SCP-6643
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

評価: +20+x

アイテム番号: SCP-6643
レベル2
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
gleipnir
撹乱クラス:
vlam
リスククラス:
danger

Tentrampage.jpg

サイト-43の収容違反中におけるSCP-6643。

特別収容プロトコル: SCP-6643が存在している場合、深妙物質処理インシデントが発生しています。そのインシデントの対処はSCP-6643の収容を構成しています。その間、職員はこの対象との接触を避けるよう忠告を受けています。

玄妙除却職員は、さらなる未然の収容を可能にするためSCP-6643の起源を理論立てることが推奨されています。.Gleipnirクラスアノマリーは、標準的な分類に当てはまらず、劇的な収容課題をもたらします。


説明: SCP-6643は、玄妙除却処理 — 異常な副産物の無力化 — に関連するあらゆるすべての収容失敗の際に出現する、橙色のエクトプラズム的仮足であり、質量と活動レベルはインシデントの重大性に比例します。出現する状況の外因的な緊急性や、どの標本もきっかけとなるイベントを越えて残存したことがないことから、その原因、組成、潜在的認知能力の評価は困難です。

玄妙除却専門家は、この実体を口語的に「ヴェルヌ」と呼称しています。


補遺6643-1、現象論的概説: 初めて記録されたSCP-6643の出現は、1921年に財団と提携していた玄妙除却グループ(AAG)の本部、今日の処置エリア-21で発生しました。研究者らは、フレデリック・バンティングによって作成され、奇跡術的に濃縮された風向の変化に耐性を与える粒子で強化された大量の異常なサルファマスタード("マスタードガス")を廃棄していました。元財団研究者であるバンティングは、第一次世界大戦で使用するためカナダ連邦政府と連携してこの新たな化合物を開発していました。化合物が配備される前に、1918年に休戦協定が行われ、バンティングは不承ながら除却のため化合物をAAGに放出しました。文書化されていなかった腐食性質のため、収容違反が発生し、施設の地表面は浸水しました。職員は高架のガントリーに退避して化学やけどを避ける一方、緊急換気システムは低位置の雲を吸収しました。この処理の開始から終了までの20分間、職員はSCP-6643が施設を探索してさまざまな道具を操作しているのを観測しました。現地の防護服を装備した警備員が、換気完了の前に実体を撮影することができたものの、換気が完了すると実体は即座に消失しました。

oldesttent.jpg

エリア-21におけるSCP-6643の最初の出現。

エリア-21管理官ウィン・リーゼレッハ博士は次のように述べました。

あれは探し物をしている、という印象をはっきりと感じられた。ここの職員の中には、あれは廃棄物を放出しようとしていたのだと考えるものもいるが、ガスを我々が吸い込まないようにしていたのか、それとも一緒になって処理を手助けしようとしていたのか、意見がわかれているところだ。残念ながら、床がきれいになった途端に消えたことは、どちらの結論も同等に支持している。

Microtent.jpg

顕微鏡のスライドに出現するSCP-6643。

財団玄妙除却プロジェクトの黎明期は事故が多発しており、大半は小規模でしたが大規模なものもありました。まもなく、SCP-6643出現の条件は非常に緩いと断定されました。最も無害な深妙蒸気が収容から放出されたことさえも、微視的形態ではありましたがSCP-6643の出現をもたらしました。

SCP-6643のふるまいはいまだに不可解でした。深妙排出と相互作用する発生もある一方、収容装置に集中したり、明白な目標を全く追求しなかったりすることもありました。どの発生でも、現地の職員は仮足の物理的発生地点を特定することができておらず、また、どのケースでもその動機や気質が不明であるため、このアノマリーとの交流は推奨されていません。

サイト-43における、リーゼレッハ博士が死亡しかけた収容違反の際には、SCP-6643が空気中の有害な廃棄物を吸収するのが見られました。これにより、リーゼレッハ博士の回収が促進されました。観測していたアイザック・オコリー博士は次のように推測しました。

こう言っては何ですが、あれは彼を助けようとしていたのだと妥当に考えています。あれは、あちこち動き回って蒸気を吸い込んでいました。さらに、流れが遮断されていても触手を動かして空気を循環させていて、次にはうつぶせのリーゼレッハ博士がいる床に職員が沈まないようにしていました。ヴェルヌが現れていなかったら、彼は助からなかったでしょう。我々がアノマリーを直接使用することはないとはわかっていますが、あれは実に有害な事故における組み込みの防御機構であるかのように感じられます。自分のセキュリティクリアランスレベル以上に推測はできませんが……我々自身を手助けするために我々がこれを開発したと知っても、驚くことはないでしょう。

この理論は、玄妙除却史最悪の単一の災害 — 記録上唯一のケースです — の際に事実の歪曲という不名誉を被りました。2002年のサイト-43におけるインシデント AAF-D-117では、連鎖的溢流シナリオの中で、財団最大の深妙廃棄物精製所のほぼ完全な喪失が引き起こされました。これにより、裏付けのある中で最大のSCP-6643標本が出現し、それは下級研究員レウベン・ヴィルトをつかんで収容違反した施設の中に引き寄せ、彼はおそらくそこで落命しました。

colourtent.jpg

サイト-43の収容違反中におけるSCP-6643。

このインシデント — 現在はSCP-5243に分類 — は、関与していた時間対抗物質のため、丸一年ごとに再発してこの行動を繰り返し実行しています。

アドリヤン・ズラター博士は、2005年にサイト-43応用隠秘学セクション長であった際に別の理論を提言しました。

もしかしたら、私たちはこれに完全な思い違いをしているのかもしれません。もしかしたら、あれは前から存在する実体でも、処理災害に内在する構成要素でもないのかもしれません。むしろ、カタストロフの概念の概念物理学的具現体であるかもしれないのです。そのような出来事に内在する混沌の具象化です。深妙物質がより多くの災害にかかわっていたとすれば、あらゆる種類の災害であれの登場を見られるかもしれません。私たちが玄除で取り組んでいる素材の類が、あれの出現に必要な燃料を全部与えているかもしれないのです。一方で、ありふれた地震、火山噴火、そして嵐では、概念的敷居にてあれは目に見えぬよう潜伏しているのです。

本質的に反証不可能なズラター博士の提言は、同僚からの評判が悪く、彼は2015年にSCP-5243で死亡する前にこれを証明できる証拠を収集することができませんでした。その後5回蘇生した — やはりSCP-5243のイベントにおいて — ものの、それぞれのズラター博士はこの種のアノマリーのさらなる調査を断固拒否しています。

1995年、玄妙除却技術士ムブカ・レーニアは、サイト-91と関連する使用されなくなった一連の精製トンネルにて、閉鎖型実験を行いました。変性した幽遠物質 — 無害なものの、ユークリッド幾何学内での収容に耐性がある — をまかれた管類により、SCP-6643が即座に反応するような進行中の物質収容違反と同等のものを発生させました。実体はおよそ1時間トンネルを探索してから消滅し、事態が完全に解消する前にSCP-6643が努力を放棄する唯一の既知のケースでした。

91tent.jpg

サイト-91におけるSCP-6643。

レーニア技術士はこの実験の結果に次のように満足しました。

今、我々は、あれには欲するものが確実にあり、何らかの形の知覚力が確実にあることを知りました。あれは漏出が妥当かどうか確認していて、今回はそうでなかったから引き取ったのです。あるいは、あれは漏出する物質を用いて何らかの目的を達成しようとしていて、このゆっくりとした漏出では達成できないと判断したかのどちらかです。確かに、これらが正反対の理論でなければよかったのですが、我々は理解できるものを受け止めるのです。

SCP-6643の起源は、以下のようにさらなる理論が提言されています。

  • それぞれの出現は、1体の外次元の頭足動物か真核生物の別々の付属器官である。
  • それぞれの出現は、放浪者の図書館の「蛇」が基底現実に手を伸ばし、隠秘学的知識を探しているのを表している。
  • それぞれの出現は、深妙物質収容違反で発生するような時代錯誤粒子が高濃度になるイベント群によって、時系列的に適応した同一の失時実体である。
  • それぞれの出現は、同一の出現であり、活動の違いはその時点の時空の形状の変化に原因を持つ。

サイト-43の現在の応用隠秘学セクション長であるウド・オコリー博士は、2022年4月22日のウィーンにおけるAAG年例祭典で次のような意見を述べました。

私は、これらの発生が単一の持続する実体の目撃を表していると提言できる説得力のある理由が、部門の伝統以上には思いつきません。この難問の答えが、「あれは私たちを助けようとしている」とか「あれは夕餉を探しているクトゥルーである」とか「あれはトチ狂った時間渡航者である」とか、物語的にとても魅力的だ、とはどれにも等しく納得できません。誰にもお気に入りの説明はありますし、私もお人よしではありません。ときおり、私たちの見ているものは、自然が何度も生物をカニに進化させる現象の、カニ化と同等の異常現象であると考えたくなります。6643は、魔法に富んだ環境において霊的なタコに進化する超自然的試行に過ぎません。いわば「ツタ化」というようなものです。

ですが、認めなければなりません……もし私が正しければ、私は少なからずムカつくでしょう。それが我々の長年待望していた説明であったなら。どんな説明でも、肩透かしを食らわないでしょうか? 本当に目を見張るようなものでもなければそうなるでしょうし、経験上、現実の機能の仕方はあまりそのようにはならないものです。

AAGのどの研究員も、あれが、「ヴェルヌ」が最初に出現したときを見ていました。つまり、今まで玄除で働いてきた人は誰でもあれを知っていて、考えていて、どこから来たのか何がしたいのか想像してきた、ということです。'66にリーゼレッハがいなくなったときも、これは未解決問題でした。2001年に私が引き返したときも、これは未解決問題でした。私が逝くときも、これはまだ未解決問題のままなのでしょう。

そうでなければ、ついに解明できたのならば、私は大興奮するでしょう。これはパズルであり、エニグマであり、科学的方法はこういったものを可能な限り特定して、取り組んで、解決するために存在しています。もしこれの終わりを見ることになるのならば、私はこの不可思議を解決した人に祝杯を挙げるか、自分で深いおじぎをするでしょう。

そして、どちらの場合でも、やはり私は非常に、非常に心から、がっかりすることでしょう。

AAFDtent.jpg

サイト-43の収容違反中におけるSCP-6643。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。