SCP-CN-746
rating: +2+x
carousel.jpeg

SCP-CN-746

cotton-candy.png

背景セットのある収容セルで歩き回っているSCP-CN-746-1個体

アイテム番号: SCP-CN-746

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-CN-746の周りには鉄ワイヤーの柵が建てられ、警備員に偽装した財団職員によって警備され、接近する一般市民を説得し、離れさせます。現在SCP-CN-746の位置する遊園地跡地に関する不確かな都市伝説が大量に存在しており、今後もこのような情報の拡散は推奨されます。毎日1名のDクラス職員がSCP-CN-746の定期的な清掃を行いますが、18:56までにメリーゴーランドの近くを離れなければなりません。

SCP-CN-746の実験にはセキュリティクリアランスレベル3の職員の許可が必要です。特殊な状況や要求がない限り、生成されたSCP-CN-746-1は焼却処分してください。要求があった場合は、SCP-CN-746-1を大型ヒト型生物収容セルに収容してください。飲食の提供は必要なく、最低水準の警備を行ってください。現在SCP-CN-746-1個体1体が、そのクモ糸部分の正確な成分構造の調査のため、サイト-CN-91に収容されています。

説明: SCP-CN-746は上海市嘉定区に位置する遊園地跡地内に存在する、1台のメリーゴーランドです。当オブジェクトは中央の回転軸、屋根、24頭のさまざまな色の木馬と外側を囲む円型の柵で構成されています。

毎日北京時間の18:56になると、電源に繋がれているか否かに関わらず、SCP-CN-746のライトが点灯します。この時、もし一名のヒト個体がいずれかの木馬に乗っていた場合、SCP-CN-746は回転し始め、90年代のメリーゴーランドによくある音楽を再生し始めます。乗っているヒト個体、以下SCP-CN-746-1は、回転が止まる前にいかなる方法でも木馬から降りることができなくなります。

その後、SCP-CN-746中央の柱にある穴から大量の糸状の物(検査によりクモの糸と判明)を噴出し、SCP-CN-746-1の上半身とSCP-CN-746を囲む柵に絡まります。この時、SCP-CN-746の通常の回転に加え、SCP-CN-746-1の乗っている木馬が自転し始め、接触したクモ糸が反時計回りにSCP-CN-746-1の上半身に巻かれ、最終的には柔らかくて白い(追記: 補遺を参照)糸状の物で構成された円筒状の上半身とヒトの下半身を持つ生物に変化します。

SCP-CN-746は、ほぼ全てのクモ糸がSCP-CN-746-1に絡まるまで回転し続け、その過程はおよそ30分間続きます。この時、クモ糸が物体をすり抜けて到達する様子がよく見られます。回転が停止すると、SCP-CN-746-1は降りることができるようになります。変化した後のSCP-CN-746-1は、高さ約2~3.5m、直径約2.5~3mで、遊園地内を目的もなく歩き回ります。ヒトだった時の記憶や知能を保持しているようには見られません。その寿命はおよそ1週間です。

SCP-CN-764-1の上半身の糸状の物はちぎることができます。これによってSCP-CN-746-1が苦しむことはなく、その性質は白砂糖のような味がする以外は全てクモ糸と一致しています。これを食べたDクラス職員から体調不良の報告は来ていません(歯にくっつきやすく、隙間に引っかかることに対するクレーム以外は)。この糸を取り除いていくと、SCP-CN-746-1の中心に幼グモやクモの卵、クモの巣を含む大量のクモが生息していることが見受けられるようになります。全ての事例において、被害者のヒト上半身や服、持ち物が見つかることはありませんでした。

被害者がどのようにして変化したのかはわかっていません。木馬から降りた後、糸を巻かれたために周りがよく見えず、撮影器具もすぐに破壊され、変化します。X線では骨格が少しずつ溶けているように見られます。実験した職員からSCP-CN-746-1が糸を巻かれる過程で叫び声を発することがあると報告されていますが、全ての個体が当てはまるわけではありません。一名のSCP-CN-746-1が「(電源を)切って」と叫ぶ様子が記録されており、理解できない言葉を発する個体も見られます。

発見: SCP-CN-746がある████ランドは、2001年に閉園して以来、長らく廃墟となっており、このため、物好きな人が好んで「探険」するスポットの一つとなっていました。2015/██/██に、一名のネット民が「探険ライブ」中に失踪し、異常が初めて財団の目に留まり、当該オブジェクトは収容に至りました。事件は売名行為として宣伝されると共に、親戚や友人には「不慮の事故で亡くなった」との説明がなされています。

最初に発見された際、その周りにゴミや廃棄された設備で構成された人為的な壁が作られており、SCP-CN-746が見えないようにされていました。壁を作った人や、彼らのSCP-CN-746との関係はわかっていません。当該遊園地に出費していた会社が既に倒産しているため、より一層深い調査はできません。現在█件の失踪事件がSCP-CN-746と関係している可能性があります。現在、遊園地の設備を撤去し、新たに特別収容プロトコルを検討する以降で進んでいます。

補遺: 実験の中でD-61798がSCP-CN-746-1に変化したとき、上半身の糸がピンク色になっていました。摂食者は香料の強いイチゴ味と述べています。それ以外に異常が見られなかったため、個体は特別収容プロトコルに基づいて焼却処分されました。

この実験の後、SCP-CN-746は時折白以外の色や味のSCP-CN-746-1を作り出すようになりました。。現在発見されている事例は以下の通りです。

回数
ピンク色 イチゴ味 2回
水色 ブルーベリー味 1回
緑色 ハミウリ1 3回
赤色 サクランボ味 1回
黒色 酸っぱくて臭い。一部の実験スタッフからは「虫味」と称されている 1回
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。