SCP-CN-201
rating: +10+x

アイテム番号: SCP-CN-201

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: オブジェクトは30×30m50m×50m、高さ3mのKeter用収容室に収容されます。収容室の天井には空気ろ過装置を、壁には噴射ポンプを設置し、随時室内に収容用強力透明ゲルを噴射できるようにしてください。収容室内は光量を十分に保ち、いかなる時も途切れないようにしてください。また、収容室の壁は日に一度定期点検を行い、損傷が発見された場合、即座に予備の収容室の建造を始めオブジェクトの移転準備を行ってください。

収容室内の照明が停止する、もしくは対象が収容室から脱走した場合は収容違反と認定されます。サイト-CN-32の全ての職員は自身が十分な光量に満たされた場所に滞在していることを確認し、セキュリティスタッフの到着を待ってから移動してください。夜間に収容違反が発生した際には、高照度設備を使用して該当地域を制御し、オブジェクトが再び収容されたことを確認してから、サイトの復旧作業にとりかかってください。

説明: SCP-CN-201-1は1238体の人型実体の総称です。オブジェクトの全個体は2014から2016年現在に至るまでの広州市にて失踪した児童の特徴と合致し、一貫して一列に並び前の個体の衣服の裾を掴んでいます。対象は直接的な物理的接触がなされた際に、一両の旧式石炭火力列車と同じ性質を示す異常性を有しています。各個体はそれぞれが一両の車両であり、先頭の個体は先頭車両として扱われ、物理的接触があった際にもたらす結果は速さ120km/hの汽車による衝突に相当します。対象の移動速度は歩行速度とほぼ同等ですが、オブジェクトの方向転換時には衝突で発生する衝撃が明確に減少します。対象の破壊は既知のあらゆる手段によって失敗しています。

現時点でSCP-CN-201-1による動作は足の運動以外に確認されておらず、SCP-CN-201-2に誘導されながら移動します。SCP-CN-201-2は青色をした一つの水素風船であり、先頭の個体によって握られています。SCP-CN-201-2はあらゆる外的要因によってその向きを変化させることはなく、オブジェクトが自主的に目標に向かって移動、もしくは収容室を破壊するように誘導します。対象は直接的な物理的接触上では汽車の黒煙と同じ性質を示すという異常性を有しています。検査の結果、対象は30%の炭素と70%の水素によって構成され、初期温度は73摂氏度を示すことが判明しましたが、劣化の兆候が見られたことはありません。

対象の異常性は照度が0.8を下回る際にも発現します。この時、対象の速度は暗闇の中で150km/hに達し、軽微の軋轢音を発しながら、一種の疾走する姿勢で前進します。対象はその場から最も近い法定年齢9歳以下の児童に向かって進行しますが、自主的に児童を回避します。対象を目撃した児童は対象の最後尾に接触しようと試み、成功した場合は新たにSCP-CN-201-1の一部に変化します。

付録: インシデント201-a:

2017/█/7 21:36: サイト-CN-32の発電室が財団内部に潜入していたカオス・インサージェンシーの工作員による攻撃を受け、サイト全体の一時的な停電とオブジェクトの収容違反を引き起こし、サイトの43%が破壊されました。当該オブジェクトはサイト-CN-32を離れました。
2017/█/7 21:41:サイト外の照明システムが即時起動し、対象の速度上昇を阻止しましたが、対象は歩行速度によって照明設備を破壊した後に照射地域を離脱しました。
2017/█/7 21:59:対象は付近の都市に到達し、26名の児童を襲撃しました。
2017/█/7 22:08:機動部隊が到着し、無人機で記憶処理剤を散布すると同時に、照明設備で対象を照射しました。機動部隊員が抗圧ゲルを用いたことによって対象はその場で収容されました。
当オブジェクトにより、██棟の施設が破壊、██名の職員が負傷、サイト職員の███名が失われました。復旧作業は現在行われています。また情報封鎖と関係者への記憶処理作業も現在進行中です。

インシデント201-b:
インシデントCN-201-a発生後、SCP-CN-201-2上に数行の地の文及び会話文が浮かび上がりました:

新鮮 若くて柔らかいお肉

百六十元一匹、ちょっきりぴったり

[編集済み]、安心して、生き生きとしてて新鮮だよ。

「うっさいな、薬を吹きかけてやれ。」

「くっさいな、後ろの車両まるごとあの匂いだ。」

ポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポッポ汽車[判別不能]。

乗りたい子は続け。

後に[編集済み]地点にて45名の児童売買組織構成員を捕獲し、現在Dクラス職員として雇用しています。また合計██名の児童の救助に成功しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。