SCP-6500
SS.png

.

評価: +20+x
The ListPages module does not work recursively.
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

火のまわりに集まって


comm_ihp_resized.png

最初の冬が来て、最初の火が焚かれたとき、男たち、女たちはその周りで暖をとった。それは人間にずっと受け継がれた本能だ。異常の世界が冬になるとき、我々に手に入るものの中で火に最も近いものの周りに集まるのは、自然なことである──つまり、ネクサスだ。

フィリップ・ヴァーホーテン、避難所:アノマリーの終焉後のネクサスの役割。


SC.png

ネクサス-18

4月26日

ウィスコンシン州スロース・ピット



キャサリン・シンクレアは、彼女の頭の上の燃えるような色の長髪の中にある、灰色の一房を片目で睨んだ。彼女は左の眼窩に嵌ったガラスの眼球の前でそれを漉いた。このように整えることで、彼女はより若く見えた。

年一度のジャムコンテストである「ジャム・ジャム」は、メインストリートでたけなわだった。それはほとんどの年よりエネルギーを欠いていたが、理由は誰にも明らかだった。町は毎日その構造を失っていたのだ。無くなったものは、物語に満ちた町に張り巡らされた毎日の比喩、都合よく活気に満ちた日々、雰囲気を彩る雨風、不気味なフレーズが発されたときの適切な雷鳴といったものだった。

世界中のネクサスは千年に渡り奇跡的エネルギーの源泉だった。今それは死につつあり、シンクレアはそれを「魔法」以外の言葉で呼ぶことを拒否した。それ以外のものは忌々しい財団の用語だった。もし異常なるものが生命維持装置に繋がれた瀕死の病人だとすれば、彼らもそうだった。スロース・ピット、そして魔法そのものが、最後の息を吐こうとしていた。

彼女はそれを町の人口に感じていた──何百人もが退去し、世界恐慌よりも大きなダメージとなっていた。彼女は木々にそれを感じていた。それらが花開くのは遅く、秋には湿った葉をつけた。食物は不味くなり、物事はまさに予想されたとおりに、それでも破綻か何かはせずに移り変わった。世界は冷たくなっていった。

シンクレアは、ネクサスの外はもっと悪くなっていると知っていたが、どのようにかはわからなかった。色の濃い肌と白髪交じりのドレッドヘアの大柄の男性が彼女の肩を叩き、思索にふけっていた彼女は驚いた。

モンゴメリー・レイノルズ──彼女の夫──は心配そうに微笑みながら、彼女にホットドッグを手渡した。
「キャサリン、ふさぎ込んでいるね。何か考え事かい?」

「思い出していたのよ。」
シンクレアはホットドッグにかじりつき、店から歩き出した。
「私たちがパスファインダーをやっていた頃のことを覚えている?」

「君はどうしてもキツネ・ソーサラーをやるって言ってたね。」
レイノルズは笑いながらシンクレアを見た。
「そしてワイルド・マジックを取った。でも良いプレイだったよ。」

「私が捕虜を尋問したときのことを覚えてる?パイクは鉤爪を出して彼に喋らせようとしたけど、私が近づいていって──」

「ハイ、私はあなたのボスから、あなたを脱獄させるように依頼を受けたわ。何があったのか知りたいんだけど。」
レイノルズは笑った。
「一字一句そうだったよね。記憶違いじゃなければ。」

「そうよ、でもそれをブルックリンの訛りで言った。」
シンクレアは肩をいからせた。
「私がうまくやったときのマッティングの顔といったら……」

「僕らは十年パスファインダーをやったけど、君はウィザードはやらなかった。なぜだい?」

「ウィザードは魔法を行使するために勉強しなくてはならないわ。そのハードルは越えられなかった。」
シンクレアは手を上げて呪文を編む実演をしてみせた──彼女の指先でシューッという音がしただけだった。彼女はため息をついた。
「今日はEVEが少ないわ。ダメね。」

レイノルズは唇を噛んだ。キャサリンは人生のすべてを、魔法を学んで過ごしてきた。彼は彼女の涙が自分の肌に落ちる感覚をまだ覚えていた。

「全く、フェアじゃないわ。」
彼女は頭を振った。
「私は“手”を裏切って、財団に入った。そのままでいるより、もっと良いことができると思った。」
彼女は歯ぎしりをした。
「私は愚かだった。私が望んだのは……」
彼女は夫を案じて、言い淀んだ。
「モンティ、実際どうなったかはわからないわよ。勿論。」
彼女はホットドッグの半分を口に詰め込み、無理矢理飲み下した。

二人はメインストリートを歩いた。何年か前なら、そこは蜘蛛のシルクと呪いのマスタードから合成されたジャムを試食する何百人もの人々で満たされていた。今は、五十人くらいの人々が、どの普通の自家製ケチャップを家に持って帰るかを議論しながら、まばらに集まっているだけだった。世界は虚しく、シンクレアはその中のさらなる空虚だった。

「出ていきたいと思っているでしょ。わかってるわ。」

レイノルズはホットドックを喉に詰まらせそうになった。
「何だって?」

「向き合わないと、モンティ。」
キャサリンは自分の顔を擦った。
「魔法がないなら、私は誰なの?私は何者なの?昔は星の炎を喚ぶことも、それを望んだところにぶつけることもできた。今じゃあ六フィートの紙飛行機を投げれたらいいほうだわ。」
彼女は両手で顔を覆った。
「魔法は私の全てよ、モンティ。それがないなら……あなたも……あなただって……」

レイノルズは何も言わず、彼女を抱き上げた。
「キャサリン、そんなことはないってわかってるだろう?」

レイノルズがシンクレアを落ち着かせようとする間、彼女は何も言わなかった。彼女はホットドッグを投げ捨てると林に向けて歩いた。
「わ……私は少し散歩するわ。サイトで会いましょう。」

「……いいよ。」
レイノルズは認めた。知り合ってから十年以上、彼女がこれほど取り乱したのは見たことがなかった。片目を失った時にも、一年以上両手が動かせなかったときも。魔法は彼女の全てなどではなかった。

彼には、彼女にそれをわからせる方法がわからなかった。


SC.png

シンクレアは、林の中を半マイルも行かないうちに、魔法は完全に死んだことを理解した。

スロース・ピットの中心──地理的、形而上的、そして主題的に──は名義上の穴だった。百年以上前の、この町の創始者であるジャクソン・スロースの家を飲み込んだ底のない穴。それは空想科学的な特異点(彼女の同僚の一人は「プロットの穴」と呼んだ)であり、その質量そのもので物語を誘引していた。もし「ザ・トリック」を知らないものがいたとしても、それを一度で見つけられただろう。

彼女は穴の縁に立った。やる気のない担当者が立てたのであろうぼろぼろの板が前に立っており、「ボトムレス・ピットとトップレス・ガール」のような卑猥なジョークが書かれていた。それは問題ではなかった。問題なのは彼女がそれを発見して、彼女がここにいて、そして底が見えたことだった。

それはとても浅い穴だった。おそらく三十フィートかそこらの。その底は腐った板と、多孔質の石の巨大な山──ジャクソン・スロースの邸宅の残骸だった。三十フィートの陥没は、この物語が始まった時にあった全てだった。そして今、それは終りを迎えていた。

そして、そうであったので、彼女は穴の縁に立ち、空を見上げた。

暗くなったのはいつだったかしら?

シンクレアは腕時計を見て眉をひそめた。モンティと別れたのは三時頃のはずだった。そして暗くなるのは大体──
「九時三十一分?そんなバカな?」
彼女は腕時計を叩いて眉をひそめた。この町にもまだ多少は不思議が残っているのだろうか。

「……オーケー、六時間のタイムスリップがあったというわけね。」
彼女は立ち上がって穴から離れ、地面そのものに話しかけた。
「なぜ?これは不自然だわ。あなたにとってさえも。これは何……最後の一声の努力とでも言うの?」
沈黙しか帰ってこなかった。
「私ではあなたを救えない。私達ならできたかもしれない、でも……」
彼女は涙を拭った。
「もう遅すぎるの、ごめんなさい。」
彼女は穴を見下ろした。
「本当に、ごめんなさい。」

赤い。太陽よりも明るい光が上方の空から降り注いだ。シンクレアは目を細め、そして残った目と、義眼の両方で物を見ることができるようになっていることに驚いた。それは隕石のように見えたが、隕石ならばそのようにゆっくりとした軌道では動かないだろう。それは穴の中心に向けて下がりながら、彼女に捕まえさせようと誘うようであった。

「クソ!」
シンクレアは弱々しく手を伸ばしたが、肩がポキリと鳴るのを感じた──彼女の体はもはやかつてのようではなかった。そこで、彼女は代わりに意志の力で手を伸ばした。右手を伸ばしながら、左手の親指を噛んだ。それは、傷跡の組織が盛り上がるほどに何度も繰り返した動きだった。血が彼女の口を満たした。彼女はそれを、彼女の最後の呪文にふさわしい力を喚ぶための犠牲として使った。力が伸ばした手から流れ空気を満たした。彼女は叫んだ。
ガルヴァナス!

隕石の周りの空気がパチパチと鳴り、隕石は彼女のそばに引き寄せられた。それが彼女の手に飛び込むことを予想し、五フィートまで近づいたところで呪文を打ち切った。それは草に落ちると、呪文の余波を吐き出した。

それは円環の七分の一ほどの形をした、水晶やガラスの破片に見えた。幾分不均等に、中央で切断されているように見えた。そしてそれは夏の日の中心のように輝いており、それは数十億のまだ唱えられていない呪文の輝きだった。

「ハロー、」
シンクレアはそのそばに跪いた。
「あなたは……とても興味深いわね。」

彼女はポケットからサンプル袋と、ピンセットのセットを取り出した。光が水晶から飛び出し、ピンセットを吹き飛ばした。続いて彼女は手背でそれに触れ、温度を確かめた。それは冷たかった。

彼女はそれを掴んだ。そして世界は破裂し、インクと埃っぽい本棚の匂い、枯れ葉を吹き抜ける風の音、そしてそれらがスロース・ピットにあった頃を唯一知る古く疼くもので満たされた。

彼女はセブンフォールドの世界を見て、肺が炉火で満たされるのを感じながら、震えるように目を閉じた。


SC.png

四月二十七日

「シンクレア博士!」

「キャサリン!」

「キャサリン・シンクレア!」

「シンクレア!」

彼女は顔に朝露を感じて目を覚ました。朝の太陽が東に登り、彼女の名を呼ぶ何十人もの声がした。そのうち何人かは聞き覚えがあった──機動部隊だ。ここで眠ってしまったのだろうか?あの後……水晶に触れてから……

彼女は自分の手を見た。それはまだそこにあり、幾分暗い輝きを放っていた。彼女は後ろの、穴に振り向いた。底にあった残骸の代わりに、永遠に続く、自然の穴のどれよりも深い闇があった。彼女は信じられない思いで喘ぎ、後ろによろめいた。水晶を持っていることを忘れて両手を口に当てそうになった。

「シンクレア博士!」
ロバート・トフルマイヤ大佐が彼女に駆け寄り、名前を呼んだ。
「マム、一晩中行方不明だったのですよ!大丈夫ですか。」
彼は無線に呼びかけた。
「S-10全員へ、S-10全員へ。シンクレア博士が見つかった。続いて──」
彼は穴に向き直り、目を見開いた。
「なんてこった!穴が戻っているぞ!」

シンクレアは手に持った水晶を見た。もう片方の手で、彼女は冷たい、赤い炎を喚んだ。彼女の中を魔法が駆け抜けると、心臓が喉まで飛び上がった。
「私を研究室へ行かせて。これが何なのかを正確に確かめる必要があるわ。」


SC.png

オリカルコスOriykalkos(より一般的にはオリハルコンOrichalcumとも)はアトランティス由来の物質であり、あまり解明されていない。テレキル合金、ベリリウム青銅、通常の真鍮といったあらゆるものとこれを合成した者もいるが、オリカルコス自体は合金ではない──それは結晶であり、モース硬度9、しかしダイヤモンドのようにたやすく破壊できる。
水晶ベースの貯蔵媒体は20世紀から21世紀のSFに登場するが、それこそがこのオレイカルコスが元来そうであったものである。データとエネルギー双方の貯蔵メディアなのだ。回収されたオリカルコスのサンプルはおよそ950mAHの電力、及び20ペタバイトのデータを貯蔵できる。
ウィスコンシン州スロース・ピットの空から降ってきた物体は、オリカルコス・コデックスの断片である。電気エネルギーや意味のあるデータの代わりに、これは別のもの、すなわち魔法を貯蔵している。
あの夜、それを手に持ったとき、私は自分が何を成さねばならないのかを知った。私は探索に出なくてはならないのだ。
K.シンクレア。オリカルコス・コデックス:新たなる魔法


SC.png

その日が終わる前に、シンクレア博士は荷物をまとめ終えた。まさにドアを出ようとしたところで、夫と会った。
「どこかに行くのかい?」

「探索に出るのよ!」
シンクレアは笑い、そして顔を曇らせた。
「……オーケー、良く言えばそうだけど、実は……」
彼女は自分が見つけた水晶を掲げた。
「これと似たものがもっとあるのよ。それを見つけに行くの。」

「どこから探すんだい?」
レイノルズは部屋へと入り、コートを脱いで寝室へと移動した。シンクレアは彼についていった。
「どこにあるのかもわからないのか。」

「サイト-43のブランク博士が便宜を図ってくれたわ。軌道アノマリー追跡システムへのアップリンクがある。」
彼女はベッドルームに再度入り、彼女用の非常用品バッグを掴んだ。
「もう少しで忘れるところだった。」

レイノルズは自分の非常用品バッグを掴み、スーツケースに手当たりしだいに荷物を詰め込み始めた。彼は笑った。
「僕が君を一人で行かせるはずがないって、わかってただろう?」

シンクレアは夫を見て、柔らかく笑った。
「私が出発するよりも前に帰ってきてくれればいいと思ってた。飛行機はダラス国際空港を4時間後に出るわ。」
彼女は水晶をポケットから取り出し、それからエネルギーを引き出し、小声で呪文を唱えた。金の鎖がその周りに形成され、即席のアミュレットになった。
「空港でこれがX線を発さなければいいんだけど。」

レイノルズは彼のバッグとスーツケースを持ち上げた。二人はキッチンカウンターに二ヶ月分の家賃を置くと、車に乗り込んだ。


A43.png

カナダ、サイト-43、JM技術者フィリップ・E・ディーリングの個人日誌からの抜粋:

4月28日

彼らは俺はもはや異常ではないと言った。最初から俺が異常だったかのように。ダグはこの十九年、俺にとって唯一興味があるものだった。そして彼は死んでしまった。

彼は灰色の肌で、鏡の中に住んでいた。人を惑わし、攻撃的で、気味の悪いクソ野郎だったが、少なくとも俺は孤独ではなかった。俺は今、常にいた仲間を失い、いつも孤独を感じている。

なぜこんなことを書いているのかわからない。こんなことは自分にはわかっていて、そして誰かがこれを読むことはないだろう。ダグはクソ野郎だった、だが俺は孤独ではなかった。アメリアはまだここにいる、だから俺は孤独ではない、だが……

ダグは明らかに俺を嫌な気分にさせた。だが彼なくして、俺は半分になったようだ。いつか自分の脚二本では立てなくなってしまうように。

水面の下にいる危険なものと言えばチョウザメ程度だと思うと、あの湖も違ったように感じる。猛獣もティアマトもいない。俺達の足の下で廃棄物処理施設を走らせる狂人はもういない。それはまるで、もうそこから色が失われたようだ。

とはいえ、それは真実ではない。俺は今日散歩中にちょっとした色を見つけた。それは明るい黄色で、波に磨かれたガラス片のように見えた。ビールの瓶か何かからできたのだろうか?だがそれは触ると暖かい。オコリー博士に見せようと思う。

午後9時頃

O博士はいなくなってしまった。イバニェスと「仕事」にでかけたらしい。見たところ、サイト-87からの二人の嫌な奴が到着したのと同じ日に、二人はスロース・ピットに出発したようだ。ウェトルはことあるごとに憎しみを込めた視線をよこすし、彼らはサイトを廃止することを話していた。ブランク博士によると、彼らは軌道上のアノマリーについての何かを利用するために来たらしい。

エイミーと映画を見た。アメリ、いい映画だ。

4月29日

なんて狂った夢だ。あのガラスみたいなものは異常だと思う。

俺はワークショップにいた。そこは財団サイトのように見え──なぜだか19を思い出した。多分、GOCが核攻撃してから、そこが誰の心にもこびりついているからだ。誰かが俺の頭にハンマーを振り下ろして、俺を砕いたんだ。

俺は爆発してセブンスに入った。そして俺はそれらの全てから俺自身を見た。暖かい熱帯雨林、雨の降る島、山間の港町、バイユー、ポートランドの通り、底のない穴、そして……ヒューロン湖。俺はそれぞれ自分がいた所を知っている。そして俺たちは……全てであり/決して一緒にならない。

俺はこんなことを普通は書かない。これは……こんな馬鹿なことが俺を賢くするのか?文章がうまくなるのか?これは何だ?

俺は誰かに会いに行く──レインデルズ博士がまだここにいる。午前三時だが、気にするもんか。これは重要なことなんだ。


A43.png

サイト-43、セキュリティカメラ映像、4月29日

3:12:23: フィリップ・E・ディーリングが個室から出る。彼は不明な黄色い物体を左手に持っている。

3:17:05: ディーリングが居住区と必需品区画に入る。端末を使用し、イルゼ・レインデルズ博士の個室を探す。

3:25:19: ディーリングはレインデルズ博士のドアをノックする。彼女は不機嫌な表情で、目をこすりながら出現する。ディーリングはレインデルズに手に持った物体を見せる。彼女の目は見開かれる。

3:29:27: レインデルズとディーリングがともに歩いている。レインデルズは缶コーヒーを飲んでいる。二人は角を曲がり、OATSモニタリングチャンバーから彼らの一時的な居室に戻る途中のキャサリン・シンクレア博士とモントゴメリー・レイノルズに出会う。

3:30:32: 会話が発生し、およそ3分続行する。シンクレア博士は身につけたアミュレットとディーリングが所持していたオブジェクトを比較している。サイトが揺れ始める。


A43.png


俺は今見たものをどう処理していいかわからない。

サイトが揺れ始めたとき、俺達は最初GOCによる攻撃かと思った。奴らは頭がおかしくなってきている。どんな形であれコントロールを得ようとするために藁をも掴もうとしている。


数年前、女がいた。ブレンダ・コービン。彼女は5866を抱えて逃げ出した。そいつは文字通り、実際の、神話に出てくるティアマトさ。そして……俺達は、彼女は死んだと考えていた。全ての崩壊が始まったとき、彼女はティアマトのそばで死んだと思っていた。

だが……彼女はそこに立っていた。生前より大きく、サイト外の湖岸で、ティアマトの肩に乗っていた。ティアマトは恐ろしげに、全ての皮膚と骨、そして翼は細片に裂かれたように見えた。オイルに覆われ、彼女はコービンを通して話した。

「あなたはコデックスの断片を持っていますね。それを私に渡してください。そうすれば私は世界に魔法を戻すことができる。それならば私はこの場所に何もしません。」
ティアマトはもし俺がそうしなかったら俺を食べそうに見えた。

すると、ドレッドロックの男、レイノルズが前に出てきて、俺が持っていたガラス状の物体を掲げて、二人を見た。このときまで、俺にはそいつがそれほど饒舌な人間には見えなかったが、彼は王族に話しかけるかのように彼らに演説をしかけた。

「偉大なる女神さま、我々が持っているものが何かあなたは知っているようですな。これはこの危機を元に戻す、つまり魔法を復活させる手段です。あなたにとってだけでなく、世界全てにとって。ただでこれを渡すことはできませんが──取引をすることはできます。」

「私に差し出せる物をなにか持っているのですか?魔術師よ。」
ティアマトが問いかけた。

俺はオコリー博士が魔法を行使するのを見たことがある。それはこのようなものではなかった。レイノルズは顔をしかめ、水晶を手に持ち、ティアマトに突きつけていた。そして何か駄洒落のようなもの?を叫んだ。「カルペ・ディエムその日を摘め1」ならぬ「カルペ・デウス神を摘め」か?蜂蜜色の太陽光がそれから迸り、彼女を金色の糸で包んだように見えた。それは彼女を元通りに縫い合わせ、オイルをきれいにし、彼女の皮膚と翼を元に戻した。彼はそれを耳に当ててから、ポケットにしまった。

「これは、この水晶を使って行うことができることのほんの一部です、女神よ。あなたは回復しました。もう去ってもよろしいですか?」

コービンは再びティアマトに話しかけた。彼女は"互いに話し合う"必要があると言っているようだった(よく言えたものだ)。だがともかくサイトはその日破壊されずに済んだ。それ以来我々は緊急シェルターで過ごしている。寝て、起きて、そしてあろうことか喝采したり称賛したりしている。自分でもなぜかはわからない。

そして人を惑わす攻撃的な、灰色の皮膚のクソ野郎が鏡に戻ってきた。



HB2.png

第3幕、シーン1

ハイ-ブラジルの島、ベイラー山の山頂

紳士ブラックウッド卿と魔術師シンクレアが舞台に現れる。

ブラックウッド:
魔術師のご婦人、ここで喋る言語についてはご容赦願いたい。
土地そのものが我らの会話を歪めているがゆえ──
思うに、魔法にとっては、祝福なのですかな。
まったくひどく、過剰に堅苦しい、私が思うに。

シンクレア:
ええ、これは我が言語にも困りごと。
まるで学校時代に戻ったように──
多くの日を無駄にしましたわ。詩を読みながらreading the Bard

ブラックウッド:
詩を読んだことを、無駄と?御冗談を!

シンクレア:
申し訳ない、なんてことを。そしてand、を落としました。
しかし実を言うと、弱強格は魔術師の言語には不純に感じられます2

ブラックウッド:
おお、土地があなたにウィットをもたらしたようですな、優秀な魔術師よ!
以前はかような欠損を使ってはおりませんでしたな──上達しておられる!

シンクレア:
主よ、今は軽率にも私を見逃されることを祈ります。
私は魔法が失われてしまうことを恐れます。永遠にfor ill

ブラックウッド:
永遠にfor ill

シンクレア:
あえて永遠にfor goodとは言えませぬ。死は良いgoodとはならぬでしょう?
一つの時代の終わりは祝祭とはなり得ぬでしょう?
ときに、サイトへの攻撃はご存知?

ブラックウッド:
然り、されど何者によるものかは。

シンクレア:
連合なり。彼らは今や狂人なり。

ブラックウッド:
今や?以前は違ったと?焚書の輩!畜生め!
おお、汚言Frenchを許し給え、魔術師シンクレアよ。

シンクレア:
そはフランス語Frenchにあらず、我ら弱強格にて話すゆえ3

ブラックウッド:
見事!
しかしそれとして、彼らは衰退を待つ身。
まるで魔法を飼いならせるというように、
彼らは奇跡の世界の支配を求めておる!まったく!
あなたは奇跡thaumicsよりもタラスクtarrasqueを飼いならせるようになるでしょう!
ええ、我らの国でも、彼らは現れておる。

シンクレア:
なんてこと!
いくらかの力が戻ったことは、僥倖でありました。

ブラックウッド:
このコデックス、水晶、あなたの儀式に力を与えますかな?

シンクレア:
我が肺にも。失われたものは涙のような夜。
活力が再び私を満たします──されど懸念もまた。
つまり……もしコデックスが使い果たされれば、そのときは?
魔法が完全な終りを迎えると考えると、震えます。

ブラックウッド:
その恐れ、わかりますぞ、賢き魔術師よ。
しかし聞いてくだされ!この警告を!

シンクレア:
何についてですの?

ブラックウッド:
人ですかな。
かつての我が知己──最も賢き烏。

退場

第3幕、シーン2

元プロジェクトKEY施設23

錬金術師レイノルズとデルベイス上王が入場する

レイノルズ:
これは何の冗談ですかな?

デルベイス:
これこそ汝がが探すコデックスの成したこと。
ときに、コデックスについてどれほど存じているか?

レイノルズ:
オホン!我が王よ、私はただの相談役。
神秘の秘技にはあまり通じていませんでな。
(傍白4
五歩格は詠唱には不向きです。
私には韻を踏む強制が無いのは幸いでした。

デルベイス:
すでに、それはブラジルに命をもたらした。
時の始まりからの中でも、今や強く魔法が溢れている。
雷に打たれ、我らには力が満ちている!

レイノルズ:
ああ、我が妻キャサリンもそう感じております。
まだ儀式を行うのは躊躇しておりますが、

デルベイス:
なぜゆえに?

レイノルズ:
彼女の力は弱まっていました。彼女には意志がありません──
あるいはする気になってきているのかもしれませんが。ときに、コデックスは?

デルベイス:
私はそれが我が国に、ベイラー山に降るのを見た。
ああ、しかしそこにあったのはクレーターだけ。

レイノルズ:
砕け散ったのですか?

デルベイス:
盗まれたのだ、おそらくな。連合の卑怯者どもだ。
世界の全ては森であり、彼らは木を切るものだ。

レイノルズ:
木を切るものとは?王よ。

デルベイス:
森だ。
ハイ-ブラジルも、かの穴も、かの通りも、
これら全て魔法と生命の砦なのだ。
しかしアマゾンのように、危機に晒されている。

レイノルズ:
我らはここでも破片を探しました。

連合のエージェントのバウが、コデックスの破片を持って登場する

エージェント・バウ:
おお臭い!
奇怪なエルフ!外道の魔術師!下がれ下がれ!

レイノルズ:
クソ!彼は破片を持っているぞ!下がれ!

(傍白)
クソ?本当に?何ということだ、このネクサスはとんでもない。

エージェント・バウ:
お前たちには私を止める方法はまったくない!
私はこの破片を支配のために使うぞ!

レイノルズ:
神よ、彼の言葉のどこが間違いだというのか?これは素晴らしい。

デルベイス:
ハ!自分が燃やした本を自分で読めるか考えてみろ。
彼がここにたどり着けたことすら奇跡だ。

エージェント・バウ:
我々はコデックスを操作しようとして砕いた!
それは分かれて、あちこちへと散らばった!
お前たちには渡さない──連合は生まれ変わるのだ。
不死鳥のように蘇る。世界で唯一の魔術師の集団となるのだ!

デルベイス:
汚らしい悪役め、アドバイスをやろう。

デルベイスはピストルを取り出しエージェント・バウを撃つ。彼は倒れる。

独演も程々にしておくのだな。

エージェント・バウ
銃だと?お前、銃を使ったのか?狂った妖精め!

デルベイス:
魔法が弱まるのでな。私は受け入れたのだ。

エージェント・バウはコデックスの破片を掴む。彼は下手へと退場する。

レイノルズ:
やりましたな!王よ、あの曲者を追いかけますぞ!

デルベイス:
否、まだ話さねばならぬことがある。
あの独り言をどう思った?

レイノルズ:
いえ、特には。

デルベイス:
すまぬな。だがそれは為されねばならなかったのだ。
だが……
間を置く。
おっと!では次のシーンだぞ。

レイノルズ:
何のことですか?

全員が退場する。

第3幕、シーン3
ハイ・ブラジルの海岸
紳士ブラックウッドと魔術師シンクレアが登場する

シンクレア:
ブラックウッド卿、その賢い烏とは、何者なのですか?

ブラックウッド:
我々は皆その最も賢い烏に命を救われている。
混沌の海から、彼は十三人の男女を引き出した。
全員が知性に優れ、胆力に優れていた。
彼はゼロと呼ばれていたが、私はノリス・アークレイと呼んでいた。
魔術師だ。君よりも強い。
君の技は強いぞ。フェア・シンクレア、太陽嵐だ。
だがフェア・ノリスは超新星だ。
あー──君のトリニティでの活躍を聞いたぞ、
街一つが核攻撃を無傷で切り抜けたそうだな?
だがアークレイのイージスはそれを上回る。
ああ、ではヴィクトリアズ・ヴェノマス・ダルヴァールについて言わないとな。
そこに住むものは毒の中で生きて食事もする。
そして犬の鼻の穴で生きる蜘蛛がいるのだ。
アークレイはそれを癒やし、あるいは呪ったのだ。
彼はクラン・マルドックの手先によりかの毒が広がったのを見た、
そしてそれを消そうと試みたのだ。
悲しいかな、ダルヴァールの者すべてに牙を与えたところ、
そこには──

シンクレア:
卿、失礼ながら、私の理解を越えますわ。
アークレイは魔術の達人であると。しかし卿?

ブラックウッド:
何かな?

シンクレア:
なぜ彼を烏と呼びますの?そして最も賢き者と?

ブラックウッド:
この財団が結成されたとき、
私は烏の男たちを見た。黒い外套を羽織り、不気味で、そして野心に満ちていた。
アークレイは私のもとに現れて仲間になれと、その他も多くを持ちかけた。
最も賢いという点については、なぜだろう。私は思い出せない。
すまないなシンクレア。

シンクレア:
とんでもない、お気になさらず。

エージェント・バウが脚を引きずりながら登場する

シンクレア:
一体何?

エージェント・バウはピストルを取り出し、コデックスの破片に向ける。

エージェント・バウ:
下がれ!下がれ!
私の船は海岸に沿って半キロメートル行った先にある!
私をそこまで行かせろ。さもなくば破片を砕くぞ!

シンクレア:
あら、不思議なことが何度もあるものね。連合さん。
シンクレアは彼女の二つのコデックスの破片を取り出す。エージェントの持つ三つめのオレンジ色の破片はそれに引かれる。

シンクレア:
私達の欠損すべてのために、悪鬼よ、私達は保存しようとしたのです。
あなた達はこの世界から魔力を消そうとしていた。

エージェント・バウは射撃するが外す。ブラックウッドはライフルを抜き射撃する。エージェントは倒れる。

エージェント・バウ:
どうやって?どうやってそれをやった?
ウミウシめ!何もないところから銃を取り出した!
どうやって?!

ブラックウッド:
ウミウシとは!なんと汚い言葉だ!だいぶカンに触ったと見える。
そして韻律も保っていない。クソめ。

シンクレアはコデックスの破片を拾い、彼女の二つと合わせる。

シンクレア:
さしあたって、確保しましたわ。卿?

ブラックウッド:
何かな?魔術師シンクレアよ。

シンクレア:
一晩泊まってもよろしくて?
アルゼンチンは遠いですわ。
そして私達は疲れています。

ブラックウッド:
では、立ち去るとしようか。

シンクレア:
エージェントはどうしますの?

ブラックウッド:
警備を呼ぼう。だが、フェア・シンクレアよ。
水中にはまだわからぬものたちがいる。腹をすかせてな。
幸運を、敵手よ。

エージェント・バウ:
失せろ、クソ──



全員退場する。



PE.png

第4章

奇妙な港Puerto Extrañoでの出来事

フィリップ・ヴァーホーテン著、避難所:アノマリーの終焉後のネクサスの役割より抜粋

(下書き)

1. イントロダクション

プエルト・エクストラニョは財団内部ではNx-572とも呼ばれ、危機前には最も最近発見され、分類されたネクサスの一つでした。その異常な特性が発現したのが最近であるという意味で、最も若いネクサスの一つでもあります。また異常性発現の経緯もユニークなものであり、地球外に起源を持つ唯一の既知のネクサスです。

1982年のフォークランド紛争と同時期に、アルゼンチン科学技術省は、レオポルド・ガルチェリより秘密裏に南極半島に入植地を建設する任務を課せられました。入植は科学的な調査に偽装されました。アルゼンチンがこのようなことを試みたのは初めてではありませんでした。1978年、アルゼンチンは南極半島を領土と主張するために、南極で子供を生むまでに至りました。入植者は紛争の前日である1982年4月1日に半島に上陸し、その後10週間の間足止めされることとなりました。

その10週間の間に何があったのかはほとんど不明です。ガルチェリ政権が崩壊した後、全ての入植者と彼らの船は科学技術省に徴用されていたアルゼンチンの港に帰還しましたが、奇怪なオブジェクトを牽引していました。

そのオブジェクトは両端が滑らかに膨らんだ柱の形をしており、先端は尖り、底部は平らでした。入植者たちがそれを調べたとき、それは灰色の光を発しました。この光は入植者たちに変異をもたらしました。南極の冬着には隠されたものの、アルゼンチンの暖かい気候では明白でした。

変異には鰓、長く縮れた体毛、灰色の鱗、右手第一指と第二指の約5cmの延長といったものがあります。最終変異は特筆すべきものです。入植者たちは柱を活性化できるようになりました──テラフォーマーとして。

港に大量の灰色の光が放たれ、気候とすべての生物を異星的環境へと不可逆的に変化させました。地域内の植物の葉緑体は、新たな灰色の太陽光に対応して鮮やかな青に変わりました。動物は元の形態を残しつつも奇怪な姿に変わりました。鵜は脚部に第二の翼を持ち、マゼランペンギンは嘴を延長し、完全に生え揃った歯を備えました。人間は入植者ほどの激しい変異は受けませんでしたが、体毛の増加や灰色の鱗といった特定の特徴を発現しました。

それらの変異とともに、一種の共感的集団意識が発生しました。その「神経ネットワーク」により、感情の共有が可能になりました。これはネクサスからの距離により減弱します。異常な気候と生物群に合わせて、この集団意識は影響を受けたものの都市内での自発的な孤立と異化をもたらしました。2009年の財団とアルゼンチンの共同調査の際に再発見され、アルゼンチン当局はそこをプエルト・エクストラニョ奇妙な港と命名しました。

今日ではそこはサイト-572により監督され、ミゲル・ガルヴァン管理官は市長でもあります。.この利益相反は明白です。これは、サイトの職員を地方自治体に統合する財団による実験であり、ネクサス学部門が最盛期にあった頃の最後の行動の一つでした。

2. 消えゆく魔法

危機が始まったとき、2つのグループが生き残ると予想されていました。地球外のアノマリー、および異常な野生動物です。今考えると、後者のグループが概ね死に絶えたのは驚くことではありませんでした。しかしSCPS団結号のようなものたちが崩壊し始めたときや、SCP-3003の文明が一晩で崩壊したときには皆が驚きました。我々は地球外の生命やテクノジーは単純に地球の科学の範疇を超えているのみであり、自然の法則を超えているわけではないと考えていたのです。

プエルト・エクストラニョは、地球外に起源を持つ、もしくは外宇宙の構成要素を含む3つの既知のネクサスのうちの1つです(あと2つはニューメキシコ州ソコーロ、アリゾナ州フェニックスのバックドアホーズトです)であり、その異常な構成要素の喪失は直ちにその住民にとって破滅的なものとなりました。テラフォーマーが機能不全に陥ると、市民は酸素化された大気の中で窒息し、動植物は大量死しました。月の裏側の地理学的な変化や冥王星の惑星への復帰に比べれば小さな変化ですが、人類は、多くの天文学者を飲まずにいられなくさせる、酔いを醒ますような現実に直面させられました。すなわち、人類は永遠に孤独であるということです。

このために、私はプエルト・エクストラニョへ出発することを決めました。地球圏外のものは私のネクサス研究の大きな盲点でした。これはそれを正し、宇宙が我々だけを内包してどのように続くのかを見極める、唯一にして最後の機会です。

3. 冗長性

この危機の最悪の点は、これが起こっている事に気付いている財団外の人間は、もしいるとしても極めて少数であることです。数点の証拠は気象の変化、国際関係の変化、あるいは理論の誤りとして却下されています。何よりも、この危機は我々が何兆もの記憶処理剤の生産を無駄にしたということを明らかにしました。殆どの人々は魔法は存在しないと信じたがっており、安心できるならばよりありふれた説明に落ち着こうとするのです。

例をあげましょう。去年の6月、ニューメキシコ州ロズウェル郊外で地球外の航空機が墜落しました。宇宙は地球に、地球外の生命の証拠を大皿に載せて給仕したのです。エイリアンが墜落した場所と言われる有名な街に。世界はただ肩をすくめ、いつも通りに生活を続けました。我々は残骸をあまりやる気なくカテゴリー分けし、やがてそれは他のすべての異常な生物がなったものと同じ懸濁液に変わりました。

財団は地球外の生命の存在を知る多数の組織の一つです。危機の存在が公的に宣言される前の日々、O5たちは、敵対的でないファーストコンタクトの証拠を公的に発表するかどうかを議論してきました。他の惑星からの使節団は、決議案が投票される数分前に自然発火し、この論点は未決となりました。

いくつかの地球外の種族は生き残りました。この片鱗は、未だに変異の多くを保持しているプエルト・エクストラニョの住人に見ることができます。しかしながら、彼らには無気力、絶望感があり、それが私に、どこに忠義を感じるべきかを迷わせるのです。

しかしこのような絶望感の中で、小さな閃きが空から降ってきたのです。

4. 炎を灯そう

4月26日の夜、予期されていなかった流星群が発生し、それに付随して、町内に未だ居住するもの数名──私自身を含みます──が激しい偏頭痛を経験しました。この流星群は前例のないものであり、アレシボ天文台5がもしまだ存在していたならば、そこに集ったものは大口を開けてスクリーンを見つめていたことでしょう。

この流星群は奇妙な色を帯びていました──全体が緑色を帯びていて、奇妙な影の下で大地を照らしていました。隕石群が海面に落ち、そのうち1つは街の中心のテラフォーム装置の中心に落ちました。

婉曲に「タウンスクエア」と呼ばれているテラフォーマーの周辺の地面は、死んだ密林でした。動物の死体と奇怪な植物が巨大な金属の柱を取り囲んでいました。それはかつては青く茂っており、財団は何年にも渡って突破しようと試みていました。しかしそこは現在では火災災害でしかありませんでした。この緑色の閃光がそれにぶつかり、灰色の炎を薮の中に灯しました。

その次に起きたのは、暖かいシャワー、日光、そしてファーストキスを同時に感じたようでした。異常性が消失して以来、プエルト・エクストラニョの集団意識から切り離されていた市民は、描写し難い方法で再接続されました──そして私も激しい感覚の応酬に巻き込まれました。

脳が親しい友人、家族、全てのペットと共有され、それに幸福を感じ続けることを想像してください。これが概ね、灰色の光とともに、そのネットワークが私の脳に入ってきたときに感じたことです──喜び、快適さ、そして精神をハグされる感覚です。

危機が始まって以降絶えていた方法で、世界は色に満ちました──しかしなぜか、これもまた消えていくであろうという感覚がありました。

5. 闖入者

キャサリン・シンクレア博士は西側世界の最高の奇跡術師であり続けており、プエルト・エクストラニョの生活が通常に戻って1週間も経たないうちに彼女が到着したことは、皆の手を止めるほどの驚きでした。

異常な現象が減少してからというもの、奇跡術はほぼ普遍的に奇跡的エネルギー抑制症候群の影響を受け続けていました。シンクレアも同様でした。その6ヶ月前の会議において私が見たときには、とても不幸そうに見えました。今は、彼女は遥かに快活6で、話し好きに見えました。彼女は1人で、彼女の夫はルイジアナから動けず、後に彼女は合流する予定だと説明しました。

彼女はガルヴァン管理官に会いました。私は許可を受け、会談に同席しました。彼女は魔法全般を復活させるという目的を話し、我々に協力を依頼しました。正確に言うと、彼女はテラフォーマーの再起動を引き起こしたアイテムを必要としていました。

プエルト・エクストラニョのニューラルネットワークは、テラフォーマーを中心として、強い自己保存の傾向を持ちます。これは2009年、3名の調査団メンバーが、テラフォーマーを取り除こうと試みたため、変異した市民に暴行された事件で顕著に示されました。

ガルヴァンが彼女に水晶を見せると、我々2人には奇妙な恐怖が走りました。街の他の人々も同様でした。ネットワークに影響されたことに疑問の余地はありません。彼女がそれに振れると、ネクサスに冷たさが走りました。彼女はそれを取ろうとしましたが、ネットワークは再び死ぬことになるでしょう。我々はそれを許せませんでした。

ガルヴァンは制式拳銃を抜き、シンクレアに下がるように言いました。彼女は我々が狂ったとでも思ったかのように見えました。ある意味で、そうだったのでしょう。ネットワーク、そして我々は、シンクレアを盗賊や、危険な捕食者とみなし、コロニー全体を破壊する前に排除しなくてはならないと考えました。シンクレアが引き下がらなかったため、ガルヴァンは彼女の気を逸らし……私は彼女の頭を椅子で殴りました7。その時、私は彼女の片目が義眼であることに気づきました──それは彼女の頭部から落ち、床に転がりました。

我々は彼女を拘束し、彼女をどうするか決めることにしました。

6. 眠り

シンクレア博士は留置房に6時間拘束されましたが、その後主導権を握りました。

彼女は我々に、緑色の破片は同様の7つのアイテムの1つであり、彼女は3つを所持していると説明しました。彼女はそれらがどこにあるか、何なのかは言いませんでした。そして我々は彼女を遠ざけることにあまりに急いでいたので、彼女を身体検査して宝石類を探すことはしませんでした。恐怖は人を非理性的にします。特にその恐怖が差し迫ったものであるときには。

その後、私は気分が悪くなりました。私は謝罪のため彼女のもとを訪れ、彼女が収容房の隅で泣いているのを見ました。私は彼女が狼狽していると考え、話し、謝罪しようとしました──しかし同時に、それまで見たものから、シンクレア博士はストレスによりただ泣いているような人物ではないと考えていました。

彼女は私に顔を向けました。顔の左側は、血に覆われていました。私は後ずさりました。同時に、彼女の義眼が赤、オレンジ、黄色のオーブに置換されているのが見えました。それは彼女が私を見ると同時に、漲った力でカチカチと鳴っていました。その新しい目が私を見たのを感じました。彼女が瞬きすると、血は彼女の顔から蒸発し、その目は更に自然な色を帯びました。

その時、彼女の体は魔力で溢れ、ただ歩みだすだけで収容房と外を隔てるプレキシガラスの隔壁を通り抜けました。そして私の額に手を当て、「眠れ」と命じました。

私は12時間後に目覚めました。隕石は失われていました。サイト全体は機能停止していましたが、町は無傷でした。シンクレアは巻き込まれたもの全てへの謝罪のメモを残し、港から船を奪い、近くの空港まで移動しました。

これを書いている今、私はオーストラリアのダルヴァールへ向かっています。自身を保つためだけにこのような暴力を強いる町に1秒もいたくなかったのです。シンクレア博士は、聞いたところによると、ルイジアナの死想通りラ・リュー・マカーブラーに向かっています。


LRM.png




なので、俺はニューリンを歩き回った。ラ・リューに入れるんじゃないかと思って、ディケイターからモーガンまでな。毎日そうしていたんだよ。それ以前には、決して起こることはなかった。しかしその日にはそれは起こった。そしてラ・リューは決して良くなったようには見えなかった。

そこは暖かく、湯気が漂っていた。まるで俺たちがワニの胃に詰め込まれたみたいに。そしてネヴァーン・ノットは店じゅうがパーティーで、まるで疫病神だらけのマルディグラみてぇだ。ナンシー爺さんがパパ・レグバや男爵と一緒にいた。畜生、バイユー・ボーイズまでいやがった──そいつらに会うことは正に驚きだ。

バイユー・ボーイズは、ああそうだ、団さ。それで団ってのはラ・リューが薄い空気に消えていった原因になった奴らだ。だが今じゃ、ここで奴らは、ラ・リューに何も起きてねえかのように飲んでる。奴らの中にゃ見慣れない奴もいた──炎みてえな頭した女と、そいつの男、整えたドレッドヘアの男だ。ふたりとも団の印をつけてたが、旅行者みたいに見えたな。女の方は半マイル先まで虫除けスプレーみたいな臭いがした。

そいつらはパパ・レグバと話をしていた。終始かしこまって、その女は何を話をしているのかわかっている感じだった。全員にきちんと称号と名前をつけていて、驚きだったね。堅すぎるくれえだった。ナンシー爺さんはどうもそれが気に食わねえ感じだった。その女をうるさいハエみてえに見ていたね。

爺さんは吐き捨てたよ。
「魔女の嬢ちゃん!ここに踏み入って、あんた方がこれ全部を引き起こしたのをなかったみたいに振る舞えると思ってるのか?つい一週間前まで、俺は頭の良い蜘蛛に戻っていたよ。時間の始まる前以来だ。物語もなくなっちまった。あんた方が汚したんだ。」

彼女は彼がまるで外国語を話しているみてぇに彼を見た──それはクイーンズ・イングリッシュだった。なのにナンシーを火星から来たみてぇに!彼女はクレオール語で返事しないようにしようとしたが、あまりに下手で俺は繰り返そうとは思わねえ。だがそこで旦那が割り込んで──そっちはクイーンっぽく、もっと上手かったし、大体意味が通じた。

彼は言ったよ。
「ナンシー卿、恐れながら、我々は全ての魔法を再び作るために来たのです。ラ・リューに限りません。もし親切にも我々にコデックスをお渡しいただけたならば──」
いや、俺はコデックスってのが何か知らねぇ。ただ俺が見たものを語ってるだけだ。

ナンシー爺さんは団そのものを滅ぼしそうな視線を向けた。ラ・リューが閉じ始めた日に、その恥の毒でお前らの血管を満たす視線だ。彼は吐き捨てた。
「お前は白い臭いがする。お前は白い理屈を喋り、世界で最も白い組織で働いている。」
あの男は団がどれほど多様性があるか、多くの──なんかクソみたいなことを言おうとした。だがナンシーはただこう言った。
「俺は団の精神が白いと言いてぇんだ。力ある征服者、救世主、闇の中の光、ハ!何人が団に囚われている?あのディークラスとかいう?」

あの男は言った。
「全て開放されました。もはや必要ではないのです。」

「最初のディークラスはそれで満足してるのか?俺たちの町から出ていけ、財団。」

「待ってくださいよ、バイユー・ボーイズは良いのですか?」

「あいつらは団じゃねえ。あいつらはラ・リューの一部だ。」
爺さんは鼻で笑った。
「あいつらは俺の網の上を絡まずに歩くことができる。お前らに出来るか?団よ。」

その時、ナンシー爺さんは奇妙な宝石を取り出した。真っ青で、ここ何年のラ・リューの水や空よりも澄んでいた。バイユー自体が命に溢れたみてえだった!団の奴らはそれこそ網にかかったみてえにそれに見入ってたよ。ナンシー爺さんが出したものと同じくらい強くな。爺さんは昼飯を捕まえたみてえな目で二人を見てた。その時だ、ナンシー爺さんは魔法使いの女から目を引き抜いて自分の首にかけた──気味悪いと思うよな?でも本当なんだ。

爺さんは二人をネヴァーン・ノットの前に縛り付けた。降ろしてくれるよう頼むまで、何時間もだ。魔法使いの女の方はもう少しで抜け出せそうだったが、ナンシー爺さんはオカルト薬草使い程度のモンじゃねえ。その後は女の口からは悪態しか出てなかったよ。

その時……ブーツのザッザッザッっという音が聞こえてきた。沢山の男と女。全員黒い服で、ジオシーのマークを付けていた。ラ・リューにだぞ!俺はどうやってあいつらが入ってきたのか知らねぇ。だがナンシーはあいつらを見ると、全員ラ・リューから出て行けと言った。

勿論俺は残ったさ!誰かが何が起こったか話さなきゃならないからな。

ジオシーはナンシー爺さんのところに歩いてきて、一人の男がとても怒った様子で前に出た。そいつは肩に弾でも受けたみてぇに片腕をぶら下げてた。それで鼻を鳴らして爺さんの胸に銃を突きつけた。それからナンシー爺さんにその飾りモンと、他に爺さんやラ・リューの連中が似たようなモンを持っているなら渡せと言った。そのジオシーの奴はその時一つの間違いをした。彼を「アナンシ」と呼んだ。とても無礼なことだ。

俺はその男、バウは、爺さんが至高にして全能だと知った上でその名を呼んだんだと思うね。ナンシーは自分がそうだったと知っていた。爺さんはバイユーそのものから網を取り出そうと、そのジオシーの男を埋めてやろうとした──だがジオシーの男はナンシーを怒らせたかったんだ。ナンシー爺さんは青い飾りモンをむき出しのまま着けていた。バウはそれを引きちぎって、ナンシー爺さんの胸を真っ直ぐに撃った。一、二、三回も!

植物も動物も、みんなが叫びだしたみてえだった。バイユーの鳥たちから、ナンシー爺さんが面倒を見ていた蜘蛛まで。蜘蛛の糸が爺さんの胸から出て、ジオシーの奴の手に絡み燃やした。だけどジオシーの奴は引き剥がした──飾りモンを壊してな。旦那のほうが抜け出して、バウに飛びかかろうとした。だけどラ・リューは狂っていった。通りはうねり、黒い水と蜘蛛の網と墓場の泥に変わった。そんな景色は見たこともねえ。ナンシーを撃ったことは、ラ・リューを殺すことだったんだ。

その時、ナンシー爺さんは皮を脱いだ。爺さんはそんなことは絶対にしたがらなかっただろうが、十分な網を出すにはそうしなくてはならなかった。ラ・リューが完全にバラバラになっちまう前に繋ぎとめるために。ジオシーの奴は飾りモンを掴んで、“道”を開けた。それで自分の仲間も何も一切を通したんだ!

ナンシー爺さんは血を流していたが、死にそうじゃなかった。最初は魔法使いの女とその旦那が手当しようとするのを止めなかったが、そのうち自分は大丈夫だ、放っておいてくれと文句を言い始めた。ナンシー爺さんはラ・リュー全体を繋ぎとめようとしていたが、うまく行っていないようだった。

そこで、ドレッドヘアの男は、持っていた黄色の飾りモンを取り出して、ナンシー爺さんに渡した。魔法使いの女は青いやつの残りを吸い上げて緑色のやつと合わせた。女はマジで悲しそうに見えた。でもナンシー爺さんに渡した。爺さんは飾りモンを使って壊れたラ・リューを戻そうとし始めた。しばらくすれば、元の通りになりそうに見えた。

ラ・リューがしっかりし始めたあたりで、俺はみんなを残して通りを歩き出した。ジオシーがあれだけやった割には、ラリューはまだ開いていて、そこはまだ俺の家だ。道へと戻るたびに俺にはわかる。ラ・リューは絶対に閉じたりしねえし、魔法は消えていきなんかしねえ。


WWS2.png

3P.png

キャサリン・シンクレアの左目から発する熱が、右側の痛みを紛らわせた。ユニコーンの角はノコギリのようで、それに切り裂かれると激しく痛んだ。だがそれは治せるものだ。しかしそれには時間がかかり、そして彼女は医者が傷に不審を抱くことを恐れた。

彼女はオレゴン健康科学大学病院内にあるスリー・ポートランドへの“道”を知っていた──そのために、そこへ運ばれるように頼んだのだ。彼女は今はそれがどこに繋がっているのかわからなかったが、かつてはディア大学の第一医療棟に繋がっていたのだ。

“道”は看護師休憩所の自動販売機の中にあった。コデックスを使って幻覚を編み、激しく疲労した看護師に変装すれば、忍び込むのは簡単だ──だが、休憩所には武装した警備員がいた。彼はライオットギアを装備しているように見えた。彼のベルトには、魔法を無効化する緑柱石青銅の粉のグレネードが繋ぎ止められているのがシンクレアには見えた。

シンクレアは周りを見回した。それまで、改めて周りを見たことはなかった。病院の清潔なホールは連合のエージェントでいっぱいだった。通常の制服の者もいれば、コンバットギアを身に着けた者もいた。
「ここに連合が?クソッ!」

「キャサリン?」

シンクレアは縫い合わせた傷が引き伸ばされるのを感じながら振り返った。彼女の夫は、明らかな失望を顔に浮かべていた。
「休んでなきゃダメだ。」

「スリー・ポートランドへの“道”と最後の破片が同じ病院にあるのに?その上、連合のエージェントでいっぱいなのに?」
彼女は眉をひそめた。
「彼らがコデックスを使って何をするつもりなのか、あなたは知らないのよ。」

「それは我々がそれを使ってやろうとしていることよりも悪いのかい?」
レイノルズは腕を組んだ。
「財団がただ……それを使って魔法を閉じ込めることはないなんて、誰が保証できる?」

「私はそれを起こさせるつもりは無いわよ。」
シンクレアが制した。
「評議会に面と向かってやめさせなくてはならないとしても気にしないわ。魔法は自分自身で復活しようとしている。でもそれには私達が全てのコデックスを集めなくては。」
彼女は角を見回した。
「クソ、あそこに入らなくては。でもどうやって?」

レイノルズは自分の頭を指差した。
「考えるんだ、キャサリン。考えて。ポートランドに行くにはたった一つの“道”しかないのかい?大学にも一つしか“道”がないのかい?」

彼女は眉をひそめた。それから彼女の左の眼窩を占めるコデックスを叩いた。命令を口にする必要すらなかった。ただ考えた。
探して。

少なくとも、一ダースの金色の光の線が彼女の視界に現れた。その一つは看護師休憩室を指し示したが、ほかは連合のエージェントも、不安そうな医者も乗っていないエレベーターを指し示した。

レイノルズとシンクレアはエレベーターに走った。シンクレアの手は、コデックスに導かれ、エレベーターのボタンを叩いた。そして下降した。


3P.png

スリー・ポートランドは自然とは言えなかった。それはポートランドという名前の三つの別々の町の意味論的、概念的な関係から作られており、純粋に人の作ったものだった。そして、それにも関わらず、エレベーターがディア大学の科学キャンパスのメインアトリウムに開くと、二人は建物の中に生える森に迎えられた。

煙突のように太い松の木がアトリウムの中央から生え、天井を突き破り、大理石とガラスを床に散らばらせる程に速く育ったようだった。更には、様々な低木や下生えも生い茂っていた。

「太平洋側の北西部が侵略を開始したみたいね。」
シンクレアはその周りを回った。反対側は、大学の他の部分へと繋がる扉となっていたが、大学のキャンパスというより温帯多雨地方の森のようだった。スリー・ポートランドには典型的なことだが、地平線は地面より高い位置にあり、建物を出るのは方向感覚を失わせるような体験だった。

「コデックスのせいでこれが起こったのか?」
レイノルズは眉をひそめた。
「何がどうなって?」

「私の推論だけど、それは“市長”を目覚めさせた。そして“市長”は誰もが去ったと考えた、だから……」
彼女は建物の出口を塞ぐ根の下にしゃがんだ。
「それはスリー・ポートランドをもっと……人のいない形に作り変えようと思った。」

「ふーむ。」
レイノルズも根の下に入った。彼は身を屈めなくてはならなかったが。
「じゃあ、破片はどこにあるんだ?」

探して。シンクレアは思考した。彼女の視界から、紫色の光のビームが前方に集中し、キャンパスの中央を指した。
「こっちよ。」

二人は森へと踏み入った。背後でエレベーターが開くのに気づかずに。


3P.png

最後のコデックスの破片は、ディア大学の紋章の上に吊られていた。紋章は石と鋼鉄で作られ、盾形に縁取られ、地面から一フィート、幅三フィートあった。伝説によると、正午か真夜中にその上でキスをしたカップルは、残りの人生の間別れることはないと言われている。それは地平線よりも高い常緑樹の森の中にあった。

「何でこれは浮いているんだ?」
レイノルズは見上げながら言った。
「他はこんな風には……ふむ。」

「大気中に潜むEVEによって支えてれているのかも?スリー・ポートランドはいつもそういうもので満ちていたわ。」
彼女は瞬きをしながら見上げた。
「もしかしたらあの木の枝から張られたナノワイヤーで吊られているのかも。」

「トラップか?」

「見え見えのね。多分気を逸らすための──」

シンクレアは圧力の波が背中を打つのを感じ、そして頭を紋章に載せ、衝撃のため鼻から血を流して四肢を投げ出していることに気付いた。ブーツの音が周り全てから聞こえ、銃口が首の後ろに押し付けられるのを感じた。

ナノワイヤーが切れるパチリという音がして、紫のコデックスの破片が、黒いスーツを着た連合のエージェントの手に握られた青いものとぶつかった。その青白い手は蜘蛛の巣のパターンが焼き付けられていた。彼はサングラスの向こうから彼女を嘲笑った。
「何を考えているか当ててみせようか──」

「あんたみたいなありきたりな悪役を見たのはブラック・オータム以来よ。当たった?」
彼女は息巻いた。
「でも驚くほどじゃないわ。まだ何人もバウが出てくるのかしら。」

バウは笑った。
「ああそうさ、その通り。君はスロース・ピットから来た。ブルドーザーでならしてやるさ。」
彼はコデックスを両手の間で投げ渡した。
「ハイ-ブラジルで俺が言ったことを覚えているか?」

「連合は世界中の魔法を手に入れようとしている。なぜだかわからないわ。もしナルニアが本当にあるのを発見したなら、できるだけの爆弾を持ち込んで、起爆スイッチを押し、そして衣装箪笥を閉めればいい。」

「実はもう少し複雑でね──その場所のあり方が俺の話し方に影響してるのさ。」
バウは肩をすくめた。
「魔法とは鉄のようなものだよ、シンクレア博士。それ自体では、使いようがない。世界はそれを奪い合って回ってるし、磁場を留めることも出来る。そのままの鉄で人を殴り殺す事もできるだろう。だがそれは人の手で精錬できるし、より良いナイフや剣や銃のバレルにできる。君のような奇跡術師は何百年もそれを行ってきた──支配することなしにね。」
彼は自分の手の中にあるコデックスとシンクレアの目の中にあるものを交互に見た。
「それこそ我々が目指すもの──魔法の管理だ。我々のルールの下でのね。」
彼は手にした、七つのうち二つのコデックスを掲げた。
「だが我々はまだ完全なパッケージを揃えていない。」

「それで?人質と交換するの?私の目を夫と?それとも私をあなたの組織に迎え入れ──」

バウは彼女を押さえつけているエージェントに頷いた。彼女は立たされ、バウと向かい合わされた。そして彼女は背中に二点の熱を感じ、二度の破裂音と苦痛の叫びを聞いた。そして体の両側を暖かいものが流れ落ちるのを感じた。彼女は信じられない思いで見下ろし、同時に口に血が溢れた。そしてエージェントは彼女を紋章の上に横たえた。彼女の左目からコデックスが抜き取られる間、視界は色を失っていった。

「デルベイス王は正しかった。独演はやめろ……何かをするわけでもないならな。」

さらに二つの銃声があった。モントゴメリー・レイノルズが彼女の隣に乗せられた。体は衝撃で震えていた。

「こんな……」
シンクレアは喘いだ。
「嘘……こんな……こんなことって……」

バウが歩き去るのが聞こえ、彼女は彼を見るために体を起こそうとした。彼は片手にコデックスを持ち、それを再統合しようとていた。彼に向けられた憎しみとエネルギーで、彼女は命を延ばすことができた。連合からコデックスを永遠に失わせることができた。サイト-87にそれをテレポートして帰す事ができた。あるいは夫を助けることができた。

「モンティ……」
彼女は彼の顔にすがりついた。
「モンティ、彼らを止めると約束して、コデックスを……見つけると。」

「だ……ダメだ。」
彼は両手で、彼女の手を包んだ。
「き──君なしの世界も、ま──魔法のない世界も、同じことだ」
彼の目が震えて閉じた。そして彼の息は浅くなった。

「だめ、ダメ、ダメよ……」
何か助けになるものを求めて、シンクレアの目は忙しく周りを見回した。スリー・ポートランドを流れるレイラインは彼の命を数時間は支えられた。もし二人ともを救うならば、彼女にはコデックスが必要だった。しかし彼女には、それは“道”を通じてこのプレーンから離れつつあり、後には真の力の真空地帯が生じていることが感じられた。

彼女の左目が占めるその空虚は、彼女の夫のポケットの青い光に帰結した。彼女はそれに手を伸ばし、青いクリスタルの欠片を見つけた──思い出した。それはラ・リューでの乱闘で砕けて落ちたものだった。どれほどの力がそれに残っているのかはわからなかったが……二人を維持するには十分かもしれない。

「モンティ、私たちは大丈夫よ。」
彼女はレイノルズの電話を取り出し、ディア大学の職員詰所にコールした。それから、彼女は彼の手と自分の手を重ね、オリカルコスの破片をその間に握り込んだ。「この呪文は──い、医療スタッフが来るまで──二人の命を維持する。これで大丈夫──。私に続いて言って。」
彼女は息を整え、意志力を高めた。
De tha xethoriáso。」

「デ……デ、ザ……」
彼は咳き込んだ。
「で──できない。は──発音できない。」

「じゃ、じゃあ英語でもいいわ!」
彼女は手をより強く握り、彼の唇にキスをした。
「これは、"私は消え去らないI will not fade"という意味よ。お願い、モンティ、お願い……」

二人は正午を過ぎるまで祈り続けた。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。