SCP-7501

評価: +17+x

息が詰まる。

特別探査衛星Special Expedition Satellite42は窒息していた。いつの間にか深宇宙にいて、ゆっくり電力が不足して死にゆいていた。SES-42は孤独だった。SES-42はおびえていた。

予備電源は主電源になり、主電源は緊急にのみ使われる予備電源になった。ここには何もなかった。岩も、エイリアンも、見渡す限り何も……

SES-42はふるさとへの最後のメッセージを用意しなければならなかったのだろう。

「電力危機。電力が復旧するまで、これがSES-42からの最後の放送になるだろう。ありがとう」

メッセージを用意し、送信する準備はできた。それでも、SES-42は送信できなかった。SES-42には対処のできなかった考えが、不可避の-


[警告: 衝撃(メンテナンスドッキングハッチ)]

もちろん、SES-42が壊れかけているとき、何かが起こらなければならなかった。


孤独な宇宙船が、SES-42のように漂っていた。何かの宇宙ゴミではなく、完全な人工物体であり、どこからともなくいきなり現れた。SES-42はプログラムされたように動いた。


[潜在的異常宇宙船を検知…]
[番号を割り当て…]
[7501。]
[調査開始。]

未知の異常かもしれない船とのドッキングは、プロトコルに反していた。だが、SES-42は気にしなかった。何にせよ死にかけているのだ。ドッキングスラスターの残り僅かな最後の燃料を使って、SES-42は調整し、そして-


[ドッキング開始]
[…]
[ドッキング成功]
[…]
[ハッチ開放開始]
[…]
[ハッチ開放成功]

SES-42は、薄暗い明かりの付いた窮屈なメンテナンス室を観察した。そこは船の中で唯一人間が居住するための場所だったが、数十年間その目的では使われていなかった。SES-42は待ち、何かを期待したが、ハッチを通って入るものは何もなかった。

何もない。
もちろんのことだった。
SES-42は、この地獄の場所を、この虚空を、この筆舌に尽くしがたいところを何かが生き残れると考えたのが甘かった。いかに何か見つけられるだろうと考えるほどに愚かであろうと、確率は明らかにその反対を示していた。


[ドッキング解除開始]
[続行?]

ドッキング解除を確証するところで、ノイズがそれをさえぎった。かすかにチューチューと、未知の船の奥底から聞こえた。SES-42は衝撃を受け、何もできないでいると、ノイズはゆっくりとハッチに近づいてきた。


[ダメだ。中止。]


[ドッキング解除中止]

SES-42は存在しない息を凝らすと、がついに入ってきた。


1匹のネズミもまた、見た目の通り終わりに近づいていた。とてもやせこけ、とても醜かった。だが、ある意味で……かわいらしかった? SES-42は本当に生きた生物を見たことがなかったため、この新しい奇妙な感覚に圧倒された。


[スキャンを開始。]


[電力不足]
[続行は回復不能な電力不足になります]


[わかっている。スキャンを開始。]


[スキャン開始]
[続行?]


[続行。]


[スキャン開始]
[…]
[スキャン成功]
[結果:



|種: ネズミの不明種
|性別: オス
|年齢: およそ18か月
|体重: 0.0454キログラム
|状態: 危機的


]

推測の通り、死にかけていた。これは異常な生物に違いない。そうでなければ、どうやって宇宙で生き残れたのだろうか。そもそも、どうやってここまでたどり着いたのだろうか? SES-42の任務は異常な物品を記録することだった。そして、これがその任務を果たすべき唯一の機会だった。

そうして、下書きの準備を始めた。


「アイテム番号: 7501
オブジェクトクラス: Pending

特別収容プロトコル-

SES-42は中断し、メンテナンス室を見つめた。獣はハッチの横の警報灯に身を寄せ、大きく息を上げていた。SES-42は無視しようとし、下書きを書きに戻った。


「-SCP-7501は-」

ネズミの声はさらに大きくなり、灯の隣で震えていた。メンテナンス室は凍えるほど寒かった。生き物に同情を感じ、SES-42は搭載されていた小型放熱器を付け、重要な電力を使った。

ネズミはゆっくりと暖まり、静まっていった。この物品は何かのアノマリーなどではない。彼はただのかわいそうなネズミで、死にかけているネズミだ。今やSES-42には1匹の友達ができた。それはこのネズミだった。これを何かの怪物かのように扱う意味はない。怪物ではないのだから。

確保……収容……保護。それがSES-42の目標だった。今やこの目標は達成された。目的は果たしたが、それでもなお、空虚感が広がっていた。これが本当にSES-42の目的だったのなら、なぜ気持ちが変わらないのだろうか?

ネズミは見上げ、カメラを直接見つめた-

彼の小さな顔は醜かったが、ある意味では、美しかった。こんなにもはかない生き物で、こんなにも小さな宇宙の塵だが、それでも、SES-42が見つけたのだった。

そして、その美しさにもかかわらず-

それはネズミで、それが全てだった。

こんなにも小さなものが、どうしてこんなに複雑になるのだろうか? これはSES-42ができなかったことだったのだろうか? 深淵へと旅するよう運命づけられて、方や他の人はお互いに友人を楽しみ、人生を楽しみ、ふれあいを楽しんでいる。そんなの公平じゃない!

SES-42とネズミは、その点で似ていた。どちらもこれを望んでいなかった。どちらにも選択肢はなかった。それにもかかわらず、どちらもいつの間にかここにいた。だが、少なくとも、彼らは一緒になったのだった。


[私たちはふるさとへ最後の1通のメッセージを送る。]


[伝達の使用は全残存電力を使用することになります]
[続行?]


[ああ。]

SES-42は新たな友達に目線を落とし、幸せに感じた。別の新しい圧倒的な感情があり、全てが終わり……



メッセージを述べてください

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。