SCP-CN-1089
rating: 0+x
sasidome.png

一体のSCP-CN-1089個体。

アイテム番号: SCP-CN-1089

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 回収済みの8体のSCP-CN-1089個体はサイト-CN-03 C-5エリア内の独立した収容セルに収容されています。当該セルの半径100m以内に脅威レベルが黄色またはそれ以上のオブジェクトを収容してはいけません。セル付近には収容違反に備えて機動部隊-丙寅-24("デブ猫吸引パーティ")が駐屯しています。セルを出入りする全ての職員には出入りの前後にそれぞれフェルマー・プログラムキャロライン・プロトコルが行われます。駐在の機動部隊以外は、いかなる職員もSCP-CN-1089と接触する前にクリアランスレベル3の職員3名の許可が必要です。脅威となるような侵入が権限なく行われた場合、駐在の機動部隊は対象を終了する権限を持ちます。野外で発見されたSCP-CN-1089個体は回収ガイド第124条の特殊状況条例に従って収容の準備をし、最寄りのサイトに連絡した後、その場で収容車両隊の到着まで待機していてください。回収や待機の過程で曝露した場合、Bクラス以上の記憶処理スプレーを使用することを許可します。特殊な状況では対象を終了することを許可します。

説明: SCP-CN-1089は異常性を持った斑模様のイエネコ群(Felis silvestris catus)の総称です。SCP-CN-1089が摂食を行う際、その半径30m以内の物質がオブジェクトを中心に回転し始めます。範囲内の物質はSCP-CN-1089に摂食されます。消化器官は通常のイエネコと同じであり、消化方法はわかっていません。摂食した5-12時間後、オブジェクトの肛門は完全に弛緩し、大量の小さなSCP-CN-1089個体を排出します。この過程に干渉しない場合、NK-クラスシナリオが発生すると予想されます。排出された個体の生体構成、異常性や頭身の比率は通常のSCP-CN-1089と差異がありません1

SCP-CN-1089の表皮を通常の手段で破壊することは困難であり、寿命は通常のイエネコよりも長いです。SCP-CN-1089個体が攻撃された際、周囲のSCP-CN-1089個体は極めて速いスピードで攻撃した対象に近づき、体当たりで止めようとします。SCP-CN-1089個体は瞳孔の中央から直径約1.2cmの赤いレーザーを射出することができ、接触した生物は即座に生命活動が停止します2

補遺ファイルSCP-CN-1089.ISCP-CN-1089についての回収記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。