SCP-6306
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

評価: +42+x

アイテム番号: SCP-6306
レベル1
収容クラス:
neutralized
副次クラス:
none
撹乱クラス:
none
リスククラス:
none

特別収容プロトコル: SCP-6306の残骸は適切に廃棄されました。更なるSCP-6306関連事案が発生した場合、ウェトル博士はそれを報告するものとします。


説明: SCP-6306はかつてW・ウェトル博士が所有していたA4サイズの紙です。SCP-6306には様々な“新年の抱負”が記載されていましたが、ウェトル博士は翌年に達成しようと計画していた願望を明かすことを拒否したため、正確な内容はまだ開示されていません。

SCP-6306自体は非異常でしたが、その突然の無力化を取り巻く状況.事案6306-1を参照。によってSCP分類が正当化されました。SCP-6306が関与した事案が第三者によって引き起こされたのか、SCP-6306そのものが原因かは不明です。ウェトル博士はSCP-6306の異常性の更なる調査を“不要”と見做し、禁止しています。


事案6306-1: 以下は、SCP-6306の唐突な無力化に至る直前及び直後の出来事の書き起こしです。

映像記録

日付: 21/12/31 - 22/01/01

序: ウェトル博士のオフィスに設置された監視カメラの映像。


映像開始。

[ウェトル博士はオフィスの椅子に座り、SCP-6306の内容に目を通しながら微笑している。彼はSCP-6306を持ったまま、マグカップからコーヒーを一口すする。]

[SCP-6306の左下隅に火花が見え、突然炎上し始める。.これは午前零時ちょうどに発生した。 ウェトル博士はこれを見て、思わずコーヒーでむせ返り、SCP-6306をデスクの上に放置して距離を置き、椅子を蹴り飛ばして部屋の向こうへ滑らせる。ウェトル博士は混乱しているように見える。]

[ウェトル博士は白衣に付いたコーヒーの染みに気付いて小声で悪態を吐いた後、SCP-6306に注意を向ける。彼はそっとSCP-6306に近寄り、床に投げ落として繰り返し踏み付ける。これにも拘らず、炎は鎮火せず、SCP-6306全体に燃え広がり続ける。ウェトル博士は溜め息を吐き、首の後ろに両手を当ててから、足早にオフィスを退出する。]

[5分後、消火器を持ったウェトル博士が帰還し、改めて炎を消そうと試みる。大量の煙が放出され、彼は咳込んで目を閉じる。彼は最終的に成功するが、SCP-6306は鎮火前に完全に崩れる。ウェトル博士は消火器をカメラ視点の外に置く。]

[SCP-6306の灰で構成された“どうせできもしねぇくせによ”というメッセージが残されている。ウェトル博士はこれを少しの間見つめた後、退室して塵取りとブラシを持ってくる。以降の映像には、ウェトル博士が無言で灰を掃き、ゴミ箱に捨てる様子が記録されている。]

映像終了。


結: ウェトル博士は当日の休暇申請書を提出した。申請は受理された。

本稿執筆現在、ウェトル博士は新年の抱負を書き直そうとしていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。