SCP-6330

評価: +10+x

アイテム番号: 6330
レベル1
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
uncontained
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

Teddy.jpeg

回収されたSCP-6330-1実例。


配属サイト サイト管理官 研究責任者 担当機動部隊
N/A N/A N/A 機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家"

特別収容プロトコル: SCP-6330の性質上、物理的な収容は現状不可能です。SCP-6330 "スリープウォーカー" イベントを検出および目撃するため、カメラ付きベビーモニターの販売と購入を推進する企業に資金が提供されます。

スリープウォーカーイベントの目撃談が広まった場合、機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家" はSCP-6330関連の一般メディアの流通やニュース報道の調査と抑制を任されます。SCP-6330-1やSCP-6330-2を目撃した民間人には、直ちにクラス-A記憶処理剤が投与されます。

常に1つのSCP-6330-1が回収場所に最も近いサイトの小型アイテムロッカーに保管されます (現在の研究対象はサイト-44に保存されています)。各実例は週に1度検査し、変化があれば最寄りのレベル3研究員に報告してください。スリープウォーカーイベントの影響を受けたSCP-6330-1は、これまでイベント後に何の異常活動も記録されていないため、該当実例が発見された家族の手元に残します1SCP-6330-1を所有する家族は、今後活性化した場合に備えて監視されます。

説明: SCP-6330は世界中の動物のぬいぐるみに影響を及ぼす現象ですが、テディベアに影響した事例が最も多く見られます。この現象の発生はスリープウォーカーイベントと呼称されています。

スリープウォーカーイベントは低年齢の、典型的には1〜14歳の小児がいる親族世帯でのみ発生します。イベントはSCP-6330-2と指定された実体の出現から開始します。この実体は概して影と混ざっており (この機序はほとんど判明していません)、ファンタジー作品を連想させる生物、例えばドラゴンやオーガに幾分か類似しており、必ず子供用ベッドの下から出現します。SCP-6330-2実例は、睡眠中の子供の狩猟もしくは捕食を意図したと思われる行動を表現します。SCP-6330-1は子供部屋に元から存在していた動物のぬいぐるみであり、SCP-6330-2が出現するまでは非異常であったように見受けられます。

SCP-6330-1はSCP-6330-2と戦闘するため、そして恐らくは子供を保護するために、小さな木製 かつ中世風2 の武器を瞬時に出現させると観測されています。戦闘は最長で20分続き、いずれの事例でもほぼ無音です。観測された 全ての ほとんどの事例でSCP-6330-1は勝利を収めますが3、戦闘中に深い "外傷" を負います。多くの場合ウールや詰め物が引き裂かれており、イベント後の既知の全事例において、SCP-6330-1は負傷が原因で "死亡" しています。"死亡" する前に、実例はSCP-6330-2の死体をベッドフレームの下へと引き摺り、姿を消します。

しばらくするとSCP-6330-1は姿を現し、ベッドに上がろうとします。その後、SCP-6330-1は子供を抱擁して "死去" します。

補遺6330.1: 実験記録
SCP-6330の事案は概して無作為かつ不定期に発生するため、制御下での実験は総計で1回実施されています。以下は当該イベントの記録です。

実験の終了とともに、機動部隊イオタ-12がベッドを徹底して調査しました。SCP-6330-2の死体はベッドフレームの下には発見されませんでしたが、上述の黒い物質が微量ながら残されていました。サンプル採取の結果から、この物質が生のヘモグロビンと水で構成されていると判明しましたが、粘性などの物性はこの知見を支持するものではありません。

SCP-6330-1実例は回収され、安全貯蔵庫に安置されました。現在のところ、他に異常性は見られていません。

補遺6330.2:
2001/07/07に発生したスリープウォーカーイベントの後、新聞の見出しに以下の表題が付けられました。

ポートランドの一家が少年の失踪を報告

この新聞はオレゴン州ポートランドの民間人の間で大量に流通しました。捜査員が現場に到着すると、少年の部屋の壁に粘性のある大量の黒い液体が筋状に残されていたと判明しました。捜査員は直ちに財団の介入を要請し、機動部隊イオタ-12が派遣されました。実験からこの物質はSCP-6330-2と一般に関連するものであると確認され、イオタ-12はこのイベントの全面的な調査を実施する許可を申請しました。この申請は監督司令部によって承認されました。

以下のファイルは機動部隊イオタ-12自らが執筆したものである。非公式なコメントは全て無視するよう推奨する。~ ウッズ管理官

速報: ポートランドの少年、発見される!

スリープウォーカーイベントから2日後、行方不明の少年が実家の庭にある垣根の陰に意識不明の状態で発見されました。簡易インタビューにより、この少年はイベントの最後の数分間を目撃していたと判明しました。少年は「僕のシャチが大きなモンスターと戦ってて、そのモンスターが僕を掴んで窓から連れ出したんだけれど、誰かがその様子を見てた6おかげで僕を落っことしたから、僕は茂みに隠れてたんだ」と主張しました。2度目のインタビューでは他に判明した事柄はなかったものの、少年は「モンスターが僕の靴下を食べた」と主張しました。

子供を連れて逃走に成功していた場合のSCP-6330-2の意図は不明です。全ての関係者は記憶処理され、カバーストーリーが捏造されるとともに、イオタ-12は当該地域の親にビデオ監視カメラを購入するよう呼びかけました。

補遺6330.3:
2008/11/18、イングランド、ケンブリッジ在住の一家から地方当局に通報が届きました。一家は息子の部屋におけるスリープウォーカーイベントの映像を発見したと主張しました。機動部隊イオタ-12 "明晰夢想家" が調査のために派遣されました。映像は職員が押収し、一家にはクラス-A記憶処理剤が投与されました。

以下はイベントの終結後に機動部隊イオタ-12が執筆した調査報告書です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。