SCP-875-JP
rating: +24+x
blank.png

アイテム番号: SCP-875-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: レストラン「薬叉」跡地の土地及び店舗の権利は財団が保有しています。カバーストーリー"テナント交渉中"を適用し一般人の進入を阻止してください。「薬叉」の地下を通る水脈の変化が確認された場合、機動部隊ろ-5("陰陽師")が「薬叉」内部の四隅の釈迦が彫刻された柱に対し再封印を施します。

説明: SCP-875-JPは、京都市██区のレストラン「薬叉」で発生する短期記憶影響現象です。SCP-875-JPは以下のような手順で発生します。

  1. 客が店員にメニューAを注文する。
  2. 店員は注文を理解し、キッチンに伝えようとするが、その直前に注文内容を忘却する。
  3. 店員が客に注文の再確認を行う。その際、店員は「メニューBとメニューCどちらを注文したか」という旨の質問を行う。
  4. 客は多少の困惑を見せるが、メニューBもしくはメニューCを改めて注文する。
  5. 注文が正常に伝えられ、客が再注文した料理が提供される。

メニューAは、同店舗で限定メニューとして提供されている肉料理が該当し(以下、対象メニュー)、メニューB、メニューCは対象メニューを除いた全提供料理から無作為に決定されます。メニューB、メニューCについて規則性は発見できていませんが、対象メニューが選ばれる事例はありません。

ham2.jpg

SCP-875-JP対象メニューの1つのチーズ入り豚とラム肉のハンバーグ。

全く対処を行わない場合、客が対象メニューを注文した際にSCP-875-JPが発生する確率は99.█%です。注文を受ける店員によるSCP-875-JP発生確率の有意差はみられません。

SCP-875-JP発生時の記憶について、多くの場合店員は何者からか視線を向けられている感覚を覚えたと報告します。客には非常に曖昧な記憶しか残らず、SCP-875-JPの発生がクレームに繋がる事例は現在まで確認できていません。SCP-875-JPの発生を認識するためには第三者による観測が必要となります。

補遺1: 以下は、エージェント・斑鳩によるSCP-875-JPの初期調査に関する録音記録の抜粋です。エージェント・斑鳩はSCP-875-JPが発生せず対象メニューが注文された状態を確認していました。

調査記録875-JP-1- 日付2013/08/03

潜入職員: エージェント・斑鳩(薬叉の客として訪問)

対話相手: 加藤葵(薬叉の店長)

<抜粋開始>

[Agt.斑鳩は店員に運ばれてきた対象メニューのチーズ入り豚とラム肉のハンバーグを食べている]

加藤氏: 店長の加藤です。当店の限定メニューはお気に召して頂けたでしょうか。

Agt.斑鳩: あ、これはどうも。こんな美味しい料理初めて食べましたよ。

加藤氏: それは良かった。どの辺りを気に入って頂けたか教えて頂けないでしょうか。

Agt.斑鳩: 独特の癖のある味だなと思ったんですけど、その癖がチーズと上手く噛み合って絶品って感じです。

加藤氏: 本当ですか、そこはかなり工夫した部分なんですよ。

Agt.斑鳩: あの、もしかしてこのメニューで何か気になっている事でもあるんですか?

加藤氏: うーん、実はですね、このメニューは頼む人が全然いなくて売れ残る事が多いんです。

Agt.斑鳩: お店がこれだけ盛況しているのに不思議ですね。

加藤氏: そうなんですよ。お店の特集を組んでもらった時はお店の売りなんですって宣伝してるんですけどね。

Agt.斑鳩: 何か心当たりはありますか?

加藤氏: それがさっぱりなんです。お客様に感想を伺うと美味しいと言う感想しか返ってこないですし。

Agt.斑鳩: もしかして、どこかで悪評を流されていませんか?誰かの恨みを買っているとか。

加藤氏: 悪評ですか。他店からの嫌がらせとかあり得ない訳ではないと思うんですけど、どうやって調べたらいいんでしょう。

Agt.斑鳩: 私の知り合いでその手の調査のエキスパート、探偵のような仕事をしている人がいるのですが、もし良ければ紹介しましょうか?

加藤氏: 本当ですか、ありがたいです。

<抜粋終了>

調査記録875-JP-1の後に財団職員が探偵と称して加藤氏と接触し、SCP-875-JPに関する聞き取りを行いました。加藤氏はSCP-875-JPの現象を認識していなかったため、他店からの妨害工作が行われたと虚偽の情報を報告しました。また、エージェント・斑鳩が対象メニューの一部を持ち帰り成分調査を行った所、料理に使用されていた肉はヒト由来のものと判明しました。調査を進めた所、人肉の入手経路に異常存在は関わっていないものの、「薬叉」のオーナーが要注意人物として登録されているPoI-5835-JPと判明しました。PoI-5835-JPは要注意団体"石榴倶楽部"の構成員1の一人で、身の保証のために財団と内通している人物です。以上の理由から通例に従いカバーストーリー「集団食中毒」を流布し、同店舗を閉鎖した上で異常性に関する更なる調査が行われました。

kishibojin.jpg

破壊前に撮影された我が子を抱く鬼子母神像

PoI-5835-JPはSCP-875-JPの収容及び調査に対して極めて協力的な態度を取っています。本事案の動機については「加藤氏を止めるため所持していたアノマリーを改変し薬叉の建築材料として利用した」との証言が得られました。異常性を持つ鬼子母神像は加藤氏の母親が2█年前に失踪した際に、当時加藤氏の母親と親しい関係にあったPoI-5835-JPが荷物整理2を行い引き取ったものです。PoI-5835-JPの独自調査によると改変前のオブジェクトの性質は、人肉を所持した人物が鬼子母神像を目視すると鬼子母神像から強い敵意を向けられたと認識するようになり、半径10m以内に入ると昏倒し脳に急性かつ重篤な炎症が発生し死に至るというものです。

PoI-5835-JPは鬼子母神像を4分割して「薬叉」の四隅の釈迦が彫刻された柱内部に入れた後に、京都市██区の地脈を利用した呪術的封印を施しアノマリーの性質を大幅に弱化させ、SCP-875-JPで観測された現象に改変したと述べています。SCP-875-JPは改変前の性質と異なり、脳の炎症など人体に被害を与える現象は確認されていません。

財団はPoI-5835-JPから「薬叉」及び土地の権利を買収し、SCP-875-JPの管理及び調査を続けています。本件でPoI-5835-JPの収容が検討されましたが、SCP-875-JPの収容体制がPoI-5835-JPの協力により早期に確立した事と、これまでの財団に対する情報提供の功績から記憶処理の後に解放される事が決まりました。PoI-5835-JPはクラスA記憶処理剤により、鬼子母神像の性質及び取得経緯、SCP-875-JPの作成及び現象に関する記憶を消去しました。

加藤氏に対しては取り調べ3を行い石榴倶楽部やPoI-5835-JPと関わった経緯などを確認しましたが、アノマリーと直接関わりが無い事が判明したため、解放後に経過の観察が行われています。以下が加藤氏から得られた証言です。

補遺2: 加藤氏を解放してから2週間後、加藤氏がPoI-5835-JPの自宅へと住居を移しました。財団職員が加藤氏と接触4し、PoI-5835-JPとの関係性について得た証言を以下に示します。

調査結果により、加藤氏が新たにアノマリーと接触した痕跡は無く特別な措置は不要と判断されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。