SCP-6830
rating: +10+x
sasidome.png

1963年11月22日、ジョンF.ケネディ氏が暗殺された直後のSCP-6830(運転席左側)。

アイテム番号: SCP-6830

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-6830の唯一の既知の異常性は1963年11月22日に発現しました。その日以降、異常性の発現は確認されていません。したがって、SCP-6830は暫定的に無力化されたものとして分類されており、積極的な収容は必要ありません。SCP-6830を撮影したすべてのメディアは、財団によってレベル2サイト-921ストレージサーバーに保持されており、適切な許可を得た担当者のみが常時アクセスできます。

ジョンF.ケネディ氏の一連の事件を撮影したすべてのメディアは、SCP-6830の外観を覆い隠したり隠したりするためにデジタル編集が施されています。現在ファイル6830-Papa-Romeo("ジェイコブソン・フィルム")は、一般公開が制限されたままです。

説明: SCP-6830は、米国シークレットサービスと一致する服装を身に着けている、人間の男性に類似した不確定な起源と属のヒト型実体です。入手可能なすべてのデータに基づき、SCP-6830の唯一の異常性は、1963年11月22日、米国大統領ジョンF.ケネディ氏の暗殺直前の時間帯に発生し、ケネディの死後約24時間まで異常性の発現が続いていました。ビデオと写真の証拠は、事件自体の間、SCP-6830がケネディ氏の近くにおり、ある時点でケネディ氏の死体と同じ車両を占有していたことを確認しています。

SCP-6830の異常性については、ファイル-6830-Papa-Romeoに文書化されています。これは、「ジェイコブソン・フィルム」とも呼称されます。この映画は、事件時間中にアマチュアや愛好家の映画製作者が利用したものと同様の8mmカメラで撮影され、ケネディ氏の死の直前に一連の異常な行動を示したSCP-6830を撮影しています。その後、SCP-6830はケネディ氏の死体の一部を収集し、[編集済]の前にそれらを再構築し、その後シークレットサービスの職員によって約39回発砲されたのが見られます。その後、SCP-6830はダラスの繁華街の方向に疾走し、最終的には目視できなくなり、二度と見られなくなります。

シークレットサービスとウォーレン委員会の両方によって行われた暗殺のその後のレビューでは、SCP-6830が米国連邦政府との雇用記録を持っているという証拠は見つかりませんでした。「ハロルド・マーティンソン」の人事ファイルは最終的に回収されましたが、対応する個人(フロリダ州オーランドに住む27歳の男性)にはシークレットサービスとの提携歴がなく、ケネディ氏暗殺時には米国本土にいませんでした。したがって、SCP-6830の記録は不正に作成されたか、盗まれた可能性が高いと推定されています。

補遺I: ファイル-6830からの転写-Papa-Romeo

<再生を開始し、フレーム-012にスキップする>

フレーム-012: ダラスモーターケードがディーリー・プラザに入る。SCP-6830は、他の3人のシークレットサービスエージェントと一緒に後部車両に乗車している。SCP-6830は、最初の弾丸が発射されるまで、おそらくカメラの存在を認識しており、カメラにニヤリと笑みを浮かべているのが見られる。

フレーム039: 3ラウンドの最初の発砲が実行される。結果として不発に終わる。モーターケード内はパニックになり始める。周囲の民間人が銃撃の原因を探すためにその区域を散策しているのが見られる。SCP-6830は状況に適した方法で反応せず、ゆっくりとケネディ氏(1台先にいる)に注意を向ける。

フレーム168: 2度目の発砲がされ、致命的ではないほどにケネディ氏が銃撃される。SCP-6830は自身の車を出て、すべての外部的刺激を無視して、ケネディ氏の車に向かって静かに歩き始める。他のシークレットサービスのエージェントがケネディ氏の方向に疾走している。ジャクリーン・ケネディ氏は、SCP-6830の接近に驚きと重大な不安を混ぜ合わせて反応しているのが見られる。小さな子供が背景に3フレームの間見られた後、未知の手段で突然消失した。

フレーム319: 3度目の発砲がされ、ケネディ氏の頭蓋骨の後ろに入り、ほぼ瞬時に殺害した。ケネディ氏の頭蓋骨と首の上部が衝撃による傷から破裂し、車両の後部に落下する。SCP-6830はケネディ氏の体に近づき、ジャクリーンを横に押し込み、ケネディ氏の頭のさまざまな断片を集め始める。近くのシークレットサービスのエージェントはショック状態にあるようで、武器を引き抜いてSCP-6830を脅し、立ち去るように命じた。SCP-6830はそれを準拠していない。

フレーム390: SCP-6830は再びカメラを見て、理解できない一連の言葉を口にする。

フレーム582: [編集済]。SCP-6830は、ケネディ氏の再構築が完了すると、蘇生の明らかな兆候にもかかわらず[編集済]を開始する。ジャクリーンはこれを観察し、深刻な苦痛でそのエリアから逃げ出したようである。近くのシークレットサービスのエージェントが発砲し、ケネディ氏の質量が13%未満のみ残るまで、SCP-6830が[編集済み]を続けている間、約39回銃撃する。ケネディ氏は、おそらくショックと失血により、再び死に絶えるまでさらに5分間蘇生され続ける。

フレーム912: SCP-6830はそのエリアから逃げ出し、ダラスの繁華街に向かって逃走し、カメラの視界から外れた角を曲がる。シークレットサービスまたは周辺の法執行機関によるSCP-6830の特定の試みは現在までに成功していない。

補遺II: インタビューからの抜粋-6830-02

以下は、ケネディ氏暗殺中に存在した米国シークレットサービスのエージェントの1人であるジョージ・ウェスレーのインタビューからの抜粋です。このインタビューは、放映予定だった暗殺に関するドキュメンタリーの一部でしたが、放映される前に財団によって回収されました。ウェスレーは、財団の工作員からの強要の下で質問されたとき、これらの発言をすることを拒否しました。

ウェスレー: -そして、あの一人の男がいたんだ。奴の名前を思い出せない。奴は、モーターケードの間で何かを味わい続けていた。何も言わないから、俺たちは皆、奴が母親の料理か何かを意味していると思っていたんだが、奴はそれについて話すのをやめはしなかった。奴の目の中には本当にずる賢い顔があったんだ。奴らが本当に悪いことをする前に誰かがあんたに見せる種類が。今日まで奴の名前を思い出せていない。できなかった。俺が覚えているのは、銃撃が終わったときの奴のクソみたいな笑顔だけだ。俺たちは皆、叫び、走り回って、人々を安全にさせようとしていた、そしてあの男はただ笑顔でそこに座っていた。そして奴は-

…悪い。あんたは自分が考えることができる最も病気のことを見ることはどのようなものであるか疑問に思ったことはあるか?奴は奴を[編集済み]した。俺たちはそこに座って、奴が[編集済み]彼を見た。それが起こったなんて信じられない。しかし、俺はそれを見たんだ。彼が作業終わらせたとき、そこにヒト型は残っていなかった。ほんの数本の指といくつかの[編集済]。

しかし、最悪の部分はそうではないんだ。奴は逃げる前に何かを言った。奴の言ったことを決して忘れやしない。それは今でも俺に悪寒を与えやがる。俺は時々寝る前にそれについて考え、何時間も起きたままなんだ。

…奴はこれが記録されていると言った。JFKは、奴がテープに録音されている限り、まだ生きていた—誰かがどこかにその録音ファイルを持っている限りな。そしてそれは奴が[編集済み]を続けることができることを意味している。永遠に。再生されるたびに。そして、奴は俺たちの顔を見たとき、俺たちを笑いものにする。笑い続けた。数分間もな。

俺はしばらく政府の話に賛同することを選び、それが俺の覚えている方法では決して起こらなかったふりをした。しかし、俺は時々しくじる。しなきゃよかった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。