
    text-decoration: none;
}
 
div.open-menu a {
    border-radius: 0;
    box-shadow: 0px 1px 4px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2), 0px 3px 10px 0 rgba(0, 0, 0, 0.19);
    color: #7E2520!important;
    border: none!important;
}
 
#side-bar a:visited,
#top-bar a,
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a,
#login-status ul a,
#login-status ul a:hover {
    color: #7E2520;
}
 
@media (max-width: 767px) {
    #main-content {
        padding: 0;
        margin: 0 5%;
        border-left: none;
    }
    #page-title {
        margin-top: 0.7em;
    }
    #side-bar {
        background-color: #fff;
        left: -23em;
    }
    #side-bar:target {
        border: none;
        box-shadow: 3px 0 1px -2px rgba(0,0,0,0.04), 1px 0 5px 0 rgba(0,0,0,0.2);
    }
    #side-bar .close-menu {
        transition: width 0.5s ease-in-out 0.1s,
                    opacity 1s ease-in-out 0s;
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        right: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3);
        background-position: 19em 50%;
        z-index: -1;
        opacity: 0;
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:target .close-menu {
        width: calc(100% - 19em);
        right: 0;
        left: auto;
        opacity: 1;
        pointer-events: auto;
    }
    #page-content > hr, #page-content > .list-pages-box > .list-pages-item > hr {
        margin: 3em -5.5%;
    }
    #breadcrumbs {
        position: relative;
        top: 0;
        font-style: italic;
    }
    #side-bar {
        top: 0;
    }
    #side-bar .heading {
        padding-left: 1em;
        margin-left: -1em;
    }
    #search-top-box {
        top: 107px;
    }
}
 
/* ---- TABS ---- */
 
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: #7E2520; /* color between tab list and content */
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background: white; /* tab background */
    border-color: transparent;
    color: black;
    transition: 0.125s;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em {
    background: #f4f4f4;
    box-shadow: 0px 0px 0px rgba(0,0,0,0);
    border-color: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background: white; /* selected tab background */
    color: #7E2520;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border-color: transparent;
    box-shadow: 0px 1px 2px 0.5px rgba(0,0,0,0.5);
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background: #f4f4f4; /* content background color */
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    border-color: transparent; /* content border */
    border-top-color: transparent; /* different border color */
}
 
.yui-navset-left .yui-content {
    border-left-color: #b7a9a9; /* different border color */
}
 
/* ---- TOP MENU ---- */
 
#top-bar a {
    color: #f4f4f4;
    font-weight: normal;
}
 
/* ---- INFO BAR ---- */
 body{
     --barColour: rgb(126, 37, 32);
}
 
 .info-container .collapsible-block-content{
     padding: 0 .5em 30px;
}
 .info-container .collapsible-block-content .wiki-content-table{
     width: 100%;
}
 
/* ---- INFO PANE ---- */
 
#page-content .creditRate{
     margin: unset;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #ffffff!important;
    border: solid 1px white!important;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info {
    border: none;
    color: #7E2520!important;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
    background: #ffffff;
    color: #E53C35!important;
}
 
.rate-box-with-credit-button .cancel {
    border: solid 1px white;
}
 
/* ---- PAGE RATING ---- */
 
.page-rate-widget-box {
    box-shadow: none;
    margin: unset;
}
 
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: white !important;
    color: #7E2520 !important;
    border: solid 1px white;
}
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: white;
    border-top: solid 1px white;
    border-bottom: solid 1px white;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: #7E2520;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: white;
    color: #E53C35;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background: transparent;
    background-color: white;
    border: solid 1px white;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #7E2520;
}
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: white;
    color: #E53C35;
}
 
/* ---- PAGE ELEMENTS ---- */
 
#page-content .wiki-content-table tr th {
    border: solid 1px #bbbbbb;
    background-color: #f4f4f4;
    /* set border for table title */
}
 
#page-content .wiki-content-table tr td {
    border: solid 1px #bbbbbb;
    /* set border for table content */
}
 
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: #f4f4f4;
     border: solid 1px #bbbbbb;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px #bbbbbb;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: #f4f4f4;
    border-top: solid 1px #bbbbbb;
    color: black;
}
 
/* JP ONLY */
/* Credit */
#page-content .page-rate-widget-box .rate-points {
    font-family: "Open Sans", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Meiryo, メイリオ, Osaka, "MS PGothic", arial, helvetica, sans-serif;
    font-size: unset;
    padding: 0 5px;
}
 
#page-content .page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #7E2520;
}
 
#page-content .page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    color: #E53C35;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton {
    background-color: transparent;
    border: none;
    box-shadow: none;
    margin-left: unset;
}
rating: +15+x
blank.png
krakenattackspecs.png

SCP-6261-1の画面。“プレイヤーキャラクター”が“クラーケン”から“ティレシアスの眼鏡”を回収しようとしている。

アイテム番号: SCP-6261

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: 6261-1を含むオリジナルの開発キットはサイト-106の低価値品保管庫に収容されています。アルカディアに関連する他のアノマリーが表面化しつつあり、財団職員は典型的にインタラクティブな娯楽分野に習熟していない傾向があるため、職員はSCP-6261との交流を通してビデオゲームへの親和性を深めることを推奨されています。

SCP-6261-2はサイト-106の高価値文書保管庫に収容されています。SCP-6261-2のアートワークと文章に含まれる全ての奇跡儀式を解読する努力が進行中です。これらの儀式による生成物や副産物は直ちに高価値品収容の対象となり、起源特定・収容副部門によって検査されます。

説明: SCP-6261は1984年、財団が倒産しつつある要注意企業 “アルカディア” の一部資産の戦略的購入を通して入手した2点のアイテムの総称です。全てのアイテムは開発中止となったビデオゲーム “メイジクエスト” シリーズに関連しています。

SCP-6261-1はアタリ2600開発キットに含まれている “メイジクエスト: キルケーの牢獄” というタイトルのソフトウェアです。SCP-6261-1は“アドベンチャー”ジャンルのビデオゲームであり、ゲームで遊んでいる人物のデジタル表現 (通称“プレイヤーキャラクター”) を操作してアイアイエー島を探索し、ギリシャ神話のキルケーを表す実体 (“ノンプレイヤーキャラクター”) を発見、打倒することを目的としています。この“ノンプレイヤーキャラクター”実体はプレイヤーに対して積極的に敵対し、アイアイエー島各所の様々な障害物 (“トラップ”) や敵性実体 (“モンスター”) を使って排除しようと試みることから、ある種の意識を有すると考えられています。

説明書によると、SCP-6261-1を完全攻略するためには、アイアイエー島に散在する“神話の宝物”10個を回収してから、島の中心部にある湖へ向かい、キルケー本人と対面する必要があります。しかしながら、“モンスター” — ケンタウロス、ハーピー、クラーケン、イノシシなど — の攻撃を3回受けると、プレイヤーキャラクターがブタに変えられる“ゲームオーバー”状態になります。SCP-6261-1の“ゲームオーバー”画面は軽度の認識災害であり、曝露者は甲高い鳴き声を上げる、四足歩行を試みる、非食用物を摂取しようとするなどの行動を示し始めます。これらの行動は30〜90分で収まります。現在まで、SCP-6261-1を完全攻略した財団職員はいません。

gameoverscreen.png

SCP-6261の“ゲームオーバー”画面。複製画像は認識災害を伴わない。

SCP-6261-1には幾つかの補足資料が存在します。これらの中で最も重要なのが、SCP-6261-2と指定される漫画本です。SCP-6261-2はホメーロスの叙事詩 “オデュッセイア” における、オデュッセウスと仲間の船員たちがアイアイエー島に漂着したエピソードの改作であり、ブタに変えられたオデュッセウスの仲間たちを料理して食べるという計画を阻止できるかどうか、キルケーが読者に挑戦を持ちかけるクリフハンガー形式の結末となっています。

SCP-6261-1の説明書は、このゲームがSCP-6261-2との相互作用を意図して作られたことを示します。SCP-6261-1のゲームプレイ中には、SCP-6261-2のページやそこに含まれる特定のコマに対応した数字が表示され、秘密のメッセージの一部である隠された単語を指し示します。

実際には、SCP-6261-2は複数の奇跡論的な儀式が収録された異常な写本です。SCP-6261-1が指し示す単語を正しい順序に書き起こすか、声に出して読み上げると、儀式のうち1種類が発動します。個々の単語や、不正確な順序で述べられた呪文は、如何なる効果も及ぼしません。

補遺: “メイジクエスト”コンテスト: 回収された“メイジクエスト”シリーズ関連の販促資料によると、SCP-6261-1は元々、アルカディアが後援するコンテストの出発点として設計されたゲームでした。“メイジクエスト: 権能のアーティファクトコンテスト”と題された問題のコンテストの参加者は、同シリーズから発売予定だったゲーム4作をプレイし、ゲームと同梱の漫画本の両方に“隠された手掛かり”を使って“神秘的な秘密を暴き、素晴らしい宝物を勝ち取る”必要がありました。予定されていた“宝物”には24カラットの銀細工の御守り、18カラットの純金の玉、白翡翠のネックレス、勝者の誕生石を嵌め込んだ指輪などが含まれていました。

現在、アルカディアはSCP-6261-2として改作された魔術書の原本を入手しており、SCP-6261-1はアルカディアが原本から発見できなかった特定の一儀式をSCP-6261-2から引き出すために作られたと考えられています。実質的に、“権能のアーティファクトコンテスト”は、個々の儀式を1つずつ確認するよりも、数千人にSCP-6261-1をプレイさせて実行可能な儀式を全て試させる方が効率的だという理由から、アルカディアの顧客層を使って目的の儀式を特定するために計画されていました。

実験ログ: 回収以来、調達・清算部門 (P&L) の職員はSCP-6261-1に“勝利”しようと試み続けていました。以下は特筆すべき試行の記録です。

操作者: エージェント マーカス・ヒューム

プレイ内容の説明: ゲームは通常通り、アイアイエー島の西海岸から始まった。ヒュームは10個の宝物のうち3個を回収し、表示されたSCP-6261-2の単語を書き留めた。

7単語の文章が完成すると、ヒュームがそれを書き留めた紙が帯電し始め、サイト-106全域の停電を引き起こし、その過程でSCP-6261-1の電源が切れた。SCP-6261-1は再起動後もヒュームの入力に反応しなかった。

操作者: エージェント ルネ・ウォーカー

tararus.png

エージェント ウォーカーが遭遇した“タルタロス”の入口が表示されている画面。

プレイ内容の説明: ウォーカーが4個目の宝物を回収するために“タルタロス”エリアに入るまで、ゲームは通常通り進行した。“ 7 ”及び“ 4 ”という数字が画面上部に表示され、SCP-6261-2の7ページ・4コマ目を示した。このパネルには“交流する”communicateという単語が隠されていた。

精神感応者テレパスであるウォーカーは、SCP-6261-1との精神的な通信を確立しようと試みた。彼はツルボラン属 (Asphodelus) の花のイメージを受信したと報告したが、それ以上の有意義な意思疎通は為されなかった。SCP-6261-1はそれ自体が知性体であるか、もしくは知性体を内包していると推測される。

タルタロスとその中の宝物は、ケルベロスによって守られていた。ウォーカーはケルベロスの突破に失敗し、ゲームオーバー画面になった。ゲームオーバー映像を見たウォーカーは62分間にわたって異常な行動を示した。

操作者: エージェント シンシア・シュール

gameglitch.png

エージェント シュールが経験した色調反転。この画像では、プレイヤーキャラクターは水上に立っている。

プレイ内容の説明: シュールはアイアイエー島の西海岸から海に歩いて入ろうと試み、ゲーム中の他全ての水場とは違って、そこが通行可能だと気付いた。西に向かって歩くと、10個の宝物のうち1個が発見され、“ 10 ”及び“ 3 ”の数字が表示された。対応するコマの単語は“手助け”assistだった。

シュールがSCP-6261-2から得られた3つの単語を書き留めると、ゲームマップの色調が反転した。一部の色はアタリ2600のカラープロセッサが対応していないものだった。これは必然的にゲームの進行を困難にしたが、スイッチを使ってコンソールの設定をリセットすることで問題は解決した。しかしながら、その結果、シュールの進捗状況は振り出しに戻った。

前回の実験と同様に、シュールはケルベロスを突破できず、タルタロスで“ゲームオーバー”画面になった。異常行動が39分間続いたのに加えて、シュールが有する発火能力パイロキネシスの制御が認識災害によって一時的に阻害されたため、軽微な能力暴発が発生した。

操作者: エージェント マーカス・ヒューム

プレイ内容の説明: ゲームプレイは通常通りに始まった。3番目の宝物を入手した後、ヒュームは自分の息子がゲーム中に同じ事をしているという理由で、アタリ2600のスイッチの幾つかを弄り回そうとした。この行動によって、SCP-6261-2内の“御守り”amulet “絶対にない”never “発見”locate “手助け”assistという単語に対応する一連の数字が表示された。これらの単語は奇跡反応をもたらさなかった。

ヒュームは2個の宝物を回収できたが、またしてもケルベロスに進行を阻止された。異常行動が60分間続いた。

操作者: エージェント シンシア・シュール

プレイ内容の説明: 宝物を集め始める前に、エージェント シュールは前回のプレイで色調反転を引き起こした奇跡儀式を使用し、通常通りにゲームプレイを試みた。しかしながら、宝物は1個しか見つからず、それ以外は存在しなくなっていた。“笑い”laughter及び“愚行”foolishnessの単語に対応する数字の組み合わせが全ての画面に交互に表示された。

P&Lの職員たちは、SCP-6261に関して実りある進展が全く見られないことにすぐに気付きました。職員たちはビデオゲームの知識をほとんど持っておらず、彼らの中で最も熟練していたのは、財団に雇用される以前、父親が“ポン”の筐体販売を手伝っていたというエージェント シュールでした。このため、代替案が模索されました。

上級エージェント ヒューバート・ロイテルは、SCP-6261が比較的無害であることを理由に、日常的にビデオゲームで遊んでいる民間人を一時的に財団に採用するという案を提言しました。ビデオゲームのテスター募集広告が“マイアミ・ヘラルド”紙に掲載されましたが、応募者は2ヶ月で僅か3名でした。近年、低品質なソフトウェアが大量に出回り、大手ビデオゲーム企業 (特にアタリ) の利益率が急落して以来、ビデオゲームに対する世論は変わりつつありました。

応募者3名のうち、2名は10個中7個まで宝物を集めることに成功しました。しかしながら、最後の応募者はSCP-6261-1の攻略に際して遥かに優れた技能を示しました。採用インタビューの書き起こしは以下の通りです。

採用インタビュー 6261-3
質問者: エージェント ロイテル
回答者: ディグビー・デュボア (“対象者”) 及びマリアンヌ・デュボア (“対象者の母”)

エージェント ロイテル: さて、お名前は、お若い方?

対象者: 僕、ディギー・デュボア。

対象者の母: ディグビーです。軽い発語障害がありまして。

エージェント ロイテル: 君は何歳なんだい、ディグビー?

対象者: 7歳!

エージェント ロイテル: 好きなビデオゲームは何かな?

対象者: パックマンが好き、あとドンキーコングと、マリオブラザーズと、ミズ・パックマンと、アドベンチャーと…

対象者の母: この子ったら、週末になると必ずアーケードで20ドル使うんですよ。ハイスコアを沢山取ってるのをとても自慢にしてます。ここに行きたいって私の腕を引っ張り通しでした。こう… 感じるものがあったそうなんです。

エージェント ロイテル: 感じるものというのは?

対象者: 匂い。パックマンみたいだった。電気の匂い。

エージェント ロイテル: すみません、匂いとは?

対象者の母: ディグビーは… 共感覚の持ち主だと、お医者さんはそう思ってます。感覚同士がこんがらがっているようなものですよ、音を聞いて色を感じる人たちがいたりするでしょう? ディグビーは、物に触ると、時々匂いがするって言うんです。私のコートからは野花の匂いがするんだとか。

エージェント ロイテル: 興味深いですね。

エージェント ロイテルは、テーブルの上のフォルダから、アルカディア関連の非異常な販促資料を幾つか取り出す。どの資料にもアルカディアとの繋がりを明示するラベルやロゴは無い。

エージェント ロイテル: ディグビー、これに触って、どんな匂いがするか私に教えてくれるかい?

対象者は手を伸ばし、最初のアイテムを掴む。

対象者: ええっと… 煙とお年寄りの匂いがする。

エージェント ロイテル: お年寄り?

対象者: お年寄りは匂うんだよ。僕のひい祖父ちゃんの家からこういう匂いがする。

エージェント ロイテル: じゃあ、こっちは?

対象者は別なアイテムに触れる。

対象者: …同じ匂いだ! こんな事今まで無かった! これどうやったの?

エージェント ロイテル: いいだろう。デュボアさん、もし宜しければ、ディグビー君に未発表のゲームをプレイしていただきたいと思います。

対象者の母: もう決めたんですか? だけどまだ—

エージェント ロイテル: ご安心ください、彼はこの仕事にぴったりです。

精神測定能力者サイコメトリストであるロイテルは、ディグビー・デュボアが同種の能力を帯びているという仮説を立てました。デュボアはSCP-6261-1をプレイすることを許可されました。プレイ内容の書き起こしは以下の通りです。

操作者: ディグビー・デュボア

circefinalscreen.png

SCP-6261-1の最後から2番目の画面。

プレイ内容の説明: デュボアは10分以内に9個の宝物を集め、タルタロスでケルベロスに直面すると、直接突破を試みる代わりに、コントローラーの“発射”ボタンを押した。この操作に反応して、プレイヤーキャラクターが飛翔体を射出し、ケルベロスを破壊した。この操作は説明書に記載されておらず、発射ボタンは機能しないものと仮定されていた。

10個目の宝物を回収した後、デュボアは島の中心部にある湖へ向かった。女性的な姿のキャラクターが水中から現れ、20単語から成る文章に対応した一連の数字が画面に表示された。デュボアは単語を書き留めるように伝えられた。

文章が完成すると、それが書き留められた紙は、銀製の御守りに変化した。ゲームプレイを観察していたロイテルが回収に動く前に、デュボアは御守りを掴んで耳に押し当て、静かに何事かを語りかけた。

この行動は強力な奇跡エネルギーの放出を引き起こした。デュボアはこれについて、“ゲームがまた素敵なものになりますように”という“お願いを叶えてもらった”と主張した。

御守りの奇跡エネルギーは現在不活性である。この御守りの獲得こそが、SCP-6261を制作した当時のアルカディアの本来の目標だったと推測されている。

Triangular_Talisman_of_Count_of_St_Germain.jpg

SCP-6261の最後の奇跡儀式で生成された御守り。

この事件以降、SCP-6261-1は複数回攻略されています。しかしながら、女性型キャラクターは再出現しておらず、SCP-6261-2が新たな奇跡効果をもたらすこともなくなりました。このため、財団はSCP-6261が事実上無力化したと判断しました。

8歳未満の子供に対する影響が懸念されたため、デュボアに記憶処理薬は投与されませんでした。しかしながら、精神測定能力を持っていると確証された場合を考慮し、彼は将来的なP&Lの採用候補として注目されています。

デュボアが御守りを使用してから間もなく、ある日本の玩具会社が、ビデオゲームをプレイできる“エンターテインメント・システム”を西側市場に導入する計画を発表しました。この2つの出来事には関連性があると見做されているものの、ビデオゲーム業界の現状に鑑みて、この製品が成功を収める可能性はまず無いと考えられます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。