SCP-6482
rating: +21+x

アイテム番号: 6482
レベル2
収容クラス:
neutralized
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
{$disruption-class}
リスククラス:
{$risk-class}
ghost.jpg

ブルックデール・オーシャン・ショアーズの監視カメラが撮影したSCP-6482の静止画像。

特別収容プロトコル: SCP-6482の残骸はサイト-23の標準コンテナに保管します。

説明: 無力化前のSCP-6482は、水酸燐灰石や塩を始めとする鉱物の粒子で構成された、体重2.7 kgの人型実体でした。粒子はもはや動いておらず、他に異常性も無いように見受けられます。

補遺6482.1: 発見

2021-08-11、ワシントン州オーシャン・ショアーズの西端で、SCP-6482が "組み上がる" 様子を一般人らが目撃しました。実体はその後、半島の東側に所在する介護付き住宅施設、ブルックデール・オーシャン・ショアーズまで約3 km歩行しました。到着した実体は施設の共用エリアへと移動しました。監視カメラはSCP-6482が高齢入居者のジョセフ・ウェイスの背後まで歩行する様子を記録しています。この時のウェイスは車椅子で眠っていたように見受けられます。SCP-6482はウェイスの肩に触れて彼を起こしました。ウェイスがSCP-6482の方を振り向くと同時に、SCP-6482の粒子が不活性化し、実体が崩壊しました。ウェイスは困惑した様子でしたが、数秒後に微笑み、それから意識を失いました。

収容チームがブルックデール・オーシャン・ショアーズに到着した頃には、ウェイスは死亡していました。検死により、心不全を起こしていたと判明しました。

補遺6482.2: インタビューログ

インタビュー対象: ジョセフ・ウェイスの娘、アメリア・ウェイス・トンプソン

インタビュアー: マックスウェル・ヤング博士

<ログ開始>

ヤング博士: 何があったか把握しているとおっしゃいましたね? 最初から説明をお願いします。

ウェイス・トンプソン: はい。父には子供の頃から知り合っていた友人がいました。名をダニエル・オーエンズといいます。彼はまるで、家族の一員のような存在でした。私たちは彼の葬式にも行きました、彼はほんの数年前に亡くなったんです。彼の家族は遺灰を海岸に撒きました。あれが現れたのと同じ海岸に。

ヤング博士: あれの正体がダニエルだったとお考えなのですか?

ウェイス・トンプソン: ええ。それと、私は彼が父を殺したとは思いません。父は以前から心臓病を患っていました。あの時が、ちょうど父の最期だったのでしょう。

ヤング博士: お父様が狙われた理由に心当たりは?

ウェイス・トンプソン: あります。父とダンはいつも馬鹿騒ぎをする仲でした。老いてからも、まるで三ばか大将の2人を演じているかのように、お互いにふざけ合っていまして。鬼ごっこに熱中していたことも時折ありました。父曰く、10代の頃からするようになったのだと。ダンが亡くなった時、"鬼" はダンのほうでした。

ウェイス・トンプソンがポケットからハンカチを取り出し、涙を拭う。

ウェイス・トンプソン: あの老いぼれは、いつだって負けず嫌いだったんですよ。

<ログ終了>

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。