SCP-CN-1999
rating: +54+x

記録・情報セキュリティ管理室より通達

本ページは報告書の過去版であり、参照用にアーカイブ化されています。
間違った情報や誤解を招く情報を含む可能性がありますので十分ご注意ください。

本ページは地球暦2530/07/09に編集されました。


アイテム番号: SCP-CN-1999

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-CN-1999の収容は不可能です。現時点の技術では、SCP-CN-1999を捕捉することもできません。しかし、現段階では対象は極希に地球でのみ発生しているため、さらなる処置は不必要と考えられています。

説明: SCP-CN-1999は地球上空に発生する未知の実体です。観測者が大気圏以内に居るとき、実体はいつも観測者の真上に位置します。観測者が大気圏を離脱すると、対象を観測することができなくなります。SCP-CN-1999実体は特殊な素材で構成されており、短時間に発生または消滅しますが、その原理は未だに明らかになっていません。対象を収容する試みやその結果については、実験ログCN-1999-Aを参照してください。

発生例ごとに、SCP-CN-1999の形が異なりますが、発生地域における人類の想像行為1との関連性が疑われています。ある地域の人間が、空に対してより豊かな想像力を有する時、SCP-CN-1999は当該地域でより発生しやすくなります。この際、対象はランダムな想像の産物の形で出現しますが、ときおり過去の発生例と同様の形で発生する場合もあります。このため、対象には過去にかたどったことのある形を記憶する能力があると考えられています。

SCP-CN-1999の発生例において、主に以下のような形が観測されています。

  • 神話や創作における天空または天空に関連する場所や物品。
  • 動物。主に鳥類、魚類または飛行生物。
  • 各種交通機関。交通機関自体が飛行できるかどうかは問わない。
  • 惑星、もしくは「星」と関連するもの。
  • 大気現象2

技術の発展により、SCP-CN-1999の発生頻度は低下しつつあります。現在、対象は1太陽年あたり2~3回発生しています。SCP-CN-1999の発生頻度に影響を及ぼしたと考えられるイベントについては、ログCN-1999-Bを参照してください。


本ページは2530/07/09に編集されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。