SCP-6500
SS.png

.

評価: +17+x
The ListPages module does not work recursively.
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

アイテム番号: SCP-6500

レベル-

収容クラス: KETER

撹乱クラス: AMIDA

アイテム番号: SCP-6500

レベル-

収容クラス: KETER

撹乱クラス: AMIDA

Sauelsuesor.jpg

太陽の南極付近のSCP-179。不活性かつ不応答。

特別収容プロトコル: 各サイトは収容記録を再点検し、管理下にあるアノマリーのうち、人類への害、もしくは異常についての知識の拡散が無視できるものを指定しなくてはなりません。これらのアイテムは非撹乱アノマリーと指定され、それらの収容は停止、もしくは簡素な観察のみに簡略化されます。実務上、これらは以下の手法を含みますが、これらに限定されません:

  • 協力的な振る舞いを記録されている人型アノマリーは追跡デバイスを注射もしくは装備(もしも彼らの身体/異常性が許すならば)された上で開放されなくてはなりません。ケースによっては、新しい身分を与えられることもあります。
  • 宗教的・神話的アーティファクトはそれぞれの文化的地域、人民に返還されます。
  • 動物その他の生物は、より制限の少ない環境下での飼育手段とともに、ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズまたは類似の要注意団体の保護下に開放されます。
  • 書物や魔術書は、放浪者の図書館への返還のために、蛇の手の工作員に譲渡されなくてはなりません。図書館からの外交員は、財団が必要なアイテムを保持することを許可しています。
  • 異常な地域はネクサスに与えられるものと同レベルの自治を与えられなくてはなりません。これらの境界の警備は大幅に減らされます。

以上の行動はこれまでの所、SCP-6500の効果を逆転させるには不十分ですが、いくらかそのプロセスを遅延させていることに留意すべきです。

戦術神学、応用奇跡術、実践的空想科学の各部門の会合により、SCP-6500に関連したあらゆるオペレーションは、文書化し、そのコードは可能な箇所では保護結界に沿って配置されるなどの秘術の要素を含まなくてはならないと決定されました。

プロトコル・シックス・サン: SCP-6500の対抗や無力化の目的で行われる全ての特殊ミッション(道)は、探索されるアイテム(SCP-6500-α)の完全性を損なわないため、もしくはSCP-6500の影響による当該アイテムの崩壊のリスクのため、儀式的側面を含まなくてはなりません。プロトコル・シックス・サンの要素にアクセスする職員は、これらの儀式およびそれらの内容を保護する奇跡論的メカニズムの必須の副作用としての、極めて非典型的な提示フォーマットを予期しなくてはなりません。


2521remains.png

SCP-2521の残骸。まだ火のついた煙草が近くで発見されている。

説明: SCP-6500は異常のみを標的とするエントロピーのプロセスです。これは主として様々な形態の奇跡術(口語的には「魔法」として知られる)に影響しますが、決してこれに限りません。SCP-6500は過去10年、1,500以上の異常な人物、アイテム、場所、そして現象の無力化を引き起こしてきました。

SCP-6500は様々な形態を取ります。例えば、これまで不死と考えられてきたものを含む、生物的アノマリーの老化プロセスの加速があります。基底現実外のオブジェクト──時間的移動および、平行もしくはより高位の存在領域からの転送の両方のケースを含む──は、触れることが不可能なまでに薄れて非存在となったり、既知の時空間の法則との不調和のために激しい構造崩壊を呈したりします。

その公的な認知と研究の開始以来、SCP-6500は収容の努力により加速することが判明しています。もし阻止されないならば、全ての既知および未発見のアノマリーの完全な無力化は5年以内に完了し、宇宙の状態は不可逆に変更され、我々の組織は不要となると予測されています。

O5-1のオフィスより

歴史: SCP-6500は比較的最近増加したものですが、そのような現象の発生の可能性は過去に様々な宗教、オカルト団体、個人により提唱されてきています。放浪者の図書館では、SCP-6500は「シパクトリの饗宴」もしくは単に「難局the Impasse」と呼ばれており、「最終オカルト戦争」として予言されたイベントです。

SCP-6500現象に言及していると思われる最も古い文献としては、サーキックの文書集の中で、未知の学者により記録されたものがあります。これは、崇高なるカルキスト・イオンによるダエ-バイトの都市であるクルストの陥落を神話的に語ったものです。


ソーン・カルマ

「卑語を歓喜して叫ばぬよう、これらの行いの高慢に苦しまぬよう。」

魔術師王は浮かれる彼のクラヴィガルに向くことはなかった。代わりに、彼は遠くに話しかけた。まるで懇願する創造物それ自体に話しかけるように。

「我々の進軍は陰鬱なものである。たとえ彼らの刃が汝の喉を狙わんとしていても、我らを支配していたかもしれなかったものへの哀れみを保て。彼らは物事の大いなる性質を知らぬがゆえに。」

これにオロクは問いかけた。「確かに、Pajiwemä.逐語訳:「柳の母」──植物術botanokinesisを使う、ダエ-バイト社会の女族長を指していると考えられます。の束縛を耐えたものとして、あなたこそが最も我らの報復を喜ぶべきではないのですか?」

魔術師王の目は要塞都市の消えゆく燃え殻に固定されていた。にも関わらず、オロクは彼の刺し貫くような眼差しを感じた。

「敵はその支配の中に入らぬもの全てを消し去ろうとする。Važjumaを飢えさせることは、彼ら自身を飢えさせることである。」

イオンは自らの言葉に浸り、振り返って彼の弟子たちを見た。彼らの開放者は彼らに懇願し、一滴の涙を流した。

「貪るものは眠っているが、目覚めることはない。そこには夜と、虚無しかない。」

SCP-6500が財団に発見されたのは、財団の結成メンバーの一人が仮説を提唱したためでした。その人物は、最初の5人の監督者には、O5-0として知られていました。

財団初期の記録は一貫していないため、O5-0の来歴と個人史についての情報は殆ど存在せず、その多くが矛盾しています。彼/彼女の職歴において、広く事実と考えられている唯一の事項は、「O5-0」という呼び名は彼/彼女が他の監督者と並んで財団を指揮することを拒絶したことへの侮辱としてつけられたものであるということです。以下の文書はいずれも出典の信頼性が不十分ですが、O5-0と思われる人物について、様々な情報源で描写しています:

O5-0は組織の拡大と影響力の増大についてのイデオロギーの相違から財団を去ったと思われます。監督評議会はSCP-6500が発生する可能性を認めず、それゆえ、財団の活動範囲を制限するO5-0の提言を却下しました。

O5-0が姿を消した後、その居室が調査されました。財団に残った職員は、4つの異常なアーティファクト(SCP-6500-αと総称)に関する、O5-0による注釈の付いた数十点の文書を回収できました。全体を通して、文書にはそれらと他のアノマリーや、SCP-6500との関連について記述されています。

これらのアイテムの回収は今後の作戦に極めて重要であると考えられています。



プロトコル・シックス・サン



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。