SCP-CN-143
rating: +5+x
blank.png

アイテム番号: SCP-CN-143

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 捕獲した8匹のSCP-CN-143個体は現在、サイト-CN-34の12号生物収容室にて収容されています。オブジェクトの栄養補給を必要としない体質を鑑みて、8キログラム前後のスイカが特定の状況下でのみ"報酬"として与えられます。オブジェクトの出現を監視するため、機動部隊-庚午-01("唯有暗香来")を派遣しています。オブジェクトと思しき出現報告がなされた場合、ただちに対象を収容しに行かなければなりません。

説明: SCP-CN-143は既知の動物種と異なる外観を持った生物で、「形は小犬のようで、非常に狂暴」と形容されます。オブジェクトの平均体長は約58センチメートル、平均体重は27キログラムです。オブジェクトは哺乳類の特徴と一部合致しています。例として、体表面には毛を生やしており、頭部・頸部・胴体・四肢および尻尾の5部位から成り立ちます。体温は一定で、恒温動物です。また、脳は比較的大きく発達しています。しかしながら、生殖器官は見つかっておらず、オブジェクトの繁殖方法は明らかになっていません。X線検査の結果、オブジェクトの体内には通常の動物器官が見当たらず、未知の構造となっています。オブジェクトに対する解剖実験は現在申請中であり、レントゲン写真を閲覧するにはドキュメント143-alphaを参照してください。

SCP-CN-143は通常の摂食方式で栄養を取る必要が無いとみられています。最も長く収容されている個体は現在、372日間に渡って摂食要求を示していません。一方、オブジェクトはスイカといった果物に対して絶大な興味を示しますが、その理由は今の所不明です。

SCP-CN-143の主な異常性は、児童虐待に対する予知能力と傷害を受けた人間児童に対する精神影響です。オブジェクトと触れ合った児童は「気持ちがずっと和らいだ」等といった感想を述べています。

SCP-CN-143の出現記録は最も古いもので1894年に遡ります。当時、中国浙江省紹█市の[データ削除]において、中華異学会のメンバーであった周██が初めてオブジェクトを発見しました。供述によると、彼は当時、紹█市郊外[データ削除]の農地付近の草むらにて一時的に野宿していた際、SCP-CN-143個体が出現し、周██を連れて近くのスイカ畑へと移動しました。周██はこの時、身元不明の人物2名による口論を耳にしており、口論の内容は少年(当時、スイカ畑の見張りをしていた)が着けている銀の首輪を奪うか否かというものでした。周██が大声で叱りつけたところ、身元不明の2名は逃走。その後、SCP-CN-143個体は周██の眼前から消失しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。