SCP-CN-1076
rating: +7+x

アイテム番号:SCP-CN-1076
 
オブジェクトクラス:Keter Neutralized
 
特別収容プロトコル(アーカイブ前):オブジェクトに関する収容任務は現在機動部隊-丁丑-13“つまらない内容”が担当しています。オブジェクトの制御不能性から、収容は隠蔽を中心に進めてください。SCP-CN-1076の症状と類似した死体は観測点から近い財団職員によって即座に回収されます。回収が不可能な場合はカバーストーリー「希少疾患」を適用して隠蔽し、関係者全員に対して記憶処理を行ってください。

特別収容プロトコル:インシデント1076-Aの後、SCP-CN-1076は無力化されたため、特別収容プロトコルは撤廃されました。
 
説明:SCP-CN-1076はランダムに発生する異常状況です。通常、一定期間の間、異常効果は1つの個体にのみ影響します。異常状況のプロセスには、以下が含まれます。
1.脳組織の素早い液状化性壊死1
2.頭蓋骨内部に増殖現象が現れる。増殖した物体の形状は中国語の「再来一瓶」と似ている。
異常効果が現れた12〜24時間後、被害者の頭蓋骨は未知の力によってこじ開けられ、その隙間から脳組織が流出し、完全に消滅します。被害者が命を落とし、一連の異常状況は終了します。
 
補遺:インシデント1076-A 2017/04/04,第107人目の被害者の死体の回収後、検死により被害者の頭蓋骨内部の文字がこれまでと異なり、「谢谢参与(参加してくれてありがとう)」であると確認されました。後の183日間、SCP-CN-1076の発生は確認されていません。SCP-CN-1076は無力化したと宣言されました。
 
また、回収活動に参加した職員は、SCP-CN-1076の発生後に「天地を振動させるほど大きなため息」が聞こえたと説明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。