SCP-CN-397
rating: +13+x

mirror_2.jpg

SCP-CN-397、画像処理済。

アイテム番号: SCP-CN-397

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-CN-397はサイト-CN-71の標準的な低危険度異常オブジェクト収容室に安置します。この収容室への無許可の入室は禁止されます。実験中でない場合、不透明な布で表面を覆い、壁に向けて安置します。実験の実施にはSCP-CN-397責任者であるクー博士の許可が必要であり、実験職員以外は理由なく鏡の前を通過してはなりません。

SCP-CN-397は収容室として改装した宋██研究助手のオフィスに安置します。この収容室への無許可の入室は禁止されます。SCP-CN-397を遮る必要はなく、収容室のドアに背面を向けてさえいれば、必要に応じてSCP-CN-397の面前に生活用品や娯楽物品を置いても構いません。

SCP-CN-397-2は標準的なヒト型実体収容室に収容し、標準的な量の食料品や生活用品を提供します。

両名の精神状況を考慮して、2週間ごとに一度、心理カウンセリングを個別に実施します。救出の試みが現在も進められています。

説明: SCP-CN-397は高さ1.9 m、幅45 cmの、彫刻が施された全身鏡です。その異常性は、鏡に映る範囲に人間が入った際にSCP-CN-397-1が出現する点にあります。

SCP-CN-397-1は鏡面に出現する実体で、対象と同一の外見を取り、鏡に映る範囲から対象が離れると消失します。外見は同一であるものの、SCP-CN-397-1は対象の動作をそのまま模倣するのではなく、自由に活動します。試験により、SCP-CN-397-1は自律性と独立した思考を有していて、さらには対象の記憶の一部を共有しており、その対象や第三者との交流が可能であると示されています。鏡に映る範囲内に2人以上の人間が存在する場合、鏡面を占める面積が大きい方だけが映ります。鏡面の前に物品が置かれた場合、SCP-CN-397-1も対応する位置の物品に接触し、使用することができます。SCP-CN-397-1が取る行動によっては、外界や対象にある程度の影響が及びます。詳細については実験記録CN-397-Tを参照してください。

試験を重ねた結果、SCP-CN-397-1には各対象の記憶がわずかに残存していると判明しています。各出現ごとのSCP-CN-397-1が同一の実体であるのか、記憶を共有している実体群であるのかは現状では判断できません。詳細についてはインシデントCN-397-Xおよびその後のインタビュー記録を参照してください。

実験記録CN-397-T: 実験結果から被験者と同一のSCP-CN-397-1が出現すると確認されたため、その後の実験では、被験者とSCP-CN-397-1とのやり取りを観測し、当オブジェクトの異常性をより詳しく確認することを趣旨としました。監視は収容室内に備え付けられた、被験者と鏡面を同時に撮影可能な監視機器を介して行われました。

インシデントCN-397-X: 2018年3月18日、オブジェクト研究助手の宋██が、資料を手渡しする際に利き手と異なる左手で執筆していました。このことが目に留まったオブジェクト主任のクー博士がサイトのセキュリティ部隊を呼び出し、直ちに取り押さえました。その後、宋██研究助手ならびにSCP-CN-397の収容室を調査したところ、当職員がSCP-CN-397内に閉じ込められていることが発覚しました。この職員に成りすましていた実体はSCP-CN-397-2と指定され、単独の収容室が与えられて、オブジェクトクラスがEuclidに再分類されました。宋██研究助手を救出する試みが現在も進められています。インシデントの経緯についてはインタビュー記録を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。