尛熋-CN⚠2801
これは、ブラウザを"http://scp-jp.wikidot.com/littlebear"ページに直接リダイレクトするリダイレクトモジュールです。.
評価: +89+x

工場に戻ろうとは思わないね。あそこは自由時間をガッツリ削ってくるから。新しいセットトップボックス1を買ったんだ、北京五輪の開会式までには家に帰れると思う。良い気分だ。

キッズチャンネルではしばらく『Boonie Bears熊出没2』を流していなかったが、今日またやり始めたようだ……正直言って、僕とあの主人公はけっこう似ている所がある。ハゲのブサイクで、ピックアップトラックを乗り回すのが大好き。そういやあ、開会式はメタファーに富んでいて、それはもう凄かったね!流石はチャン・イーモウ監督だよ。

うちの子は勉強が上手くいかず、早々に休学しちゃってね。『Boonie Bears』は息子の一番好きなアニメだ。毎日家に帰ると、リュウが模型のチェーンソーで遊びながら、テレビの話に夢中になっているのが見える。周りのお友達も、ブライヤー熊大ブランブル熊二の顔がダサいとは誰も思わないそうだ。僕に言わせてもらえば、これは美的センスの退化だと思うな。

真面目な話、アニメってのは「面白く学べる」とこがウリなんだろ?面白いのは分かるよ。でもさあ、アレのどこに教育的意義がある?バカバカしい!思うに、熊たちはヴィックをいじめるために、「森林保護」をダシにしているフシがある。余所者の木こりをいじめて、ひれ伏せさせようとしているんだ。リュウはたった一人の大切な跡継ぎなんだ。こんなのに感化されるなんて耐えられないよ!

好奇心に負け、息子に付き合ってまた何話か見てしまった。正直に言おう。前回のコメントについては謝罪させてほしい(この日記が読める人なんて数えるくらいだけど)。監督もネット上の批判を多少は吸い上げてくれているみたいだ。最近の『Boonie Bears』だが、全体的なコンセプトと価値観はいずれも良く、少なくとも退屈はしなくなってきている。モデリングの出来については、21世紀の児童向け商業アニメの平均をやや逸脱しているけども。……深圳華強デジタルアニメーション株式会社。ここだよここ、検索して見つけた。ここの作画とキャラ作りのスキルには成長の余地があると思うね。

今朝、息子が僕に教えてくれた。幼なじみのホンちゃんとワンダ・プラザ3で遊んでいたら、Boonie Bearsの公式イベントに出くわして、ブライヤーの着包みと写真まで撮ったんだと。なかなか楽しめたみたいだ。

大の大人(たった28歳だけど)として、アニメの生ファイルを欲しいと思ったのは初めてのことだ……昔、ダウンロードリンクを乞食しに行くと、だいたいみんな数十ギガの喜羊羊4をくれたもんだ。今じゃおっさんが自分から探そうとしてるよ、ハハハ…。

中毒になっちゃったよ。モニターに齧り付きだ。個人的ベストは51話「ベア・トラップ・ボトル」だね。何だろう、こういうCMを見て衝動買いしちゃうような感じの情弱ムーブは愛おしいものがあるね。この回はウィッグの勤め人としての辛酸がひしひしと感じ取れた。彼は本当に精一杯頑張っている。金と気力を全力で仕事に注ぎ込んでいるのが伝わってきたよ。でも結局のところ、これはアニメなんだよね。ヴィックのポジションはやっぱり悪役だ。悪は正義には勝てないのさ。ブライヤーとブランブルのくそったれめ、社畜をいじめる奴は皆くたばっちまえば良いのに。

児童向けアニメとしては、なかなか成功している方だとは思う。ライバルがいて、対立があって、現実味も誇張もあって、おまけに熊までいる。息子はまだあっちでテレビを見てるよ。もっとも、今は『Boonie Bears』じゃなくて、『知恵の木』の時間だけどね。

ハチミツを買ったんだ。ECで送料込み5.99元。なんでも「態蜂堂棗花セレクト」だって。不眠だの何だの、とにかくそういうのを治療できるそうだ。最近、ちょっと目眩がするんだよね。何というか、非現実的な感覚に襲われるんだ。仕事を辞めたばかりだからだろうか。……ここまで苦労してきたんだ、もう我慢しなくて良いよな。それじゃあお先に一杯!

リュウが突然、映像業界で働きたいと言い出した。自分のアイデアを元に、たくさんの”ハーバート・ディグス5”や”ブライヤー”を創りたいんだと。こんな幼いのにもう夢があるなんて、劉家の跡継ぎとして本当に頼もしいよ。ファイト!

リュウを早めに寝かせた。少し目眩がしてきたんで、ハチミツを飲んで僕も休んだ。セットトップボックスは最近、どこか調子が悪い。さしずめ、配送が正規ルートじゃなかったんだろうな。でもうちは火の車だし、どうしようもできんなあ……

息子はお絵描きにハマっている。アニメ制作は絵を描けることが大前提、ということらしい。……ぶっちゃけ、絵が第一とは限らないんだが、見方によっちゃあ、その通りとも言える。ピカソの芽を摘み取ってはいけないのだ。頑張れリュウちゃん!

息子はハチミツを飲みながら、マーカーペンで軽快に絵を描いている。リュウのおててはまるで妖精のようだ。(この前学んだ比喩だ。悪くない)

近頃、よく夢を見るんだ。

息子を奥の間に閉じ込める夢を見た。僕たちは夢の中で、A4用紙とマーカーだけでやり取りしていた。夢だからだろう、うちの親たちは終始声を出さないでいた。見たところ、不浄なモノを乱さないための措置らしい。僕は神婆6に連絡するも、何も変化は起きなかった。……警察に通報までしたけど、そいつらは僕を脳なしのデカい赤ん坊のように扱っていた。なんちゅう支離滅裂な話だ……

多分ストレスを溜めすぎたんだな。これからは1時間早めに寝るようにしよう。

息子がブライヤーを描いた。実に素晴らしい出来だったよ。

人生ってそこまでクソじゃないのかもしれない。そう思わないか?

僕は一段と楽観的になった。ひょっとすると、息子の楽観が伝染ってきたのかもしれない。

新しい仕事に就いたんだ。会社の人は皆、僕を大事に扱ってくれている印象だ。部長の経験があるからだろうか?

どの童話や物語にも完璧な結末が存在する。見せかけに過ぎないが、それは人に無尽蔵の希望をもたらしてくれる。

うちの子に学校へまた通えるよう励ました。リュウは思いのほか、前向きに考えてくれているみたいだ。

うちの子が絵を描いてくれた。熊たちと親友になった息子を見て、とても嬉しい気持ちになった。これからの新しい暮らしについて、前向きに考えていこうと心に決めたよ。

16.jpg

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

⚠ 警告 ⚠

日中にSCP-CN-2801を描写することは不定な[データ削除]を招く恐れがあります。本ドキュメントは19:00から07:00にかけてのみアクセスが許可されています。

[✘] タイムチェックエラー、アクセスをリジェクトします



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。