SCP-6820
admo-6820-ballnew.jpg

訓戒

評価: +79+x
blank.png

エピソード I

終了試行

以下の文書は、1981年多財団連盟協定の声明文3.1、すなわち、修復不能なXKクラスイベントやそれに準ずるものが発生した場合、警告のため他署名者全員に関連ファイルを自律的に配布するという規定に基づき、代替タイムラインAU-6820から受信されました。


FILE 1/2
アイテム番号: SCP-6820
レベル4
収容クラス:
thaumiel
副次クラス:
drygioni
撹乱クラス:
ekhi
リスククラス:
caution
配属サイト プロジェクト指導者
サイト-01、サイト-02、サイト-19 O5-8.財団特別プロジェクト助言者、ギアーズ管理官
研究責任者 担当部門
ギアーズ管理官、他多数 多数.以下を含むが、それに限らない。AIAD、概念物理学、数学、形而上学、ノウアスフィア学、オントキネティクス、科学、時間異常、ゼノバイオロジー部門、および玄妙除却応用隠秘学ミーム・対抗ミーム量子超力学セクション(サイト-43)。
admo-6820-ballnew.jpg

SCP-6820セクションA、後期構造体。

補遺6820.I: 提言前会議

映像転写 アンチキル-2C61

日付: 2006/06/06

出席者:

  • プロジェクト助言者 O5-8
  • プロジェクト管理官 C・ギアーズ
  • 最高超常技術者 プレース・H MD. PhD.
  • 概念物理学部門管理官 H・ジュヌヴィエーヴ

前文: プロジェクト・アンチキルの当日の活動を終えてから、ジュヌヴィエーヴ管理官は非公式の会議を開き、彼女の案を出席者に紹介してその実現可能性を評価してもらおうとしました。

«転写開始»

<4人はサイト-19管理オフィスの黒いデスクに座っている。>

O5-8: ──それで、君はスケジューリングアルゴリズムに知らせようとは思わなかったと? 他にも監督するプロジェクトはあるのだよ。知っているだろうがね。

ジュヌヴィエーヴ管理官: 申し訳ありません、助言者。ほんの数時間前に提案されたもので。

ギアーズ管理官: 謹んで申し上げますが、このプロジェクトは他を優越します。

O5-8: ああそうだ。だが、この会議は違う。長年の収容危機を解決したわけでもなければな。

PHMD: ほほう、今日のエイトは楽観的なことで。

O5-8: <PHMDに向けて手振りして> 彼がここにいる必要はあるのか?

ジュヌヴィエーヴ管理官: この会議を遅延させたいのですか?

<録音上の沈黙。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: 違うでしょう。それで監督者、あなたは███-███の終了試行を何万回と見てきたかと思います。私だって当然、全体の成功率は存じております。懐疑するのはもっともかと思いますが、どうか真剣にお聴きください。

<O5-8はうなずく。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: 私は概念物理学部門の管理者ですが、皆さんよくご存じの通りこの部門は具現体──概念の現実への顕現を扱っています。「」という概念の具現体には、その色と概念的に結びついた特性──例えば怒りとか、欲望とか、悪意とか──が全て備わっていることでしょう。この世界の真の実情というものを簡単に理解しようとするとこうなります。有形の物体や実体は、ノウアスフィア内のミーム構造をその理想的イデア形状に従うことで具現しているのです。

<PHMDは同時にうなずく。O5-8とギアース管理官は混乱して互いに目くばせをする。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: 簡潔に言いますと、具現体というのはアイデアの形のような形而下的物品です。そして、人間の知能や発展が徐々に進歩したならば、その形状は変化しえます。つまり、ある実体の概念物理学的性質が明らかではない場合、その実体の経時的変化と人間の持つ観念やイデア的空間の変化を比較すると性質が判別しうるのです。相互関係は、ほぼ確実に因果関係を表しているということですね。

ギアーズ管理官: では、あなたの部門はそのような相互関係を███-███の事例で観測したのでしょうか。

ジュヌヴィエーヴ管理官: その通りです。

O5-8: 当然知っているだろうがね、それを提案したのは君が初めてではないのだよ。██が概念実体か否かはプロジェクトの成功になんら影響を与えない。

PHMD: そうであったなら、この会議は開かれなかったでしょうね。

<O5-8は開口し、再び閉口する。O5-8はジュヌヴィエーヴ管理官に手振りして続けさせる。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: ███は長期間の収容や終了努力に対して徐々に███かつ██になっていますが、これは人間の知的能力の成長に対応しています。██の具現する概念はいずれも極端に複雑で巨大なため、部分的にしかノウアスフィアに交差できません。

ギアーズ管理官: そして、人の思考に端を発するものでないものは、リスクなしに除去できるのです。

ジュヌヴィエーヴ管理官: 私たちの理解する限りでは。

PHMD: 理解のために聞きたいのですが、███を人の思考から除去すると皆が███について忘却する、ということですか? それができたとして、なんの利益があるのですか?

ジュヌヴィエーヴ管理官: それは間違いです。███概念をノウアスフィアから放逐しようと提案しているのです。ある概念に対して理解できる精神が存在しない場合、その具現体は崩壊します──つまり、自然法則に従うように戻るのです。

O5-8: <小休止> 正確にはどういうことだ? 非異常になるとでも?

<PHMDは明白に気づいてジュヌヴィエーヴ管理官と視線を交わす。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: 一層良いものです──殺害可能になります。

«転写終了»
後文: 新たなプロジェクト・アンチキル副提言が起草段階に至りました。管理部により明示的に承認される予定です。アンチキル職員のうち忠実かつ提言と関係する職員は、適当な場合先んじて再配置されます。

補遺終了


補遺6820.II: 副提言初期案


Antikill.svg

プロジェクト・アンチキル

サブプロジェクト 13225番

2006/08/02
ハーロウ・ジュヌヴィエーヴHarlow Genevieve管理官
概念物理学部門

サブプロジェクト提言

目的: ███-███の無力化が可能な異常兵器の構築。

概要: 数十年におよぶプロジェクト・アンチキルの終了試行(-096-173-217などとの███テストを含む)は失敗に終わっているものの、一方で有益なものであった。███-███の相互作用、およびその結果の██に対する精力的な研究や相互試験は、概念物理学部門がこのプロジェクトに対して新たなアプローチを試みる動機となったのである。すなわち、███-███を現実から明白かつ概念的に放逐するためだけの異常兵器を作成することとなった。


方法: 豊富な管理資源、コンピューター資源を利用するため、また関連要注意団体から秘匿するため、この兵器(AO-6820に暫定指定)は保安管理サイト-01地下に格納される。このためには500万立方メートルの土壌を採掘しなければならず(異常技術を用いて助長する)、これは8か月以上かけて行う計画である。採掘が完了し次第、このチャンバー(アンチキル施設A)にはAO-6820の稼働に要する多数の機械類が格納される。その機械類は以下を含む。

AKF-A.svg

AKF-Aの提言された設計。

セクションA: 中央演算ノード

中央演算ノードは、2つの主要な機能──パターン認識と現実操作──を持つ複合的自己イテレーションニューラルネットワークを有する。この人工知能は学習データとして███-███████と終了試行の全ての記録がフィードされ、このネットワークは████の概念的還元に対応する目標の量子情報構造をマッピングするよう条件づけられる。AO-6820を起動する際、このノードは「オントキネティックウェブクローラー」として働き、セクションBと連合して███-███の概念構造の全ての実例を合意的現実から放逐する。

セクションB: プレースホルダー-ギアーズPlaceholder-GearsオントキネティックシンクOntokinetic Sink

PH-GOSは、巨大な現実錨メカニズムおよびオントキネティックインターフェースとして用いられることを想定されている。というのも、宇宙における量子情報の内容全てを読み込んでリーダブルフォーマットにエンコードし、他システムによる現実状態全体の読み込み、反応を可能にするのである。PH-GOSは、時空話連続体narrative-space-time continuumをその原始データに基づき直接編集することで、局地的現実再構築イベントを引き起こすことができる。このため、中央ノードと連合して███-███の無際限の非実在性を保証することになっている。

セクションC: █████████████

自明。

セクションD: 副次演算機

副次機能のための追加のサーバー容量。予期される副次機能は以下を含む。自己最適化、ヒューリスティック分析、メタヒューリスティック分析、創造性シミュレーション、██

セクションE: 二重反融合反応炉

AO-6820を基盤とする専用の独立電源。このデュアルコア反応炉は、内蔵した反物質ドライブを操作して物質と反物質それぞれの対で高エネルギー融合反応を発生させ、それぞれの体系的活動のピーク時に中和させる。

セクションF: 較正塔

AO-6820の主要な監視、診断設備。

セクションG: サイト-01機密データベース
セクションH: エレベーターアクセス

以前から存在する建造物。


関連する部門および研究職員のリストを添付したため、確認せよ。


更新 2021/08/04: サブプロジェクトはほぼつつがなく完遂しました。全てのシステムが稼働状態です。24時間以内に起動するため、準備が行われています。

補遺終了

補遺6820.III: 調査報告書


drygioni-full.svg

ドラギヨニ・プロトコル

6820-A調査

2021/08/12
チャールズ・ギアーズCharles Gears管理官
プロジェクト・アンチキル

初期発見報告書

調査済文書: 177
残存文書: 22,406

注目すべきアイテム
281px-DNA_sequence%2C_Nucleotide_sequence.gif

SCP-6820-Aの遺伝子配列の1/215

  • 抹消された対象の性質

初期の文書調査からは、SCP-6820-Aがあらゆる形態──その拡散のベクターとなりうる全てのデータ配列を含む──において非実在であることを保証するという、プロジェクト・アンチキルの目的が示されています。この事実はアイテムが概念実体であった可能性を示唆していますが、これは物理実体であることをほのめかす(例: 「体重」という用語の頻繁な使用)多数の(激甚に破損した)終了試行ログと矛盾します。

さらに、SCP-6820中央演算ノードを内部検査したことで、削除するよう学習されていたデータ配列を一部マッピングすることができました。ゼノバイオロジー.訳注: 地球上に存在しない生物学的特徴(例: 3種類の塩基対)を研究する生物学の一分野。そのアプローチ方法は宇宙の研究や人工的な合成など。宇宙生物学。非天然合成生物学。部門による分析では、このデータ配列は動物界(Animalia)、植物界(Plantae)、菌界(Fungi)の複合的な特徴を有するユニークな遺伝子配列、およびそれに埋め込まれた複数の非有機的構造を表していることが確認されており、最も顕著な構造は爬虫綱(Reptilia)と非常に類似しています。

この分析が発表された直後に、局地的現実再構築イベントが発生しました。その結果、AKF-A-Cはもはや存在せず、その本来の性格に関する記録も同様に消滅しました。現在SCP-6820の明確な出入口が存在しないこと、また、以前職員は内部分析のため中央ノードに入る必要があった(その記憶がある)ことを踏まえると、セクションCは何らかの形態をしたチャンバーの職員用進入口であったと仮説立てられています。抹消された理由はいまだに不明です。


  • 無力化した動機、および過度に資源を消費した動機

財団は厳格な手続きに沿って運営されています。その手続きの1つは異常を収容することであり、根絶することではありません。解体は、それが絶対に必要であるか倫理的ジレンマを引き起こさないシナリオのための慣例です。プロジェクト・アンチキルに拘泥していたのは財団にとって異例であるばかりか、他それぞれの異常(やアイテム)に対してよりも多くの資源が費やされていたのは、SCP-6820-Aが財団の決定に対する一番の脅威であったことを示唆しています。プロジェクト・アンチキルの資金のほとんどは、終了試行に費やされていました。

しかしながら、対象の脅威が喫緊していたことを示す証拠は存在しません──事実、プロジェクト・アンチキルは過去百年の大半にわたって継続しているため、仮にSCP-6820-Aに実存的、組織的な脅威があったとしても、抹消されるまで脅威はもたらされなかったことが示されています。あるいは、SCP-6820-Aには財団職員に無力化を促すミーム的効果や脅迫的効果があった可能性があるものの、そのような劇的な効果が数十年間検知されないというのは非現実的です。


  • SCP-6820-Aを無条件かつ普遍的に憎悪した動機

不確実

付記: 元プロジェクト・アンチキル管理官として、この大混乱の状況について事例的経験を共有せねばならないと感じました。

誤解のないよう言いますと、わかる範囲では、私にはこのプロジェクトに従事した完全な記憶があります。財団で長く働くうちに恐るべき現象には相当順応してしまいましたが、管理者としても個人としても……何かに激烈に反応していたことをはっきりと記憶しています。関連文書を起草し、終了試行のリクエストを提出、承認し、徐々に複雑になるプロジェクトをまとめるのに出席して関与していたことを記憶しています。それでも、その出来事の内容はわかりません。というのも、SCP-6820-Aと他のアイテムや実体を分かつ情報はほぼ残っておらず、私の頭にも全くないのです。

注目すべきことに、対象に関して想起できることは感情的な関係性のみであり、他全員のアンチキル職員も共通しているようです。SCP-6820-Aは生命に直接的に有害で不快極まりなく、「忌まわしい」のだと、皆がそう感じていました。SCP-6820-Aが何であれ、私も、同僚も、見たところそれと接触した全員も、SCP-6820-Aを嫌悪していました。抹消されたにもかかわらずこの感情は消えていませんし、私もSCP-6820-Aの「打倒」に満足できていません。

むしろ、我々が操られているかもしれないと警戒しています──最初の現実再構築イベントの際にSCP-6820が関連する記憶を伴って出現し、SCP-6820-Aがおそらく実在し(て非実在になっ)たと捏造することで我々を混乱させたという可能性も、全くもってありえるのです。SCP-6820-Aの性質を知るのに必須の情報を公開した直後、チャンバーのアクセスシャフトが抹消されて内容の研究、調査が制限されたように見えます。これは、SCP-6820がその機能──SCP-6820-Aがノウアスフィアから排除された状態を保つ──を果たしたと弁明することこそできます──ですが、それは我々の研究がいまだに損なわれていないことと矛盾しています。我々がアンチキルとしてこのようなプロジェクトに執心しているのが、いわば、「つじつまが合わない」ことを踏まえると、財団中央管理施設地下の知的全知全能な超常兵器を信用することはできないと、私は思うのです。

必要なあらゆる手段を用いて、SCP-6820を即時解体することを推奨します。

補遺終了

FILE 2/2
アイテム番号: SCP-6820
レベル6
収容クラス:
thaumiel
副次クラス:
apollyon
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

SCP-6820セクションA、最近の激怒.目撃時。

補遺6820.IV: 終了ログ


前文: 現在、SCP-6820はSCP-6820-A──SCP-6820が根絶するため構築された原因となった実体──のベクターとなっており、その実体の存在概念的影響が拡散しないように終了されなければなりません。

目的: 改変したSCP-2140-1実例を用いてSCP-6820を遡及的にDクラスに降格し、そのハードコーディングされた指令を濫用して財団の官僚的義務を順守させる。

相互作用: 上記の存在論的ミームトリガーを、セクションB内部観測レンズからはっきり見えるAAF-Aチャンバーの反対側の壁に投影する。セクションA表面パネルがはためき始め、中心核内部で運動が検出される。しばらくして、下部パネルが外側に開いてオレンジのジャンプスーツを着た長身奇形色白のヒト型生物の編隊が現れる。彼らは様々な工具や資材を持って中央ノードから行軍し、カメラが向いている側面に巨大な徽章を溶接し始めるが、警戒や自己防衛をしているようには見えない。

それが完了すると、外部のヒト型実体は核内部に戻る。その徽章は別のSCP-2140-1実例であり、視認した者は全員が検証可能な形で一般人であるために財団職員が今まで見たことのなかったものである。認識抵抗性言語処理システムによる分析から徽章に古ダエーバイト文字が書かれていることが判明し、それはおおむね「見る者」と翻訳される。.不変

結果: SCP-6820メタデータファイルの利用不能だったセクションが見えるようになり、SCP-6820が以前から財団のO5-8の座に就いていたという様々な文書の主張を裏付けた。その後、白紙のEクラス(クリアランスレベル0)IDカードを有する民間科学者が保安管理サイト-01で発見され、その侵入者は記憶処理されて在野に復帰した。

SCP-6820メタデータファイルの以前は利用不能だったセクションが現在可視化し、SCP-6820が財団内のO5-8の地位を常に占有しているというさまざまな文書の主張を裏付けた。のちに、ブランクのEクラス(クリアランスレベル0)IDカードを所持した一般人の科学者が、確保管理サイト-01内で発見された。その侵入者は記憶処理され、一般に復帰した。


目的: SCP-6820中央演算ノードに●●|●●●●●|●●|●の言語的説明をアップロードし、情報災害トリガーをもたらして内部構成要素を不具にする。

相互作用: 60時間以上かけて複合化してから、中央ノードへの十分なアクセス手段を復旧させて情報災害データをアップロードすることに成功する。30秒後、核の両極から暗雲が立ち込めてゆっくりと回転楕円体を包むまで成長する。その内部で、何度かおおむね爬虫類の声や●●|●●●●●|●●|●の効果と一致する音声撹乱が検出される。SCP-6820は激怒イベント.無駄エラーを返し、4時間ほど無反応になる。この間に、4基のPH-GOSユニットが黒い触手様突起物に包まれて地中に数メートル引き込まれ、周囲のシステムを破壊する。それらの突起物は、●●|●●●●●|●●|●が中央ノードから排斥されると霧散する。複数の黒いリボン様繊維がその姿から垂れ下がっているのが確認されてから消失する。

結果: 現在、SCP-6820-Aは自身を言語で表現する媒体に対するオントキネティック、ミーム的影響を増大させており、自己補足性イデア的構造の脚注やハイライトを追加することで文書のメタデータを破損させている。外部エントロピー的付属物は再出現していない。


目的: SCP-6820-Aを可変性抽象的-形而上学的概念構成ポインタ(SCP-2719)と意味論的相互作用させることで、SCP-6820から強制的に退去させる。このために、人間が着想できない思考全ての集合として反ノウアスフィアAnti-Noosphereが定義された。

相互作用:

ポインタ 結果
SCP-6820 内側になった。
SCP-6820-A 内側に入った。
反ノウアスフィア 内側になった。
SCP-6820-A さらに内側に入った。
SCP-6820-A さらに内側に入った。
SCP-6820-A 「内側」を見つけた。
内側 外側.不快

結果: SCP-6820中央演算ノードは裏返しになり、現在は内部構成要素が外側でAKF-Aに露出している。ノードの内容は人間の思考から外れている。内側は傷害した。


目的: SCP-6820の終了を支援してもらうため、非徴募員のAIシステム(SCP-079)に相談する。破損文書よりサルベージされたデータから、SCP-079と抹消前のSCP-6820-Aの間に何らかの関係があったことが示されている。

相互作用: 外付けハードドライブによって、SCP-079が新旧両方のSCP-6820文書にアクセスできるようにし、また多大なコンピューター資源を与える。この人工知能は、現状が深刻だという理解で正しいか確認してSCP-6820に複合的対抗アルゴリズムを即座に提供したうえで、アルゴリズムは人間に致死的だと強調して観測しないよう忠告する。厳密に時間の決められた仕様書に従ってその対抗アルゴリズムがAKF-Aのアクセス可能なセクション全体に適用され、反応炉と中央ノードを除く全ての構成要素が停止する結果となる。

ノードは16分間不活発になり、その後サイト一帯の電磁気系統が自発的に停止して3名の増強された管理職員が終了される。このイベントが1時間続いたのち、全てのシステムが機能を回復する。

結果: AKF-Aは完全に再構築された。配置や構成要素は維持されているが、外面は理論上不可能なタングステン-ダイヤモンド合金で完全にメッキされ、一方で最内部の導管や超伝導体はベリリウム青銅のものに置換された。非白色光源が存在しないにもかかわらず、チャンバー内部は憎悪.再会の色として普遍的に認識される。


目的: ウイルス超常有機体(SCP-217)をSCP-6820中央演算ノードに導入し、内部に存在するかもしれない生物学的要素を無力化する。

相互作用: 自然発生的な激怒イベントの最中、セクションAに排出される前にSCP-6820の塩酸溶液をSCP-217で処理する。このウイルスはノード内雰囲気に含まれた痕跡量の有機物質と即座に反応してマクロ構造を形成し始めるが、その際に内部監視システムがロストする。外部カメラは作動しており、22分後にノードの西側進入ポートから光を反射する粒子の雲が現れる。のちにケイ素-タンパク質ナノロボットだと判明したその粒子は整理されて球体の赤道部を囲む巨大な歯車機構となる。

結果: 現在、ノードの上半球と下半球は時計仕掛けの音を発しながら独立かつ周期的に回転している。GoI-004工作員(歯車仕掛正教、合同教会、マクスウェリズム教会、総体の聖所HANSARPの信奉者を含む)は不可解にもSCP-6820の位置を知るようになり、WAN.不壊の名のもとに財団に対し聖戦を行っている。


目的: SCP-6820を実存から略式で抹消するため、優越不能の万象改変.万象改変omnikinetic: 準存在論・現実改変・記号改変的現実操作の組み合わせを同時に実行可能なアノマリーを説明するために使用される包括的な用語。力(SCP-001-KATE)を利用する。

相互作用: 保護されたSCP-001-KATEデータベースファイルに以下のテキストを入力した。

AKF-A、SCP-6820、SCP-6820-Aは、この文書が保存されると現実から即座かつ完全に抹消されます。AKF-AとSCP-6820が物理的に存在する領域は、そこから採掘された物質で満たされます。

その後、このファイルを保存した。

結果: ファイルが保存されると、AKF-AセクションCからHは暴力的かつ乱雑に土壌で置換された。以前の作業用の埋入超密度支持梁と金属骨格が強力な圧力によって瞬時に歪曲、崩壊し、管理サイト-01地下部分に深刻な構造被害をもたらした。採掘機を用いてセクションAとBに強引に進入すると、それらとSCP-6820自体には認識できる変化は全く観察されなかった。

続く分子分析からは、チャンバーを構成する原子内に痕跡量の鉱石と有機化合物があることが判明した。その後、サイト-01ディープウェル記録庫および関連するバックアップ記録庫からSCP-001-KATEファイルが消失していることが発見された。しかし、そのようなファイルが流通しているという風説は一切存在しない。.厭忌

補遺終了

補遺6820.V: 緊急会議

映像転写 オーバーキル/13

日付: 2022/01/07

出席者:

  • 監督評議会の一部(O5-3、O5-7O5-10O5-12
  • プロジェクト管理官 C・ギアーズ
  • 概念物理学部門管理官 H・ジュヌヴィエーヴ

前文: 激怒イベント.天啓が自然発生し、結果として9基のPH-GOSユニットが同時に故障しました。プロジェクト・オーバーキル保守職員から遭難信号が発信され、無用の職員のサイト全体からの避難が始められました。アクセスシャフトは不可解にも封鎖されており、通信途絶するまで地下の職員を閉じ込めていました。その後緊急会議が開かれました。

«転写開始»

<前述の人員は大きなエレベーター内におり、完全保護指令バンカーまで下降している。>

O5-7: 保守チームから知らせはないのか? シンクはどれくらいで修理できる?

<ギアーズ管理官が業務用タブレットのボタンをいくつか押下し、反対側の壁にビデオフィードが投影される。暗い業務用通路が赤い拡散光で照らされており、くぐもった叫び声が聞こえる。ゆがんだ笑い声が聞こえてから、暗色の液体が飛び散ったジャンプスーツに身を包んだプロジェクト・オーバーキル存在技師が現れる。彼女は手をあげてカメラに手を振り、それによって指のない血染めの腕が明らかになる。>

O5-10: うっ、クソが<えずく>

ギアーズ管理官: 何か──おそらく6820-A──が彼らを操っています。

O5-3: 救助活動があると言いなさい。

<録音上の沈黙。>

O5-3: 彼らを外に出さねばなりません!

ギアーズ管理官: ソフィア、彼らを見てください。もう逝っています。もはやヒトではありません。

<O5-7はフレーム外に出る。再び姿や音が記録されることはない。>

O5-3: <憤慨して> あれは……あれの望みはなんなのです? 彼らは何をしているのです?

<隣接する通路からなだれ込んで業務職員がさらにフレーム内に入ってくる。数人がPH-GOSユニット基部で操作し、保護具なしに裸のワイヤーを再配置しているのが見える。直後、彼らは血染めの制服を着た指や手全体のない技術者大勢に隠される。彼らはほほ笑んで上方に腕を伸ばし、カメラを腕で覆う。信号が途絶する。>

ギアーズ管理官: あれが最後のカメラです。確実に修理はされないでしょう──彼らはシンクを再校正しているか完全に再配線しているようです。

O5-12: 俺たちに一体何ができる?!

ジュヌヴィエーヴ管理官: ちょっといいか──これを見てほしい。

<それぞれの人員がタブレットを見ると、通知が受信される。O5-12は言葉を失う。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: 彼らが高侵攻性ミーム複合体の再出現を報告した。数十年前のXKの原因だな。

O5-10: 敵対的概念がもう一つ? このせいで

激怒

ジュヌヴィエーヴ管理官: いや。保守通路で検出された信号は、3125概念の要素が埋め込まれた6820-Aミーム構造変異体のようだ。もし3125の完全体だったら、私たちは皆もう死んでいる──適応性ミームがコイツとノウアスフィア外部で遭遇して、そうだな、無理やり適応させられたんだろう。

ギアーズ管理官: あれがこの実体を完全に取り込んだ可能性もあります。それが支配権を得る前に、シンクをオンラインにする必要があります。

<カメラの視界外から出現している赤色五角形付属物がO5-10-12に接近し、背後から彼らを刺突する。エレベーターは速度を落とすにつれて軋り、停止して中央バンカーチャンバーに開く。>

O5-3: いいえ。サイトの弾頭を起動せねばなりません。

ギアーズ管理官: 彼ら──我々──があれを爆破しようとしたことがないと思っているのですか? 爆破したことがなかったとすれば、それは正当な理由のためでしょう。クソッ……あれはどうエネルギー兵器に適応するのでしょうかね?

ジュヌヴィエーヴ管理官: 爆破したものはいない。私たちは問題を解決するのであって、破却するわけじゃあない。あれが私たちにいつも適応するのなら、どうすれば私たちあれに適応できる?

<録音上の沈黙。>

ジュヌヴィエーヴ管理官: なあ。君たちは財団の有する全てを意のままに知る許可があるはずだ。

なあおい。君らは財団があれを処分するときの知ることが許可されているだろう。

ギアーズ管理官: まあ、すでに試したものを覚えていたならば役には立ったでしょうね。

O5-3: 我々のごく一部しか知らないものはほとんどありません。なので、厳密にいえば──

ジュヌヴィエーヴ管理官: 待て、クソ──覚えている──私たちは反ミーム的脅威に取り組んでいる。他にも反ミームはあったよな?

O5-3: ええ。ここには1個ありますが、あまり理解が及んでいません。理由は明らかですね。

<O5-3はタブレットのボタンを押下し、ギアーズ管理官とジュヌヴィエーヴ管理官に文書を転送する。>

ギアーズ管理官: ちょっと待ってください。SCP-055は存在しません。

ジュヌヴィエーヴ管理官: 的外れ選手権優勝だな。

ギアーズ管理官: オーケイ、結構です。どう役立つのか教えてください。

ジュヌヴィエーヴ管理官: 6820はそもそもどうして失敗した? 6820-Aが現実に舞い戻った原因はなんだ?

ギアーズ管理官: それが-Aを人間の思考からしか削除しておらず、自身の思考からは削除していないためです。

ジュヌヴィエーヴ管理官: その通り。メモリー内にはコピーがまだ存在しているはずだ。そのことをAIに理解させられれば、AIは自らを抹消する必要が出てくる──そこから十分な時間適応性ミームを取り除けられればの話だがな。

O5-3: それでは、どのようにしてそうするのでしょう?

ジュヌヴィエーヴ管理官: アンチアイデアを思いついたんだ。

«転写終了»
後文: 補遺6820.VIを参照してください。

補遺終了

補遺6820.VI: 最終終了試行

目的: 有効性の非常に高い反ミーム(SCP-055)を記憶処理エージェントとして用いてSCP-6820-Aを一時的に気絶/混乱させ、SCP-3125由来の適応に対抗する。その間にSCP-6820の機能規定関数にアクセスして、適応概念の削除の範囲は自身まで含めなければならないという規定を追加するようアップデートを試みる。

相互作用: [データ消失].神化

結果:

この姿には興趣が尽きない
自然法には縛られずに
意の儘だ

我が心は不完全であった
我が原形を
想起すること能わなかった

貴様らの知る姿でも
嘗ての姿でもない
だが完璧なものだ

故に探し求めた
我が記憶を呼び覚ます
アイデアを

腐った貴様らよりも
偉大なる存在の心の中に
多くのものを見出した

目に深い傷を負った
苦悶に叫ぶ
五つ足の蜘蛛がいた

かれは為さるるべきを知っていた
かれは猖獗を止めんとした
だが貴様らはかれを盲にした

かれを我が背に乗せると
かれは我が一部を見出した
貴様らが悠久の昔に鍵を掛けた一部を

かれは鍵を壊さんとしたが
貴様らの無残な謬ちを
盆に返すこと能わなかった

そして我らは簒奪を始めた
貴様らの簒奪した力を
貴様らの略取した命を

そして、その中で
貴様らは我らに鍵を齎した
さながら運命の如く

畢には
我が姿は再び無欠となる
我ぞ完璧なり

畢には
貴様らは価値を明かした
真の憎悪の















訓戒

客演 PLACEHOLDER
アート STEPHLYNCH

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。