SCP-6777
rating: -15+x

IchifujiBakuuChannel

SCP-6777のYouTubeチャンネル

アイテム番号: SCP-6777

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-6777、及びその副産物は現在収容不可能な状態です。

SCP-6777による干渉の痕跡が確認された場合、速やかな痕跡の削除、隠蔽が試みられます。財団職員がSCP-6777の配信を視聴する際は周囲環境に注意してください。指定の区域外での視聴は認められません。SCP-6777の登録者数を減少させるための批判活動は推奨されます。

SCP-6777の現実世界への顕現が確認された場合、戦術神学部門と機動部隊イータ-77(“球体をもった球体”)が鎮圧・収容を担当します。

説明: SCP-6777は「一富士ばくぅ(Ichifuji Bakuu)」という名義でバーチャルYouTuber1活動を行っている実体です。現在までにSCP-6777はYouTubeチャンネルの他にTwitterやSteamのアカウント等公開済のものを含めて計23のアカウントを作成していることが判明していますが、いずれからもSCP-6777の所在の特定は失敗しています。

SCP-6777は少なくともレベル4以上のピスティファージ実体であり、自身に対して強い好感を示すファンの数に比例して現実世界に対する干渉が強化されます。この効果はファンが実際に行動に移す程強化されると考えられており、中でもSCP-6777のYouTubeチャンネルの登録者数に大きく影響されていることが判明しています。

以下は今までに確認されたSCP-6777の現実世界への干渉の一例です。

SCP-6777の干渉 対応する登録者数
Twitterアカウントの作成 0
YouTubeチャンネルの作成 0(Twitterのフォロワー数は当時128)
Steamアカウントの作成 135
各アカウントの削除に対する妨害 ~約30万(詳細不明)
ファンの夢への干渉、顕現 約30万
日本国籍の取得(財団の介入による削除は可能) 約66万
日本国籍の取得(財団の介入による削除は不可能) 約82万

以上による推測、並びにSCP-6777自身の過去の配信における発言から、SCP-6777研究チームはSCP-6777のYouTubeチャンネルの登録者数が100万を超えることでSCP-6777は現実世界への侵入が可能になるという推測を立てています。この時、過去にあった顕現パターン2576より以下の様なシナリオが想定されています。

  • SCP-6777が配信上の姿をした実体として現実世界に出現する。異常な能力は持っておらず、場合によっては速やかな確保が可能。(ピスティファージレベル4の場合に考えられる最良のシナリオ)
  • SCP-6777が配信上の姿の特徴のみを捉えた、類似する、もしくは全く姿が異なる実体として現実世界に出現する。少なくともミーム汚染的能力を備えている。(ピスティファージレベル4~6の場合に考えられる、最も起こる可能性の高いシナリオ)
  • SCP-6777の出現(姿は問わない)による即座のHK-クラス神的征服シナリオが発生する。(ピスティファージレベル7以上の場合に考えられる最悪のシナリオ。ただし、SCP-6777自身の行動等からこのシナリオの発生確率は極めて低いと推測されている。)

全シナリオの詳細については文書6777-SNRを確認ください。

SCP-6777は異常性の発覚以前よりインターネット上で「空腹なる貘の神」と名乗ってバーチャルYouTuberとしての活動を行っています。特にベートーベンの交響曲第9番 ニ短調 作品125の5回連続でのピアノ演奏と歌唱の同時施行、興奮した際に出た異常な金切り声等、数々の奇行を行ったことがきっかけとなって、インターネット上にて注目を集めていました。財団による調査ではバーチャルYouTuberとしての配信活動自体には精神影響等の異常性は発見されなかったことが報告されています。

SCP-6777が異常存在であることが発覚したのはSCP-6777がチャンネル登録者数が30万を越えたことを祝う配信を施行後のことです。当日の夜から2日後の朝にかけて、財団職員36人を含むSCP-6777のファン多数から「夢の中にばくぅが現れて直接お礼を言ってくれた」という報告があったため、財団が調査を行った結果異常性が判明、正式に登録されました。影響を受けた財団職員は現在観察中です。

以下は夢にSCP-6777が現れたと主張する研究員の中の1人へのインタビュー記録です。

インタビュー記録6777-3

インタビュアー: 晴明博士

インタビュー対象: 村野井研究員

インタビュー場所: サイト-8171

備考: 当インタビューはSCP-6777の詳細な異常性の判明前に行われており、ナンバリングはまだ行われていなかった。インタビューは日本語で行われた。


[記録開始]

晴明博士: では、貴方が見た夢について説明してください。

村野井研究員: はい。私が覚えている限り、気がついたら渋谷のスクランブル交差点のど真ん中にいました。そこが夢の始まりですかね。空は星でいっぱいでしたけど、昼間の様に明るくて、周りには光の球みたいなのがたくさん浮いてました。

晴明博士: いきなり一富士ばくぅがいたわけではなかった、と。

村野井研究員: はい。夢が始まって、ある程度経ってから彼女が現れました。

晴明博士: なるほど。続けてください。

村野井研究員: なんか、辺りを見渡してたらいきなり目の前が光って、ばくぅさんが出現しました。で、見るなり私のハンドルネームを直ぐ様言い当てて、これまで応援してくれたことへの感謝とハグをしてくれましたね。(笑う。)いやあ、異性にあんなことされるのは初めてで……。

晴明博士: あー、はい。それだけですか?

村野井研究員: いえ、その後も少々。彼女は辺りを軽快に動き回って、建物を抉って食べて見せたり、光の球を飲み込んだりしてました。「生活に支障がでない程度だから大丈夫」、「暫くしたら元通りになる。」とは言ってたんですけど、何か危ないことをされたんでしょうかね、私。今のところ何も変化はないですけど。

晴明博士: そこは経過観察で判断するしかないですね、今のところ。他には何か?

村野井研究員: 今後の展望を語っていました。彼女によると、「夢の中はあらゆることが自由」なのだそうですが、「忘れられてしまえばすぐに消えてしまう儚い存在」とのことです。なので、登録者を増やして、いつかリアルになって見せる、と熱意をもって語っていました。それを言い終えると、他のファンの所にも行かなきゃいけないとのことで、私に別れの挨拶を言ってきました。私もさよならと返すと、そこで夢から覚めました。

晴明博士: ありがとうございます。何か質問はありますか?

村野井研究員: あの、ここまで聞くということは、やはりばくぅさん、その一富士ばくぅは異常存在であるのは決まったことなのでしょうか。

晴明博士: まだ断定して言うことはできませんが、類似した報告が世界中で多数挙がっているとなれば、SCPオブジェクトとして正式なナンバーが割り振られるのは確定していると思います。

村野井研究員: (沈黙)

晴明博士: お気持ち察します。

村野井研究員: ……ありがとうございます。やっぱり、推しが収容対象であったというのは、ショックが大きいです。グッズも買って応援していたのに。……質問はもうありません。

晴明博士: わかりました。グッズの方は異常性がある恐れがあるために検査に回され、貴方もあらゆる業務から一時的に解任した上で暫くの経過観察になります。

村野井研究員: 了解です。今は1人の財団職員として耐えます。

晴明博士: これにてインタビューを終了します。

[記録終了]


終了報告: SCP-6777をモチーフとしたグッズ群、並びに村野井研究員と晴明博士には異常性の影響は確認されませんでした。また、他の研究員や民間人の主張により、以上の村野井研究員の発言は全て真実であると見なされています。村野井研究員はグッズの個人的な所有を認められた上で職務に復帰しています。

IchifujiBakuuStreaming_R

配信中のSCP-6777(20██/██/██の配信「ベト九5周やりきったぞーーー!!!」より)

SCP-6777は確認される活動上においては明るく快活に振る舞いますが、稀に軽いPTSD、またはパニック障害に似た言動が確認されています。

以下はSCP-6777による配信の抜粋です。

配信ログ6777-████20██

配信日: 20██/██/██

タイトル: 魔 朱 魔 炉

配信内容: マシュマロ2で来たメッセージを紹介し、返答する。配信は全体を通して日本語で行われている。


[省略]

SCP-6777: そんじゃ次のを読もうか。えーと……

SCP-6777: 「ばくちゃんは色んなゲームしてるけどSwitchとかPS5のゲームはやってないのなんで?」

SCP-6777: あー、Twitterとかでよく言われてる。いやあのね、ぼくもしたいよ、ポケモンとかモンハンとか。でもできないのよ。リアルの体がないから。登録者数がぐーんと伸びれば肉体が作れてハード系のゲームできるようになるけどさ。今はパソコンとかスマホゲーで我慢。ウマ娘がアプリゲーなのは感謝だよ、ほんと。オススメのパソゲー、アプリゲーあったら教えてね。じゃ、次のマシュマロ。

SCP-6777: 「ばくちゃんばくちゃん、どうしてそんなに体力が人外なの?」

SCP-6777: 人外だからだよ。

SCP-6777: 「赤いひらひらを見ると興奮するってマジ?」

SCP-6777: って牛じゃねぇっつってんだろ!ぼくは牛じゃなくて獏!家畜じゃなくて縁起の良い妖怪ゴッドなんだよ!てか闘牛の方向で攻められたの始めてだよ!(コメントを覗く仕草をする。)やめろ!牛言うな!!

SCP-6777: 「そうだぞウシじゃなくて体力バケモンのゴリラだぞ」[不明瞭な言語]ゴリラ止めろー!!次!次!

SCP-6777: 「ばくぅさんはなんでママ―」

SCP-6777: (不明な音の後、SCP-6777のグラフィックにノイズが走る。その後数秒間無言になる。)

SCP-6777: (息を荒くして)ご、ごめん。よ、よ、読み直すね。

SCP-6777: 「ばくぅさんはなんでママ3が行方不明で誰なのか分からないのにその姿をしてるの?」

SCP-6777: う、うん。あの、ちょっと待ってね。

SCP-6777: (40秒間無言)

SCP-6777: 言う、ね。あの、ぼくのママね、わたしを生み出した後しばらくはぼくのことを、を、可愛がってくれたのよ。だけど、き、急にいなくなっちゃってね。だから、ママは知ってるの。大体どんな顔かとかは。

SCP-6777: でも、名前が分かんない。言ってくれなかったから。それまでは気にしてなかったけど、今は知りたかったって思う。

SCP-6777: (5秒間無言)

SCP-6777: あのさ、みんなってさ、子供とかいたりする?

SCP-6777: ちゃんと、ちゃんと最後まで面倒見てね?

SCP-6777: わたしみたいに途中で放り出される子は、これ以上いてほしくないから。

[省略]

補遺: SCP-6777研究チームは、SCP-6777が錯乱状態中における配信妨害は成功する可能性が高いこと推測しました。

以下はSCP-6777による配信の内、錯乱中に配信妨害を試みたものの抜粋です。

配信ログ6777-████20██

配信日: 20██/██/██

タイトル: 突発ゲリラ

配信内容: SCP-6777が予告無しに始めた配信。雑談を主としている。配信開始時のSCP-6777の態度から、SCP-6777は孤独感によるストレスから錯乱状態に陥り、精神を回復させるために配信を始めたと推測されている。

備考: SCP-6777研究チームはSCP-6777が錯乱状態にある隙を狙って配信妨害を施行している。


[省略]

SCP-6777: いやあ、深夜でも、その、こんなに人が集まってくれてるのが、が、個人的に救われるよ。

SCP-6777: いやでも、うん、コメント見ると普段より海外勢が多いね。あそっか時差か。海外勢起きてるのか。

SCP-6777: んーと、英語が多いけど、フランス、ドイツがちらほら、かな?ヨーロッパが今良い感じの時間帯?(力なく笑う)

SCP-6777: (コメントを覗く仕草をする。)んーと、イングリッシュ、あー、イギリスか。で、こっちは、えー、あー、フランス。うん、やっぱり。

SCP-6777: ノルウェー、あ、ノルウェー。うん。知ってるよノルウェー。北。うん。うん。

SCP-6777: あ、火星!4(ゆっくりと)わざわざ地球の配信にようこそいらっしゃいました。あ、こちらは木星!アンドロメダ銀河!「お前の後ろ」……いや怖いわ!こえーよ!もう大喜利大会だわこれ!ははー!

SCP-6777: (10秒間無言)

SCP-6777: ごめん、ちょっと辛み来た。うん、ちょっと深呼吸させて。(呼吸音)

[SCP-6777研究チームが配信妨害を施行し、成功する。以降、SCP-6777研究チームはハッキングにより、SCP-6777が知覚できない方法で配信を視聴している。]

SCP-6777: うん、よし、これで大丈夫、多分。あれ?(SCP-6777のグラフィックが揺れる。)

SCP-6777: コメント?ねえ、コメント?あれ。コメント!?

SCP-6777: え、うそ、うそ、うそ、ちょ、そんな。

SCP-6777: (SCP-6777のグラフィックが多きく揺れる。ノイズが確認できる。)

SCP-6777: ハロー!?ハロー!?ばくとも5!?!?

SCP-6777: このタイミングは困るんだけど!?!?

SCP-6777: ねえ!?どうなってんのこれ!?(SCP-6777のグラフィックのノイズが増す。)

SCP-6777: [不明瞭な言語]こんな時の電波障害はやめてよ!なんで!?電波対策はしてあるのに!お願い動いて動いて動いて動いて!

SCP-6777: (SCP-6777のグラフィックは次節点滅しているように見える。配信画面にもノイズがかかる。)頼むって!今回はやめてよ!!

SCP-6777: (由来不明の金切り声)ねえ!ちょっと!そんな!ねえ!

SCP-6777: (荒い息)

SCP-6777: (息を荒くして)ごめんなさい調子乗りました許してくださいお願いします配信やらせてくださいどうかほんとに。

SCP-6777: お願いします本当にお願いしますわたしが悪かったから本当にどうかあの、その。

SCP-6777: (48秒間無言の後、大きな音)

SCP-6777: ねえ……。

[配信終了]


終了報告: 終了から1時間後、SCP-6777は配信の中止をTwitterにて宣言し、謝罪を行った。

IchifujiBakuusNightmare

配信の終盤のスクリーンショット

以上の成果より、SCP-6777の錯乱を利用した配信の妨害が計画されています。試験運用は継続される予定です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。