SCP-672-JP
rating: +89+x
blank.png
672-JP

SCP-672-JP

アイテム番号: SCP-672-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-672-JPはサイト-81KAの標準収容ロッカーに格納されます。

説明: SCP-672-JPは長さ15cmの未知の素材で出来た釘です。SCP-672-JPの先端に直接接触した人間をSCP-672-JP-1に指定します。SCP-672-JP-1がSCP-672-JPに接触した周辺の皮膚の一部は細く剥離し、一般的に"さかむけ"と呼称されるような状態になります。また、SCP-672-JP-1の肉体は切除、分離できず、再生もできない状態となります。

SCP-672-JP-1の皮膚の剥離は身体運動やその他生理的活動に伴う刺激を受ける度に進行し、これに伴ってSCP-672-JP-1の表皮及び真皮、血管、神経、皮下組織等を裂断します。前述の異常性のため皮膚の剥離部分は分離することができず、裂断部分の再生も行われないため、剥離した皮膚片と裂断箇所は治癒することなく増大し続けます。出血に伴う刺激は皮膚の剥離を進行させる要因になり、止血も不可能であるため、血管の裂断以降は皮膚の剥離の進行が加速し、SCP-672-JP-1は失血し続けます。

SCP-672-JP-1の皮膚の剥離部分は概ね太さ2mmの紐状を維持します。皮膚の剥離は頭頂部まで直線的に進行した後に折り返し、指先や足先に到達するとまた頭頂部に向かって進行し、以降同様のプロセスを途切れることなく繰り返し続けます。刺激を抑えて可能な限り安静にしていても、生理的活動や出血に伴う刺激により剥離は進行するため、処置を行わなかった場合SCP-672-JP-1はおよそ3日後に失血死します。SCP-672-JP-1に対して輸血を実施し続けた場合は生存期間は大幅に伸びますが、およそ5日で全身の皮膚が剥離し出血量が輸血量を上回るため、7日以上の生存例は存在していません。

以下はDクラス職員を用いたSCP-672-JPの実験記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。