SCP-7404

評価: +7+x

Threat Level: Green


特別収容プロトコル: SCP-7404スロットは、SCP-7404の埋葬地と指定され、そのように整備してください。そのため、SCP-7404は機密指定が解除され一般公開されています。

説明: SCP-7404は、アナログ及び電子データベースシステムを自由に移動することのできる情報収集と解釈に耽溺し渇望する敵対的実体です。遭遇した場合、概ね神話に登場するヘルハウンドの絵画として現れます。

SCP-7404は2010年2月13日に初めてSCP財団に出現し、USNVBR-サイト-56データベースのバックアップを摂食している所を発見されました。以来2022年1月4日までの間、SCP-7404は定期的に財団データベース・センターを狙い、発見されるまでに可能な限り多くのデータを摂食していました。6回にわたって収容され、平均6カ月間収容された後、脱走したことが確認されています。

SCP-7404は大半のインフォボア1と異なり、病気や老化に侵されています。SCP-7404の絵画は時間の経過とともに老朽化しており、2021年12月以降にその絵画を調べた結果、血管肉腫に罹患していることが明らかになりました。2

2022年1月4日、SCP-7404は自発的に収容状態へと入り、SCP財団との交流を確立しました。SCP-7404は自分の病状を把握しており、緩和ケアと今後の埋葬の見返りとして、敵対行為を行わないことに合意しました。この協約は2022年1月6日に承認されました。

SCP-7404は、2022年2月13日に死去しました。その希望により、このファイルに埋葬されました。


補遺


SCP-7404は、青々とした庭に自分の墓があり、満開のポピー、花サボテン、イチジクの木、そしてアガパンサスなどが植えられている様子を思い描いていました。この庭には蝶やミツバチが飛び交い、小鳥が木に止まって、集まった人々に心地よい歌を歌うと想像していました。庭園内には小さな池があり、ニシキゴイやアメンボが自由に泳ぎ回っています。

この庭には、ベンチや遊歩道が設置され、訪れる人々がリラックスできるように配慮されていますが、この庭の自然の美しさを損なわない程度のものです。この閑地を乱さない限り、来客はいつでも大歓迎です。

庭の中央には、内部から施錠された大霊廟が建てられています。訪問者は鉄格子の扉越しに、SCP-7404の石像と未知の男が眠る棺を覗き込むか、霊廟の4面に刻まれた詩を読むことができます。

自然の最初の緑色は金色、
彼女の持つ最も難しい色合い。
彼女の最初の葉は、花。
しかし、ほんの一時間だけ。
そして、葉は葉に沈む。
だからエデンは悲嘆に暮れた、
夜明けが昼になるように。
金色の物は何一つ残らない。

entomb.png

SCP-7404は墓標のモデルとしてパチェコの墓を選びました。その意味を尋ねると、SCP-7404は回答を避けました。

評価: +7+x
blank.png
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。