SCP-CN-176
rating: +14+x

アイテム番号: SCP-CN-176

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-CN-176はサイト-CN-91の標準ヒト型生物収容室No.7に収容されます。他の特別収容プロトコルは必要とされていません。

説明: SCP-CN-176は46歳の人間男性であり、身長174cm、体重76kgです。所持していた中華人民共和国の第二世代身分証には██という名で登録されています。対象は生後間もなく██市の████孤児院に遺棄され、中学校を卒業してから収容されるまで同院に勤務していました。

対象の主な異常性は、身体の一部を一般的に“軽食”と見做される食品に変換する能力にあります。以下は変換の記録です。

身体部位 対応する菓子
手指 ウエハース; ██ブランドの製品と類似する組成
頭部 綿飴; ███ブランドの製品と同一の組成
フランスパン; 非異常な小麦粉、水、酵母、塩から構成
足指 サンザシの加工食品; ███ブランドの果丹皮1と同一の組成
ふくらはぎ チョコレートバー; 非異常な組成

SCP-CN-176は意識的に身体部位を上記の軽食に変化させることができますが、本稿執筆現在、そのプロセスは明確になっていません。変身直後にまだ身体に付着したままの軽食を摂取すると、対象はその部位に対応する痛みを経験します。対象は変化した部位を身体から切除するか、接続状態を保つかを選択できます。切除後、対象の対応部位は急速に再生します。この段階の軽食は摂取しても対象に苦痛をもたらしません。対象は1時間あたり1ヶ所の部位を変化させることが可能です。

SCP-CN-176はこの異常能力は幼少期に発現したものだと述べています。対象はある事故に巻き込まれて収容され、その後分析のためにサイト-CN-91へ移送されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。